聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
ホーム > 作品情報 > 映画「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」
メニュー

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア

劇場公開日

解説

「ロブスター」「籠の中の乙女」のギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督が、幸せな家庭が1人の少年を迎え入れたことで崩壊していく様子を描き、第70回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞したサスペンススリラー。郊外の豪邸で暮らす心臓外科医スティーブンは、美しい妻や可愛い子どもたちに囲まれ順風満帆な人生を歩んでいるように見えた。しかし謎の少年マーティンを自宅に招き入れたことをきっかけに、子どもたちが突然歩けなくなったり目から血を流したりと、奇妙な出来事が続発する。やがてスティーブンは、容赦ない選択を迫られ……。ある理由から少年に追い詰められていく主人公スティーブンを「ロブスター」でもランティモス監督と組んだコリン・ファレル、スティーブンの妻を「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン、謎の少年マーティンを「ダンケルク」のバリー・コーガンがそれぞれ演じる。

作品データ

原題 The Killing of a Sacred Deer
製作年 2017年
製作国 イギリス・アイルランド合作
配給 ファインフィルムズ
上映時間 121分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第70回 カンヌ国際映画祭(2017年)

受賞
コンペティション部門
脚本賞 ヨルゴス・ランティモス エフティミス・フィリップ
出品
コンペティション部門
出品作品 ヨルゴス・ランティモス

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

監督の繰り出す“ユーモア”はさえざえと哀しさこそを射ぬいていく
聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの映画評論・批評

「今年一番の“フィール・バッド”ムーヴィー」などとインタビュー(Vulture誌17年10月)でうそぶいているコリン・ファレル。「ロブスター」に続いてヨルゴス・ランティモス監督作に主演した俳優の「いやな感じ(フィール・バッド)」という...聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全61件)
  • 聖なる“鹿殺し”ではなく、“聖なる鹿”殺し 邦題がややミスリード。メインビジュアルの題字も「鹿殺し」が赤、「聖なる」が黒なので、鹿殺しという行為が神聖であると誤読しそうだが、原題「The Killing of a Sacred Deer」... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2018年2月27日  評価:4.5
    このレビューに共感した/5
  • タイトルが意味不明 ネタバレ! じわじわと迫ってくる恐怖が興味深く観ている者を吸い込んでいく感じが良かった。外科医の主人公が手術ミスで殺してしまった患者の息子に復讐されるお話。彼は外科医の子供達を謎の病気にかける。足のマヒ、食... ...続きを読む

    Takashi Takashiさん  2018年8月11日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • クスッと笑えた キッドマンと娘のベッドでの誘い方が同じで変わってて面白かった。ベッドの上の鯉…みたいな。 ...続きを読む

    Novem zoe Novem zoeさん  2018年8月6日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi