設立わずか6年でアカデミー賞常連に!気鋭スタジオ「A24」とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月9日 > 設立わずか6年でアカデミー賞常連に!気鋭スタジオ「A24」とは?
メニュー

設立わずか6年でアカデミー賞常連に!気鋭スタジオ「A24」とは?

2018年5月9日 12:00

公開待機作も豪華なラインナップ「イット・カムズ・アット・ナイト(原題)」

公開待機作も豪華なラインナップ
(C)2017 InterActiveCorp Films, LLC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 近年、映画界で旋風を巻き起こしている製作会社がある。2012年に設立されたA24だ。オスカー候補作を次々と世に送り出し、インディペンデント映画の雄として気を吐くA24について、ひも解いていく。

2012年に、映画業界で働いていたダニエル・カッツ、デビッド・フェンケル、ジョン・ホッジスの3人によってニューヨークに設立されたA24は、ジェームズ・フランコセレーナ・ゴメスが共演した「スプリング・ブレイカーズ」のヒットにより、その名を知られるようになる。さらに、ソフィア・コッポラ監督の「ブリングリング」、ジェイク・ギレンホールが主演したドゥニ・ビルヌーブ監督作「複製された男」、スカーレット・ヨハンソンのフルヌードが話題を集めた「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」、全編のほとんどが車内の映像で構成されたトム・ハーディ主演作「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」など、設立からわずか2年の間に刺激的な作品を次々と世に放ち、一気に映画ファンをとりこにした。

設立3年目の2015年には、ブリー・ラーソン主演作「ルーム」、アリシア・ビカンダー主演作「エクス・マキナ」、「AMY エイミー」などでオスカーに輝き、一気にトップスタジオの仲間入り。その後も、「ウィッチ」「ロブスター」「スイス・アーミー・マン」「ムーンライト」「20センチュリー・ウーマン」「パーティで女の子に話しかけるには」と人気作を続々と手がけてきた。日本では、「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」が3月、「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」が5月、「レディ・バード」が6月、「ア・ゴースト・ストーリー(原題)」が今秋、「イット・カムズ・アット・ナイト(原題)」が11月と連続で公開予定だ。

今後も、「イット・フォローズ」のデビッド・ロバート・ミッチェル監督が手がけ、今年の第71回カンヌ国際映画祭でコンペティション部門に選出されたアンドリュー・ガーフィールド主演作「アンダー・ザ・シルバー・レイク(原題)」や、「君の名前で僕を呼んで」「レディ・バード」でブレイクした若手実力派ティモシー・シャラメが、ドラッグディーラー役を演じる「Hot Summer Nights(原題)」、トニ・コレットガブリエル・バーンが共演したホラー「Hereditary(原題)」、イーサン・ホークアマンダ・セイフライドが共演し、「タクシードライバー」の脚本家ポール・シュレイダーが監督を務めた「First Reformed(原題)」、ジェシカ・チャステインと「スリー・ビルボード」でオスカーに輝いたサム・ロックウェルの共演作「Woman Walks Ahead(原題)」など、話題作が多数控える。

作家性の強い作品を立て続けに生み出し、熱狂的ファンを生んできたA24だが、宣伝方法も独自の道を進んでおり、若者層へアピールすべくSNSを多用していることでも知られている。Facebook、Twitter、Instagram、Tumblr、YouTube、GIPHY(gif動画に特化したオンラインサービス)と多数の人気サービスでアカウントを運用し、それぞれを使い分けた多種多様な投稿で人気を集めている。

アカデミー賞のみならず、毎年のように賞レースをにぎわせるA24。「マンチェスター・バイ・ザ・シー」「パターソン」のアマゾン・スタジオやNetflixなど、新興のスタジオが群雄割拠の状況にあっても、この勢いはまだまだ止まりそうにない。

直近のA24作品である「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」は5月12日、「レディ・バード」は6月1日にそれぞれ公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi