しゃぼん玉

劇場公開日:

しゃぼん玉

解説

直木賞作家・乃南アサの同名ベストセラーを、「荒川アンダー ザ ブリッジ」の林遣都とベテラン女優・市原悦子の共演で映画化。テレビドラマ「相棒」の東伸児監督が劇場映画初監督を務め、犯罪に手を染めてきた孤独な青年が、逃亡先の村で出会った人々との交流を通して再生していく姿を描く。親に見捨てられて人生を諦め、女性や老人ばかりを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返すようになった青年・伊豆見。逃亡の末に宮崎県の山深い村にたどり着いた彼は、怪我をした老婆スマを助け、彼女の家に世話になることに。当初は金を盗んで逃げるつもりだったが、スマや村人たちの温かさに触れるうちに、伊豆見は失いかけていた人間性を取り戻していく。そんな中、ある事件をきっかけに10年ぶりに村に帰ってきた美知と知り合った伊豆見は、自分が犯してきた罪の重さを自覚するようになり、人生をやり直すことを決意する。

2016年製作/108分/G/日本
配給:スタイルジャム

スタッフ・キャスト

監督
原作
乃南アサ
脚本
東伸児
エグゼクティブプロデューサー
近藤雅信
企画プロデューサー
豊山有紀
プロデューサー
豊山有紀
撮影
宮本亘
D.T.I.
佐々木基成
照明
佐々木貴史
録音
坂上賢治
整音
室薗剛
装飾
松田光畝
衣装
宮本まさ江
斉藤育子
ヘアメイク
山本理恵
浅見順子
編集
只野信也
音楽
奈良悠樹
主題歌
秦基博
助監督
桑島憲司
製作担当
守田健二
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2016「しゃぼん玉」製作委員会

映画レビュー

4.0母性と地域社会の理想像に癒される

2017年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

市原悦子が演じる農村の老女のキャラクターがいい。働き者で、親不孝息子を信じ愛し続け、素性の知れない流れ者でさえも疑うことなく面倒をみる。あふれんばかりの慈愛は、すさんだ主人公だけでなく、スクリーンを越えて観客の心をも癒してくれる。

原作小説の舞台で、実際のロケ地にもなったという椎葉村の風情も趣がある。山あいに農地が広がり、里山があり、しかしへき地というほどでもなくて、町のにぎわい、伝統的なお祭りもある。ここで暮らす人々の温かさに、都会暮らしで凍てついた心がとかされるのもよくわかる。

中盤あたりから出てくる藤井美菜も、さっぱりした性格の役どころでいい雰囲気。主人公との関係は、終盤にもう少し踏み込んで描いてほしかったと思う。ご当地映画の側面もあるので、その辺はさらっと軽めに、という意向があったのかもしれない。

コメントする (0件)
共感した! 7件)
高森 郁哉

5.0主題歌が秦基博さんのアイだったことをきっかけに 映画を見たあと原作...

2022年11月13日
iPhoneアプリから投稿

主題歌が秦基博さんのアイだったことをきっかけに

映画を見たあと原作も読みましたがそこまで大差は無いように思ったので原作を忠実に再現してるのだと思いました。

坊がおばあちゃんの優しさで変わっていくのが本当に素敵でした。生きていく上での環境の大事さを改めて感じました。

世界中がおばあちゃんのように優しさで溢れた人ばかりになればいいのに、、

コメントする (0件)
共感した! 0件)
^^

3.5しゃぼん玉

2022年5月25日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
東京のコロちゃん

3.0ええ歌

2022年2月22日
Androidアプリから投稿

市原悦子の田舎のおばあちゃんがいい。
田舎の人たちと触れ合うことで、毒気が抜けていくというか癒されるというか、気持ちが和らいでいく。
そのとき自分のしてきたことが重くのしかかる。

ラストに流れる秦基博の疑ってしみる。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
to
すべての映画レビューを見る(全92件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る