トータル・リコール(1990)

劇場公開日:

トータル・リコール(1990)

解説

フィリップ・K・ディックの短編小説「追憶売ります」をもとに、ポール・バーホーベン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で描いたSFアクション大作。西暦2084年、地球の植民地となっていた火星では、エネルギー鉱山の採掘を仕切るコーヘイゲンとそれに対抗する反乱分子の小競り合いが続いていた。一方、地球に暮らす肉体労働者のダニエル・クエイドは、毎晩行ったこともない火星の夢を見てうなされていた。夢が気になるクエイドは「火星旅行の記憶を売る」というリコール社のサービスを受けることに。しかし、それをきっかけに今の自分の記憶が植えつけられた偽物であり、本当の自分はコーヘイゲンの片腕の諜報員ハウザーだったと知る。クエイドは真相を知るため火星に旅立つが、真実を隠匿するコーヘイゲンに命を狙われ……。1990年製作・公開。30年を経た2020年11月、4Kデジタルリマスター版でリバイバル公開。

1990年製作/113分/R15+/アメリカ
原題:Total Recall
配給:REGENTS
劇場公開日:2020年11月27日

その他の公開日:1990年12月1日(日本初公開)

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第14回 日本アカデミー賞(1991年)

ノミネート

外国作品賞  

第63回 アカデミー賞(1991年)

ノミネート

音響賞  
音響効果編集賞  
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)1990 STUDIOCANAL

映画レビュー

4.0原作:フィリップ・K

2024年4月5日
PCから投稿

原作者がフィリップ・K・ディックということで期待して見ましたが、
イメージが全然違うSFアクション映画でした。
でも、この映画にはディックファンを意識したのか、夢と現実の区別がつかない
ような「鍵となる映像」が盛り込まれています。

映画をみてストーリーを解釈するって曖昧な事ではなく、主人公に埋め込まれた
「記憶」に映像として、「遺跡」などが写っています。
「遺跡」が重大な秘密であれば、一企業のメモリバンクにあるはずも無く…
お分かりですよね。

気になる方は、主人公が逃げた後に捜査する場面でのモニターにご注目ください。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ビン棒

2.0封切りをカナダで

2024年3月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

日本に帰ってきて見直したら冒頭のシャロンストーンとのベッドシーンがカットされていた、映倫を初めて意識した、でもどうなんだろう、ワイセツか否か、自由って。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
多様性男女平等自由主義、5名作4良作3いい作品なので他は2以下です。

4.0シュワを取り合うガチンコバトル

2024年1月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

原作既読。1990年代にテレビ視聴。やりすぎバーホーベンはシュワちん相手でも通常運転だった。
ディックの短編は作品チョイスを間違えなければ、メインのアイデアがしっかりしていて普遍的なので、そこをきちんと押さえておけば、あとは派手な追いかけっこを足しておけばそれなりに観られる映画になる。『マイノリティ・レポート』『クローン』『ペイチェック』などもそうだった。
これも、ワンアイデアを切れ味鋭いオチに上手くに落とし込んでいた原作部分を通過点にして、あとは…内緒。

実際に真空曝露されたらどうなるのか気になる

コメントする (0件)
共感した! 0件)
なお

4.0見た

2023年12月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
プライア
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る