しゃぼん玉

劇場公開日

しゃぼん玉
39%
51%
8%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

直木賞作家・乃南アサの同名ベストセラーを、「荒川アンダー ザ ブリッジ」の林遣都とベテラン女優・市原悦子の共演で映画化。テレビドラマ「相棒」の東伸児監督が劇場映画初監督を務め、犯罪に手を染めてきた孤独な青年が、逃亡先の村で出会った人々との交流を通して再生していく姿を描く。親に見捨てられて人生を諦め、女性や老人ばかりを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返すようになった青年・伊豆見。逃亡の末に宮崎県の山深い村にたどり着いた彼は、怪我をした老婆スマを助け、彼女の家に世話になることに。当初は金を盗んで逃げるつもりだったが、スマや村人たちの温かさに触れるうちに、伊豆見は失いかけていた人間性を取り戻していく。そんな中、ある事件をきっかけに10年ぶりに村に帰ってきた美知と知り合った伊豆見は、自分が犯してきた罪の重さを自覚するようになり、人生をやり直すことを決意する。

2016年製作/108分/G/日本
配給:スタイルジャム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
乃南アサ
脚本
東伸児
エグゼクティブプロデューサー
近藤雅信
企画プロデューサー
豊山有紀
プロデューサー
豊山有紀
撮影
宮本亘
D.T.I.
佐々木基成
照明
佐々木貴史
録音
坂上賢治
整音
室薗剛
装飾
松田光畝
衣装
宮本まさ江
斉藤育子
ヘアメイク
山本理恵
浅見順子
編集
只野信也
音楽
奈良悠樹
主題歌
秦基博
助監督
桑島憲司
製作担当
守田健二
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2016「しゃぼん玉」製作委員会

映画レビュー

4.0母性と地域社会の理想像に癒される

2017年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

市原悦子が演じる農村の老女のキャラクターがいい。働き者で、親不孝息子を信じ愛し続け、素性の知れない流れ者でさえも疑うことなく面倒をみる。あふれんばかりの慈愛は、すさんだ主人公だけでなく、スクリーンを越えて観客の心をも癒してくれる。

原作小説の舞台で、実際のロケ地にもなったという椎葉村の風情も趣がある。山あいに農地が広がり、里山があり、しかしへき地というほどでもなくて、町のにぎわい、伝統的なお祭りもある。ここで暮らす人々の温かさに、都会暮らしで凍てついた心がとかされるのもよくわかる。

中盤あたりから出てくる藤井美菜も、さっぱりした性格の役どころでいい雰囲気。主人公との関係は、終盤にもう少し踏み込んで描いてほしかったと思う。ご当地映画の側面もあるので、その辺はさらっと軽めに、という意向があったのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
高森 郁哉

4.0帰る場所

ミカさん
2021年5月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

物理的にだけではなく精神的に帰る場所があるとこんなに安心して生きていけるんですね。坊を観ていて思いました。宮崎県の自然、人への思いやり、邦画の良い所が詰まった作品です。あんなお家に住んでみたいなあ。市原さんも綿引さんももう居ないということが寂しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ

5.0役者さんの演技力が光る映画

さくらさん
2021年2月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

何気なく観た映画でしたが、とても素晴らしく、心に響く映画でした。
派手なシーンや演出はなく淡々と進むストーリーですが、宮崎の美しい田舎の景色と役者さんの素晴らしい演技で、映画の世界に引き込まれました。
林遣都さんは、少ないセリフながらも、視線や表情、所作で主人公の複雑な心情の変化を見事に表現されていて、そこにベテランの市川悦子さんと綿引勝彦さんの演技が加わり、役者さんの演技力に魅せられました。繰り返し観ることで気付かなかった細かな表現も発見することができたり、何度観ても飽きない映画だと感じます。
原作のイメージがそのまま再現されている印象でしたが、「お前なんか死んじまえ」と主人公が叫ぶシーン、そして最後の3年後を描いた映像のみのシーンは、原作よりも映画の方が好みでした。
きめ細やかな心情を描く素敵な映画に出会えて良かったです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
さくら

5.0いい映画に当たりました!

2021年2月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

幸せ

暇な巣篭もりでTVはコロナのニュースばかり、ふとプライムビデオで見つけたしゃぼん玉

キャストが良いのと、少しこちらのレビューみてみる事にしました

いやーほのぼのとした内容ですが、
って本当はほのぼのじゃないんですよ
ひったくり、強盗致傷ですよ

たまたま逃げた先で何となく流されて村人達と触れ合う
そのうちに改心していく。
よくある話しなんですけど

市原悦子さんの優しいお婆さん役歩いてるだけで涙が出そう。
それと林遣都くんは、上手いねぇ
オッサンずラブで知名度上がり、去年の姉ちゃんの恋人でもとても素敵な役柄でしたが
パレードみたいなちょっとわからない役や、ゲイの役なども多くこなしてて、味のある俳優さんで好きです。

自然と普通の日常を見ている様ですが、宮崎県の素敵な土地も一役買っていて。

素敵な映画でした。
残念なのは公開を知らなくて映画館で観れなかったこと。

エンドロールで流れる秦基博さんの曲に更に癒されました。

人におすすめしたい映画でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
悠々同盟
すべての映画レビューを見る(全89件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る