ルーム
ホーム > 作品情報 > 映画「ルーム」
メニュー

ルーム

劇場公開日

解説

アイルランド出身の作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化。監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、長らく断絶されていた外界へと脱出し、社会へ適応していく過程で生じる葛藤や苦悩を描いたドラマ。第88回アカデミー賞で作品賞ほか4部門にノミネートされ、息子とともに生きようとする母を熱演した「ショート・ターム」のブリー・ラーソンが、主演女優賞を初ノミネートで受賞した。監督は「FRANK フランク」のレニー・アブラハムソン。7年前から施錠された部屋に監禁されているジョイと、彼女がそこで出産し、外の世界を知らずに育った5歳の息子ジャック。部屋しか知らない息子に外の世界を教えるため、自らの奪われた人生を取り戻すため、ジョイは全てをかけて脱出するが……。

作品データ

原題 Room
製作年 2015年
製作国 アイルランド・カナダ合作
配給 ギャガ
上映時間 118分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第88回 アカデミー賞(2016年)

受賞
主演女優賞 ブリー・ラーソン
ノミネート
作品賞  
監督賞 レニー・アブラハムソン
脚色賞 エマ・ドナヒュー

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

受賞
最優秀主演女優賞(ドラマ) ブリー・ラーソン
ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀脚本賞 エマ・ドナヒュー

インタビュー

オスカー女優ブリー・ラーソン&天才子役ジェイコブ君、「ルーム」で築いた強固な絆
インタビュー

社会から隔離された部屋しか知らない幼い少年と、少年を守るためママになった若い女性。ふたりだけで生きてきた親子が世界へ飛び出す瞬間がやってきた――ママを演じ初のオスカーを手にしたブリー・ラーソン、子役のジェイコブ・トレンブレイ君は、映画...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ジャックの瑞々しさと観客の感覚が重なった瞬間、魂に触れる小さな奇跡を起こす
ルームの映画評論・批評

映画「ルーム」が描く、ブリー・ラーソン演じる若い母親ジョイと5歳の息子ジャックの物語は、設定だけを聞けば随分とエキセントリックに思えるかも知れない。ある日突然誘拐され、7年間監禁され続けた悲劇の女性ジョイ。そして監禁部屋で生まれ、外の...ルームの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全332件)
  • 非常に複雑 非常に複雑である。なにが、って全部が。 どこから整理したら良いのだろう。まず言えることは、これ元設定からして完全な救いは存在しない。 だから、自由や未来を語ろうとしても、考えていくと必ずつまづく... ...続きを読む

    okaoka0820 okaoka0820さん  2018年11月15日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • 子役が素晴らしい 本当に天使のようだな、と思った。 ストーリーが進むにつれ明らかに変わっていくのがわかるのが良かった。 母親との絆が美しい。 あの状況で子供をあんな心豊かな子に育てられたってすごいことだと思う。 ... ...続きを読む

    かやは かやはさん  2018年10月21日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 感動しる 再婚相手がいいひと 感動しる 再婚相手がいいひと ...続きを読む

    けちゃんまん けちゃんまんさん  2018年10月11日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ルーム」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi