聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアのレビュー・感想・評価

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア

劇場公開日 2018年3月3日
61件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

聖なる“鹿殺し”ではなく、“聖なる鹿”殺し

邦題がややミスリード。メインビジュアルの題字も「鹿殺し」が赤、「聖なる」が黒なので、鹿殺しという行為が神聖であると誤読しそうだが、原題「The Killing of a Sacred Deer」をよく見よう。形容詞SacredはKillingではなくDeerにかかっている。Sacredには「聖なる」の意味もあるが、「生け贄として捧げられる」というニュアンスを含む。本作はいろんな解釈の余地があるタイプの映画だろうが、他の方の自己流解釈の助けになればと思い記しておく。

作品自体は滅法面白い。同じ監督の「ロブスター」は奇天烈な設定に引き込まれたが、本作は一見まとも。しかし、「目には目を」式の呪いをかけられて、家族の関係がじわじわ変容していく様にゾクゾクする。「トゥモローランド」の美少女、ラフィー・キャシディの成長した姿も見ることができて嬉しい。

AuVis
AuVisさん / 2018年2月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

タイトルが意味不明 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

じわじわと迫ってくる恐怖が興味深く観ている者を吸い込んでいく感じが良かった。外科医の主人公が手術ミスで殺してしまった患者の息子に復讐されるお話。彼は外科医の子供達を謎の病気にかける。足のマヒ、食事の拒否、目から出血、そして死に至ると脅される。最後は息子以外の3人がその息子とダイナーで会うシーンで終わっているが、様々な解釈ができる結末になっている。

Takashi
Takashiさん / 2018年8月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クスッと笑えた

キッドマンと娘のベッドでの誘い方が同じで変わってて面白かった。ベッドの上の鯉…みたいな。

Novem zoe
Novem zoeさん / 2018年8月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルなし

傑作

R Film n
R Film nさん / 2018年8月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

医者としての倫理 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「目には目を」の物語。主人公が医者としての立場を利用して、人を殺しておいても決して自分の手は汚さないという、医者としての倫理をマーティンに自分の家族を1人殺すということで問われる話。
アウリス「エピゲネイア」

taku
takuさん / 2018年8月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

じわじわと怖い

いつもの荒唐無稽な世界観で語られるわけではなく、普通の家族に起こるホラーという点で他のヨルゴス作品より入り込みやすい。宗教的な要素も強く、じわりじわりと悲劇が襲いかかってくる感じがたまらなく怖い。

まぁみどり
まぁみどりさん / 2018年7月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ぞわぞわ

この日まさかのキッドマン2本目…さらに相手役も一緒とは…なんかぞわぞわする感じ。解釈分かれるやろうなー

Shige12
Shige12さん / 2018年7月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

暗澹たる… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最初から最後まで不穏、嫌なことづくめ。
こんなに嫌な気分になったのひさしぶりだ…と暗澹たる気持ちで映画館を出た。
それでも観れてしまうのだからやっぱり脚本、映像技術や役者さんの力がすごいということなのでしょうけどあああやっぱり嫌な気分!
家族といえど弱肉強食というかね、人間のエゴとかそういうことなんですね。そりゃ、あそこでニコ様が子供のために自分を殺して!とか間違っても言ったら綺麗な話になっちゃうもんね。自然と弱いものが犠牲になるべきって空気が出来上がって、ロシアンルーレットにしてもそのとおりになるところとか、その辺は真実味がありましたね、でももう二度と観たくない。
ニコ様の年齢を感じさせない肉体美だけが救いだったわ…

観たのがビガイルド欲望の目覚めとの二本立てだったのですけど、ビガイルドが罪のない明るい話に思えましたから。本当に。
ああ、もう、口直し!
と、帰りの蔦屋で借りた映画がライオンで、図らずもニコ様三本立ての1日になったのでした。

はんぺん
はんぺんさん / 2018年6月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あーきつかった。いやーな事しか起こらない。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

監督はヨルゴスランティモスです。ロブスターが気に入ったので、聖なる鹿殺しも楽しみにしていました。

ブラックユーモア満載のコメディと言えなくもないけど、がんばってコメディとして受け取ろうとしたけど、地下室監禁あたりから無理無理無理無理…という感じでした。

コリンファレルとニコールキッドマンはビガイルドでも共演していました。ビガイルドでも同じこと言いましたが、ニコール老けない。今回は横乳の反重力性に度肝を抜かれます。そのアンナチュラルさに気を取られました。

