「映画クレしん」第26作に潘めぐみが参加!“たまらん”役に「心技体すべてかけ全力で」

2017年12月1日 20:00

「クレしん」は「元気の源、 心の栄養」という潘めぐみ
「クレしん」は「元気の源、 心の栄養」という潘めぐみ

[映画.com ニュース] 人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版第26弾「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱」の予告映像(https://www.youtube.com/watch?v=525d3JYbLDI)とティザーポスターが披露され、あわせて人気声優・潘めぐみが参加していることがわかった。

臼井儀人さんの漫画を原作とする、人気テレビアニメの劇場版シリーズ。第1作「映画 クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王」(1993)の公開以来、毎年高い人気を博しており、第24作「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」は興行収入18.3億円を記録した。

今作の舞台は、春日部にある中華街“アイヤータウン”。マサオの誘いで伝説のカンフー「ぷにぷに拳」を習うことになった、しんのすけたちカスカベ防衛隊は、カンフーガールらとともに修行に励んでいた。一方でアイヤ―タウンでは、謎の「ブラックパンダラーメン」が大流行。それは1度食べると病みつきになり、凶暴化してしまう恐ろしいラーメンだった……。

予行映像では、突然のラーメンパニックを前に、カスカベ防衛隊が立ち上がる。ぷにぷに拳を駆使して立ち回り、おなじみの掛け声「ファイヤー!」ではなく「アイヤー!」と叫ぶ姿も映し出されており、アクションや物語展開の熱量への期待をあおる内容だ。またティザービジュアルでは、「アクション大盛り 友情濃いめ」というコピーとともに、しんのすけたちが荒々しいタッチで描かれている。

そして「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」「この世界の片隅に」などに出演した潘は、今作ではカンフーガール・玉蘭(たまらん)役を担う。「幼いころから、私の元気の源、心の栄養でした。気がつけば、おしりで歩く練習をしていた幼少期。いつもそばで笑顔をくれた、感動をくれた、しんちゃんたちと一緒に、こうして共演させて頂けるなんて、夢のようです」と大喜びで、「演じさせて頂く玉蘭(タマ・ラン)。名前の響きからして気になる彼女ですが、とても可愛らしく、正義感の強い女の子です。心技体すべてをかけて、全力で挑ませて頂きます」と並々ならぬ気合いを明かしている。

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱」は、2018年4月13日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース