映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲のレビュー・感想・評価

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲

劇場公開日 2001年4月21日
31件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

日本アニメ最高傑作にして、私の人生ベスト2の作品!

評価:★★★★★ 100点
私は8歳の時に映画館でリアルタイム鑑賞しており、生涯ベスト2の作品です。

今作は‼︎!
アニメ映画では伝説を!!
クレヨンしんちゃん映画にはハードルを!!
あげてしまったことと思います。

断言出来ますが、日本映画でここまで子どもからお年寄りまで全ての世代を楽しませることの出来る作品は後にも先にもないと思います。
それだけの事を監督"原恵一"さんはやってのけたのです。
アニメ映画の枠を超えた邦画史上最高傑作です。

素晴らしい理由は3つ (※ネタバレあり)
① 家族の成長
しんちゃん映画の難題は、いかにしんちゃんという破天荒なキャラクターを成長させずに物語を構築するかです。よって、しんちゃん映画=笑い要素てんこ盛りのドタバタムービーとなることが多い中、今作はその成長という部分に父親のひろしと母親のみさえを持ってきたのです。現実に疲れた大人が童心に返ること。恐らく仕事、家庭をもつ大人全てが共感するであろうし、各世代によって捉え方が大きく変化し、深く愛され続ける作品となっています。

② 敵が過去の"懐かしさ"
2001年公開という20世紀から21世紀に移り変わった時代の節目の作品である為、物語が永遠に変わらない過去との対峙となります。
誰しも過去を振り返り「あの頃は良かったなぁ」と想うことがあると思います。
今作のターゲットを、しんちゃん映画を子どもと一緒に観に来た"親"とし、懐かしい過去とともに新たな世代と作る愛おしい未来へと突き進む物語としているのです。
その表現として、ラストシーンは未来ある子どもが階段を駆け上がり、大人が自らを犠牲にして下を支えるという演出。
なぜ大人が仕事をしなければいけないのか? なぜ子どもを育てなければならないのか? その全ての答えがこの映画には詰まっていると思います。

③ 音楽がもつ説得力
作中流れる名曲は「ひろしの回想」「21世紀を手に入れろ」の2つです。
全てのシーンが愛おしいですが、その中でも「ひろしの回想」が流れるシーンは人々の心に深く刻まれたことでしょう。
子どもに戻ってしまった父親を子どもが迎えにいく。
そして、どこか懐かしい哀愁漂うメロディとともに、1人の男性の物語を3分で描き、平凡な家庭がいかに素晴らしいものか、明るく迎えてくれる家族の素晴らしさを回想してくれるです。
「とうちゃん、オラがわかる?」
「ああ・・・・・・ああ」
と自分の記憶から消していた命より大切な我が子を抱きしめる父親の涙に。私はただ、ただ、号泣でした。

ここまで読んで、しんちゃん映画としては逸脱してないか? 子どもが楽しめるか?と思う人も多いと思いますが、
今作はしんちゃん映画としても100点です。
かすかべ防衛隊が登場する映画はだいたい面白いというジンクスがありますが、はい。そうです。最高です。
アニメ映画だからこそ出来る事を最大限にやり尽くしています。
しんちゃん達の個性を生かしたバスを運転するシーンなんかは、もろにクレヨンしんちゃん映画の真骨頂です。

よって一本の映画としても、しんちゃん映画としても満点の作品なので、まだ鑑賞してないという方は、ぜひ子どもが産まれる前に、そして働く前に観て欲しい作品です。

最上級にオススメでーーーす。

はる
はるさん / 2018年8月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

オトナになって改めて

これを最初に観たのはまだ10代だったかな?
思い入れのあるクレしんですし、30代が近づいて来たからこその再鑑賞。

実に素晴らしい!
涙が出そうになりました。
昭和を生きてないけれど、昭和の匂いが漂っていてノスタルジックに浸れる。

オトナに捨てられてしまったものの何だかお気楽ないつもの名調子で笑わせてくれますし、ラストの階段を駆け上がるシーンはやはり思い出通り名シーンでした。

敵組織との決着にはもうちょっと説得力が欲しかったですが、また更に歳をとってから観たら尚更楽しめそうだ。

ジーナ
ジーナさん / 2018年6月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「三丁目の夕日」世代向け!!

2017年の劇場作品から遡って観ていますが、クレしん映画と言えば、非日常感と謎の組織とのバトルでの粗製乱造が止まらない印象ですが、本作はその中でも昭和の雰囲気を使って上手く作られていると思います。冒頭でEXPO'70が出てきて度肝を抜かれましたが、内容自体も対象年齢が高め(公開当時40歳以上)の印象です。「三丁目の夕日」と同じく狙いすぎな気がして、個人的には愛着を感じませんでした。

アンジェロ
アンジェロさん / 2018年6月2日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大人になれば大人になっていくほどに

歳を重ねれば重ねるほど、好きになって、泣ける作品だと思うんだ。みんな子供の頃のあの思いでの中にあるあの感じが好きなんだなあ。でも俺が泣けたのは、家族ができてからのヒロシの思い出。懐かしいって、将来想うのかなあっなんて、今この一時を感じさせてくれる作品。クレしん永遠なれ!ぶ、ラジャー!

世界のメガネ
世界のメガネさん / 2018年5月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしい

素晴らしいとしか言えない名作になってしまいました。
まさかしんちゃんの映画でここまで感動させられるとは思いませんでした。きっとこの映画からしんちゃんの映画は感動する、面白い、名作だとハードルが上がってしまったと言っても過言ではありません。

子供はきっとぽかーんとしてしまうでしょうが大人は…親は号泣間違いなしです。ヒロシの過去を振り返るあの有名な名シーンは涙なしでは絶対に見れません。
自分は自宅で見たのですが映画館だったら呼吸困難になりそうです…。
昭和を知らない平成生まれの自分でしたがそれでもあの懐かしいと思える雰囲気、素晴らしかった。
大人は過去に戻りたいと思うでしょう、でも子供のしんちゃんは大人になりたい。あぁ…自分も子供時代、早く大人になりたかったなぁと振り返れました。

のっちゃん
のっちゃんさん / 2018年4月28日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣ける

普段ふざけてるしんのすけを知ってるからこそ、最後は本当に泣けます。
1番の名作だと思います。

ふぁんじぇぎ
ふぁんじぇぎさん / 2018年2月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今回の悪役は未来から取り残されちゃった人たちなのかもしれない。親に...

今回の悪役は未来から取り残されちゃった人たちなのかもしれない。親に結婚反対されたとかなんかそう言う。自分たちの未来を否定する未来はいらない的な。
目まぐるしく発展していく社会に疲れたオトナの逃げ場所としての機能が博覧会という舞台にはあったしボスたちの動悸も根本は同じじゃないかな。
ケンにひたすら付いてくる良き恋人?裏を返せば自己主張が少ない?何かと彼女を気遣う様子に、実態はケンが彼女のためにやってたことなのかもと考えると胸が熱い。設定よく知らないので全部妄想ですが、最後の涙とケンの微笑みにはそう言う理由があったらいいなと思ってしまう。

やない
やないさん / 2017年12月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

量による感動 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

クレヨンしんちゃん映画では、大人に異変が起こる事の怖さを取り入れたものが結構あるようだが、これもその一つだろう。社会を知らない幼児にとって大人は守ってくれるもの、生存の要で、大人に対して普段信頼しているからこそ、未知の事態が起こったとき恐ろしい。

特に感動を呼び、人気があると思われる、二つのシーン
・ひろしが、小さい頃から現在に至るまでの記憶を思い返す、回想シーン。
・しんのすけとその家族が鉄塔を駆けのぼる終盤のシーン。
私も泣いた。

このシーンをこれほどまで感動的にしているのは、量による見せ方だと考える。
人は、予想を超えた量のものごとを提示されると、感動してしまう。
回想シーンでは、たくさんのカットを使って、たっぷりとひろしの記憶を見せる。
鉄塔を上るシーンでは、しんのすけが走る様を次第に変化をつけながらも、かなりじっくりと長いカットでみせる。しかも、7度も転んだり、倒れたりする。音楽も同じメロディをますます力強く繰り返し、シーンの迫力を強調する。
いろんな様子を見せる大量のカット、一つの様子を見せる長いカット、いずれもその規模、量の大きさによって感動を生み出している。
メッセージそのものはもちろん良いが、シンプルで力強い感動の作り方が心に残った。

JI
JIさん / 2017年12月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

走る!走る!走る!そして走る!

時間は決して逆行しない。
走る!走る!ただ前に向かって走るのみである。

走ることに、この映画のすべてのメッセージが込められている。
止まっちゃダメだ。

この技法は昔からあるものだが、CG全盛の昨今に、ここまで、走る!ということ一点に焦点を当てた映画があるだろうか?僕は知らない。

原恵一監督は偉大だ。映画への愛が溢れている。

t
tさん / 2017年12月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヒロシの回想シーンは泣きそうになる。 幼稚園バス(マニュアル車)の...

ヒロシの回想シーンは泣きそうになる。
幼稚園バス(マニュアル車)の運転には笑った。
よく、クラッチと、シフトチェンジ知ってたね。
最後、しんのすけが塔を駆け上がるシーンは多少なりとも胸が熱くなる

へまち
へまちさん / 2017年12月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大人は大人でいるしかないのか。

大人とは無条件に尊敬されるものではない。
大人とは。

人は何かを失った時に、何かを得て、その得たものさえあれば、失わなかったのにと後悔する。

大人の共通点は誰しもが子ども時代を経てたどり着いたということだろう。大人は子ども心を眠らせている。そうでないと生きていけない社会や現実があるからだろう。

子どもっぽさは失いたくないと思った。しかし、大人が大人であることを放棄すれば、子どもは一切育たない。

大人へと向かう過程で、いくつもの大切なものを失った、と同時に得た。失わないと、得ないと、大人になれないからだ。大切なものを失っていない大人になりたいと思った。

大人。子ども心を思い出した大人と極めて純度の高いしんのすけという子どもとの対立構造がたまらなくよかった。

そして、ラスト近くのタワーを登るシーン。ひたすら、しんのすけが走るシーン。無言のシーン。荒れた作画のこのシーンは、アニメ界にとって、歴史に残る名シーンだろう。

ちゃーはん
ちゃーはんさん / 2017年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いつものお馬鹿が奮闘する姿に感動。

本当に名作。
クレヨンしんちゃんの中で一番好きです。
最後はマジ感動。
面白いし感動する素晴らしい作品です。
エンディングも良い!

mg
mgさん / 2017年10月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観て損はない名作

良いらしい、と噂はかねがね。ようやく鑑賞。
もう16年も前の作品なんですね。
作中の「大人」は、大阪万博の頃に子ども時代を過ごした人たちになってます。

個人的に劇場版「クレヨンしんちゃん」は初めてだったんですが、
意外だったのはホラー要素がしっかり怖いこと。
大人たちが大人であることを放棄して、親が親であることを放棄して…のくだりは空恐ろしいものを感じました。

ひろしが正気を取り戻すところは、まさに名シーン。
ドンピシャ世代の男性なら、涙腺崩壊は必至でしょう。

大人も楽しめるアニメといえばピクサーやイルミネーションが有名ですが、日本のアニメも負けてません。

mar
marさん / 2017年5月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣ける

シリアスなところでも笑えるネタが入っていた。正気を失ったみさえ達が襲ってくるシーンはとても恐かったけれど、正気を戻したみさえとひろしに泣ける。
この映画を見たあとは何か考えさせられる。
色んな人に見て欲しい作品です。

a
aさん / 2017年4月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストの感動

ラストの感動は「戦国大合戦」以上です。
懐かしさを惜しみつつも新しい世代が社会を作っていくことの大切さをストレートに伝えてくれます。

中盤の逃走のくだりがちょっと長く感じました。いくらクレしんとはいえ敵が弱すぎて・・・。

ジンクス
ジンクスさん / 2016年12月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大好きな作品

子供の頃から何度も観てます。

しんちゃんは子供の為のアニメですが、今作に関しては大人じゃないと良さが分からない不思議な作品。

大阪万博の時代をリアルタイムに生きてきた家族持ちである方に是非とも観ていただきたいです。

20代の僕が観ても懐かしさを感じます。
その時代に生きていないのに。笑

僕が太陽の塔が好きな理由は、この映画が関係してるのかもしれません(^-^)

タカ
タカさん / 2016年11月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「外に溢れているのは、汚い金と燃えないゴミだけだ」 「外の人は心が...

「外に溢れているのは、汚い金と燃えないゴミだけだ」

「外の人は心が空っぽだから余計なものを作って心の埋め合わせをしてるのよ。」

「夕陽は人を振り返らせる」

名言ばかりですね笑

他の方のレビューにある通り単なるノスタルジーに終わらない。
かけがえのない未来へ。

観た後いつも不思議な気持ちになる映画。

このアニメにはとんでもないパワーが宿っています。

REDSTAR
REDSTARさん / 2016年10月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった

しんちゃんが良い!途中みさえとひろしが正気をなくし怖いシーンもあったが、よかった!昭和がうまく描かれていた。

くう
くうさん / 2016年9月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すんごい好き

故臼井儀人先生の作ったクレしん映画と今の映画がは全く違う作品だね。新しい世代にどんどん見て欲しい。

ガッチャマン
ガッチャマンさん / 2015年11月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

モーレツ!

クレヨンしんちゃんの映画はほとんど観ていますが間違いなくTOP3に入る作品でした。
子供を持った親御さん方達にも是非見て貰いたいです。生きるっていいな。未来に向かって強く生きる勇気をもらえる映画です。

たこ
たこさん / 2015年9月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

31件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi