恋する寄生虫

劇場公開日

恋する寄生虫
8%
37%
40%
11%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

潔癖症に苦しむ孤独な青年と視線恐怖症の不登校女子高生のはかない恋愛を描いた三秋縋の同名小説を原案に、林遣都と小松菜奈で描くラブストーリー。極度の潔癖症から誰とも人間関係を築くことができず孤独に生きる青年・高坂賢吾は、視線恐怖症で不登校の少女・佐薙ひじりの面倒を見ることになった。露悪的な佐薙の態度に閉口する高坂だったが、その言動や行動が自分自身の弱さを隠すためだと気づき、彼女に共感を抱くようになる。2人はクリスマスに手をつないで歩くことを目標にリハビリをスタートさせる。次第に惹かれ合った2人は初めての恋に落ちていくが……。高坂役を林、佐薙役を小松がそれぞれ演じる。映画、CM、MVなど数多くの映像作品を手がける映像作家の柿本ケンサクがメガホンをとった。

2021年製作/99分/G/日本
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2021「恋する寄生虫」製作委員会

映画レビュー

4.0SF的な設定をオーソドックスな映像表現に落とし込んだ好作

2021年11月15日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

楽しい

萌える

アリに寄生して行動を支配する菌の存在はそれなりに知られているが、本作の設定はそうした自然界の実例にヒントを得たのだろう。“恋する寄生虫”とは、寄生虫が恋をするのではなくて、人に寄生して、宿主に恋をさせる虫のこと。SF的な設定の世界観であり、実際に寄生虫の造形や動きを映像化してもいる(キャメロン監督の「アバター」や、アシュレイ・ジャッド主演の「バグ」を想起させる)のだが、あくまでも部分的に挿入されるにとどまっている。CMやMVを多数手がけてきた柿本ケンサク監督なので、もっと“とがった”映像表現でSF要素を強調することもできたはずだが、全体としては奇をてらうことなく、オーソドックスな画作りに徹していることに好感を持った。

小松菜奈が視線恐怖症の高校生役で、舞台挨拶で自虐的なコメントもしていたようだが、それほど違和感を覚えないのは、おそらく「渇き。」(2014)で映画ファンに知られるようになってからルックスがあまり変わっていないことも要因だろう。

本作にとってタイミング的に不運だったのは、極度の潔癖症ゆえ四六時中マスクを着用しているという林遣都が演じる青年の設定が、このコロナ禍でマスク顔が“ノーマル”になってしまったために、作り手が意図したであろう極端さを強調する効果が半減してしまった点。あと何年後かに、マスクなしで外出できる日常が戻ってから本作を見直したら、また印象が違うのかもしれない。

「若者の恋愛物」というカテゴリーでくくると、欠落感を抱えた男女が出会い、孤独を埋めるかのように互いに惹かれあうという筋は、SF的設定をのぞけば目新しさはあまりないものの、映像と音楽を丁寧に組み合わせて構築された世界に浸ることができる99分だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
高森 郁哉

3.0病的な潔癖症の青年と視線恐怖症の女子高生の恋愛、というテーマはおも...

省二さん
2022年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

病的な潔癖症の青年と視線恐怖症の女子高生の恋愛、というテーマはおもしろい。
ただ、頭の中に寄生虫がいて、それに操られているという設定はなじめなかった。
当時25歳の小松菜奈の制服姿にほとんど違和感がなかったのには驚いた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
省二

2.0みんな寄生虫のせい

2022年6月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

男(林遣都)は病的な潔癖症、女(小松菜奈)は視線恐怖症、二人共に原因は脳の中にいる寄生虫だった。
寄生虫が新たな命令を下し、二人は恋に落ちることに。
主体は寄生虫なのだ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5ああ、楽しい、俺の小松さん(奈菜)論

CBさん
2022年6月16日
PCから投稿

治療すれば、いま真っ只中にいるこの恋を失い、治療しなければ寄生虫に数年以内に殺される。この究極の選択を、あなただったら、どう選ぶ? という映画。

すごい純愛ドラマ。それだけに残念。なんだか猛烈に惜しい感じ。うまく言えない。SFっぽく、ホラーっぽく、青春映画風にと組み合わさっているのだが、終盤なんだか俺にはジャストミートではなかった。めちゃくちゃ惜しいと感じた作品。

俺は小松奈菜の顔が好きなわけではない。「ずいぶん三白眼が目立つな」程度の印象だ。新垣さん、黒島さん、新川さんといった "俺が好きな顔の女優たち" の真ん中には入ってこない。しかし!! 気になる度合はおそらく最高だ。なぜだろう? 自分の中にいくつかある 「考えるのが楽しい映画の謎」 のひとつだ。

「来る」を観る前に予習していた際に知った、中島監督と小松さんのやりとり。「どうした小松、青春映画でチヤホヤされていい気になっちまったか?」(中島) 「違います、監督! また一から鍛えてください」(小松) というやりとりが俺の心に響き続けているのだろうか。「雨上がりの夜空に」でその立ち姿だけで、俺に「これはたしかに、陸上選手だ」と感じさせたことが、今でも強烈な印象として残っているのか。(実際の走り姿は残念ながら陸上選手にはほど遠いものでしたが、その立ち姿はほんとに凛々しかった)
いすれにしろ、スクリーンに現れたときの彼女は、どの映画でもきれいだ。そういう役でないときはとても印象的だ。(「来る」「沈黙」等) まあ、「ぼくあす」も「糸」も観ていない俺が言えた義理ではないかもしれないが...

ああ、楽しい、俺の小松さん(奈菜)論。古い言葉だが、銀幕スター。俺にとってのそれは、まさに小松奈菜!! 本作でも「鼻血を出したので、ティッシュを鼻に突っ込んでいる小松さん」が最高だよ。
"俺が好きな顔の女優たち" には、みんな小松さんのように監督に鍛えられて上手になってほしい!!!
小松さん、ご結婚おめでとうございます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
CB
すべての映画レビューを見る(全118件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る