ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

劇場公開日

52%
36%
8%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

クエンティン・タランティーノの長編監督第9作で、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演した「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新たなシーンを加えたエクステンデッド版。計4つのシーンが追加され、本編尺が10分間拡大した。1969年のハリウッドを舞台に、実在の俳優や映画監督も登場して虚実を織り交ぜながら、ハリウッド黄金期とそこに生きた2人の男の友情を描く。人気のピークが過ぎたテレビ俳優のリック・ダルトンは映画スターへの転身を目指し、日々めまぐるしく変化するエンタメ業界で神経をすり減らしていく。一方、リックの付き人で親友、スタントマンのクリフ・ブースは、自分らしさを失わずに生きていたが……。リック役をディカプリオ、クリフ役をピットが演じたほか、シャロン・テート役のマーゴット・ロビーらが共演。

2019年製作/171分/アメリカ
原題:Once Upon a Time... in Hollywood
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5今の自分の悩み事って、他人から見れば案外大したことなかったりして?

2019年11月29日
iPhoneアプリから投稿

笑える

楽しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ネイモア

5.0ワイルドに輝く宝石の様な2人

カメさん
2019年11月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

個人評価:4.7
タランティーノ最高傑作。
ブラピもディカプリオもスペシャルに輝いて、まるでワイルドに輝く宝石の様な2人。
ブラピ演じるクリフが、アンテナの修理の為に屋根に上がり、Tシャツを羽織っているアロハシャツごと一気に脱ぎ、上半身があらわになるシーン。歓声こそは上がらないが、館内がフワッと黄色い声援をあげる空気に包まれる。
追加シーンが4つとの事だが、すべて分かって嬉しく思い、またエクステンデッド版を劇場で見れて、ファンみょうりにつきる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ

3.0クールなスクリーン遊び

2019年11月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

タランティーノ監督は本当に映画づくりを心から楽しんでいるんだろうね。随所に粋なこだわりの演出が光る。

「レザボアドッグス」「パルプフィクション」後、「キル・ビル」あたりからのアクション傾倒で少し離れていたけど、ディカプリオとブラピのビッグ共演もあり久しぶりに観たくなった。
タイミングを逃していたところ特別編上映ということで滑り込んだ。

本編は変わらず、前後に特典映像的に追加されたようだが、それにもタランティーノらしい遊びが盛り込まれていた。

内容はというと…正直ちょっと僕には面白さが分からなかった。シャロン・テート事件も予習していき、タランティーノ的なひねったオチも分かるのだが、全編再起をかける落ち目の俳優とその相棒スタントマンの日常を描いており、そこまで山あり谷ありの大きなドラマが起きるわけではない。
ただタイトルの通り、これがハリウッドの昔話ということで、当時を知っている人はノスタルジーに浸れる良い映画なのであろうか。

でも改めて手を出せていなかったタランティーノ作品を観たくなった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画野郎official

3.5火炎放射

2019年11月22日
iPhoneアプリから投稿

どうにも通常版はタイミングが見たい映画と重なりまくり&タランティーノの映画は見る前にエネルギーがいるので結局鑑賞できずじまいで今回特別版を見る機会となりました。
劇場数少なくて参りました!
さて内容はある程度シャーロンテートのこととマンソンの予習してたこともあり、おーそんなことになるのかとたまげた
ラストは大爆笑してしまった。
タランティーノ映画は好き嫌いがものすごい分かれる。
個人的1番名作はジャンゴでした。
西部劇、ディカプリオの悪役はとてもはまる。
今回のディカプリオは劇中劇がメインでこれはとても難しい役どころだったと思う。役に成り切るには沢尻エリカもびっくりのLSD入りのタバコはディカプリオが吸うのかと思ったらそっちかい笑
ダコタちゃんも久しぶりにみたけどびっくりするくらい成長してて驚いてしまった。
もちろんタランティーノ独特のダラダラした展開、意味があるのかわからないような群像劇、シャロンテート役のマーゴットロビーはミニスカと汚い足の裏くらいか?
ブラピは本当にかっこよかった。冴えない役どころなのに魅力が出過ぎちゃって、ブルースリーとのエピソードや牧場シーンの緊張感には鳥肌。ラストも最高によい。
音楽や舞台背景はとても作り込まれててよかったけどとにかく長い、これは寝ちゃう人もでるのでは?
俺はタランティーノって構えて見てたのと今回のダラダラは妙に楽しめたのはブラピ、ディカプリオ様様
追加シーンはどこなんだろう?CM?
タランティーノ映画が好きなら星5だと思う
不思議とまた見たくなる映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まあ映画好
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット」以外にこんな作品をCheck-inしています。