ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

劇場公開日:

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

解説

クエンティン・タランティーノの長編監督第9作で、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演した「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新たなシーンを加えたエクステンデッド版。計4つのシーンが追加され、本編尺が10分間拡大した。1969年のハリウッドを舞台に、実在の俳優や映画監督も登場して虚実を織り交ぜながら、ハリウッド黄金期とそこに生きた2人の男の友情を描く。人気のピークが過ぎたテレビ俳優のリック・ダルトンは映画スターへの転身を目指し、日々めまぐるしく変化するエンタメ業界で神経をすり減らしていく。一方、リックの付き人で親友、スタントマンのクリフ・ブースは、自分らしさを失わずに生きていたが……。リック役をディカプリオ、クリフ役をピットが演じたほか、シャロン・テート役のマーゴット・ロビーらが共演。

2019年製作/171分/PG12/アメリカ
原題:Once Upon a Time... in Hollywood
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0タランティーノの優しいまなざし

2022年9月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

自分勝手な思い込み、思い入れかも知れないながら、この映画は私にとってかけがえのない名作。

この映画で淡々と描かれるのは、
過ぎてしまったちょっと懐かしいひと頃、
四苦八苦して乗り越える小さな大困難、
どこかで起きるあり得ないような出来事‥

私はこの映画の時代まだほぼ生まれてませんし、その頃のアメリカに触れたような経験もありません。

でもちょっと思いに浸れば、私でも自分なりに昔のある時の日常や、その頃の日本で時代の転機となった出来事など、似たような過去の感慨や光景を思い出すことがあります。
でもそんな個人の昔話なんて今の誰も知りたがりませんし、くだらない小さな失敗や、不条理にも起きてしまった世間の大事件など、今考えてもどうにもなりません。自分の心の中にそっと置いておくだけです。

私は、クエンティン・タランティーノ監督とはいつもクールで巧妙で、自分の思い描く“芸術”を凶暴なアクションや一転ウイットなやり取りで表現する現代商業芸術映画のプロ、という具合に些か端的に評価していました。

しかし本作では、
はからずも過ぎてしまったもの、
その仲間たちや街や、もしかしたら世界にさえいくばくかの幸せや安らぎを広めたかも知れなかったのにそうはならなかったこと、
への哀惜の思いを優しく(一部の人でなしには優しくありませんが)可笑しく映像化するという、それまで私が勝手に監督作品に感じていた「タランティーノ芸術の創造、観客への提示」といった作品の土台とは全く違う、「優しい時間」を観客である私に与えてくれたような気がしています。

実際にはなかったし、そうはなり得なかったかも知れないけど、でも“あっても良かった・あったかも知れない”別の世界での、ある時代のハリウッドの普通の数日‥。

いわゆる「泣かせる演出」やシーン展開ではないのに、観ていてほのかに嬉しさと哀惜の涙が出る、また観た後で思い出してもウルっときてしまうような火炎放射器とワガママ男が出てくる映画は、私にとって初めてです。

本作については、YouTubeなどでその予告や本編映像と同時代の好みのヒット曲や別映像を合わせ、編集して流している外国の方々が散見されます。コメントで交流すると、そこに寄せる思いは皆大体同じ。良い作品です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Chuck Finley

4.0違和感こそ

2021年10月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

公開時映画館で見て、もう一度DVDで鑑賞。1969がこれでもかと詰まっていて、タランティーノのオタク愛に痺れなおしました。
3時間かけて、唐突に不自然なバイオレンスシーンに突入するときに感じる違和感、これこそがタランティーノの伝えたいことなんだと受け止めます。映画人として絶対に許せない瞬間を、めためたにぶっ潰したかったんだろうな。
なんか変だな、この暴力は現実的ではないな、と思わせることで、変えられない過去に向かって怒りをぶつけたんじゃないかな。
個人的には、いや同じことを思う方もいるかもしれませんが、ワンスアポンアタイムイン…NY.ダコタハウスも誰か撮ってくれないかな。

何度かホロリとしたのだけど、レオさま会心の悪役シーンが成功した時は一緒に涙しちゃいました。女の子カワイイ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
chili

3.52代共演

2021年10月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

2021年10月7日
映画 #ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド (2019年アメリカ映画)鑑賞

#レオナルド・ディカプリオ が主演で、#ブラッド・ピット が助演らしいが、ダブル主演じゃないのかな?

また、アメリカ人はこの映画を見ると懐かしいなあと思うのかな?

我々とはちがう世界のようだな

コメントする (0件)
共感した! 0件)
とし

3.5んー、タランティーノはコアなファンが多いから 支持層はあるんだろう...

2021年9月3日
iPhoneアプリから投稿

んー、タランティーノはコアなファンが多いから
支持層はあるんだろうけど
一般的にみたらあのラストの強盗シーンは受け入れ辛いだろうな。ブラピとレオのダブル主演も
イマイチこの2人だった意味もよくわからずもったいない気がした

コメントする (0件)
共感した! 0件)
猫柴
すべての映画レビューを見る(全33件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット」以外にこんな作品をCheck-inしています。