えー、コリンファレルは腕の良い外科医で通ってますがどうやらマーティン(ダンケルクで船で兵士に突き飛ばされて死んじゃう男の子やってた人ですな)の父を飲酒によるオペ中の失態で死なせていると思われます。で、どやってそれをマーティンが知ったのか忘れましたが、それをネタにコリン一家に近づくわけです。

マーティンは怪しげですが、彼が何かをしてコリン一家が災いに巻き込まれたというわけではないんです。でも、マーティンの呪いにかかったとしか思えない、非科学的な不幸が次から次に。

息子と娘があるけなくなり、目から血を流してやがて死ぬとの呪をマーティンは囁く。何をバカなとタカをくくっていたらどんどんマーティンの言う通りになるのですね。

ほんで誰かを一人をコリンが、殺したら呪いは解けるといわれ、妻、娘、息子の顔を袋で覆ってルーレット的に生贄を選んで捧げるという。結果、息子を殺して、3人は助かるんですねー。

あー、二度と見たいとは思えないですが、面白いかどうかと聞かれれば、面白い部類だと思う。そんな映画です。

だいず
だいずさん / 2018年6月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

先に、ギリシャ悲劇『アウリスのイピゲネイア』のあらすじをさらってからの鑑賞をおススメします。

観終えた感想は、「さっぱりわからん」。しかもラストもフラストレーションがたまる。
これはなにがモチーフになっている映画なのか?気になって調べると、ギリシャ悲劇『アウリスのイピゲネイア』がベースなのだそうだ。聖なる鹿を殺してしまった罪の償いに自分の娘を生贄にする話らしい。なるほど、その物語を知っているといないとでは、まるで違うものに感じるわけだ。日本人にしてみれば、宇治拾遺物語あたりの挿話がベースになった芥川龍之介の短編の映画化を観ているような気分なのだろう。
しかし。それはそうと、なぜ次々と奇病に罹ってしまうのか?少年は何者なのか?解けない謎が、結局抜け道を見つけられない焦りと恐怖に包まれたまま。底知れぬホラーだ。

栗太郎
栗太郎さん / 2018年5月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

胸糞映画!

「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」観てきた。
タイトルのインパクトで観に行った訳ですが…う〜む、モヤモヤする。
そしてジワジワ怖い。
私はこれをモヤコワと名付ける。
心臓外科医スティーブンは綺麗な奥さんと二人の子供に囲まれ幸せな人生を送っていたかに見えたが謎の少年マーティンを自宅に招いたことをきっかけに、子どもたちが突然歩けなくなったり目から血を流したりと、奇妙な出来事が起き始める。
結局あのマーティンって少年は何なんだ?って考えるのはヤボなのか。本人言ってるように存在がメタファーなんだろうか。
度々ニュル〜ンと一点透視法でフォローするカメラワークも相まってジワジワくる緊張感が途切れない。
終盤、部屋のリビングでのクルクルバーンは非常に胸糞が悪なる。
ただニコール・キッドマンは相変わらず綺麗。ベッドの上でクタ〜ッとなってるのは笑ったけど♪

shu
shuさん / 2018年4月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

『鹿』のメタファーは? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

サイコホラー作品。強烈なバッドエンドのストーリー内容である。その手の好事家ならば涎モノであろう。かくゆう自分も、なかなかトラウマ的な心の引っかかりが長い時間抜けないであろう作品である。
題名からしてなにかのメタファーなのだろうが、敢えてネットで調べていないので、チラシにもある『4つの謎』の3つしか分からない。もしかして家族それぞれが生き延びる手段のことを指しているのだろうか?久々に誰かに解説をして貰わないと分からない難解な内容である。それだけに深い構成に成っていて、その全てがメタファーであるかの如くである。アバンタイトルの心臓手術のシーンでの、心臓のエグい鼓動、室内の奥行きをわざと印象づけるアングル、重要なタバコを”吸う”シーンの多用。結局、あの愚行を起こしてしまう家族の心理、その全てがあの少年に操られていることをとても上手に演出されていて大変秀逸である。挙動不審、まるで自閉症的な動きなのに、発する内容は理路整然としているそのギャップにも恐怖を感じさせる。逃れられない運命だと知ったときの人間のエゴがこれでもかと吐出される状態に、観ていて心が抉られ、削られていく感覚から逃れることが出来ない、辛く厳しい作品だ。

いぱねま
いぱねまさん / 2018年4月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恐怖と美しさ

ちょっと前から気になっていた作品だったので映画館にて鑑賞。
ストーリーは主人公である執刀医とその家族、そしてある青年の物語。
スリラー映画であることは知った状態で鑑賞したが、予告編などを見ずに鑑賞して正解だった。まず、執刀医と青年の関係性ってのが最初はわからないが、徐々に明らかになってゆく。その間、なぜか執刀医と青年のシーンだけ不穏な空気が流れる。次に何が起こるかわからない恐怖感の演出がかなり良かった。
本作の特筆すべき点はカメラワーク。引きと寄りの使い分けが絶妙なのと、キャラクターをあまり正面から撮ってない印象を持った。カメラワークでも恐怖感を煽ってきた。
スリラー映画によくある、音楽で恐怖感を演出する手法が本作でもあるが、その音楽は統一されていたし、映像と滑らかにマッチしていたので個人的には良かった。
神話を基に描いていることもあり、疑問に思う点やリアリティに欠ける点もあるが、スリラー映画としてはかなり良いと思う。
コリン・ファレル、ニコール・キッドマンの演技も良かったが、バリー・コーガンの演技は「真実の行方」のエドワード・ノートンを彷彿させる怪演である。
展開が読めず、キャラクターそれぞれが何を考えているのかわからない恐怖に、少しの性的な描写により何処か美しさが残り、確かに神聖な雰囲気が漂う映画であった。
それにしても、ニコール・キッドマンの眼差しは本当に美しい。

ジンジャー・ベイカー
ジンジャー・ベイカーさん / 2018年4月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心臓は綺麗事など考えてない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

“The Lobster”も面白かったですが、本作では、ギリシャ悲劇という大ヒントを授かりました。それでも「?」な所は沢山ありました。むしろヒントが与えられていることで、意図はより明確となり、自由な想像的解釈は制限されました。

腕時計のベルトは金属派の心外科医Steven Murphy。
革ベルトの、しっくり馴染んで増す愛着感より、拘るのは防水機能とお値打ち感?

Murphy家の、合理性を追求しているような無機質な会話。効率良く親近感を高めるためのような、唐突で不自然な性的な話題。
この一家を人体に例えるなら、体外循環から血液が戻って来ないかのような寒い雰囲気です。

“My Big Fat Greek Wedding”で、家長の男が頭なら、妻は夫をたてて支える首だけど、頭が向く方向を決めるのは首なのよ、というくだりが出て来たのを思い出しました。

Murphy家では、Stevenが心臓かつ(一応)脳であり、眼科医の妻Annaは首と眼であり、子供達は麻痺する脚からして、末梢その他って感じでしょうか。

一家存続のために切り捨てるなら…末梢しかないですなぁ。

Murphy家に災いが降りかかるのは、StevenがMartinの母を拒絶した後。つまり、StevenがMartinの父親の役割を担う決心をすれば、呪われなかったのでしょうね。奪ったものの埋め合わせを自分自身が出来ないなら、自分も何かを捨てろよと。

支配者であり続けたいSteven。確かに無理難題だけれど、全ては俺のせいだ!俺が犠牲になるから妻と子供達を助けてくれ!とはならない(^_^;)。一家の運命は愚かなStevenの手に。長女と長男、どちらがより優秀なのかと天秤にかける。冷酷で賢いAnnaは現実的。そして子供達はそれぞれ、父親に媚を売って命乞い。

心臓が動かなければ生きていけないけれど、血液を送る行き先がなければ、動いても虚しいのよね。

Martinにプレゼントした腕時計は、麻酔科医のコネでお安く買ったものなのかしら?

麻痺を精査しまくる所がリアルで良かったです。
鼓膜を切り裂くような、不安と恐怖を煽る旋律は、”The Childhood of a Leader”と似ていました。

ついでですけどねぇ…
「聖鹿の殺し」と訳せって?
「聖なる鹿 殺し」
原題のようにフォントで差を付けたら文句なし?

もっとどうでもいいけど、
腕時計、私は革派。

everglaze
everglazeさん / 2018年4月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

むかし似たような映画見たなと思っていたら「テオレマ」だ。

むかし似たような映画見たなと思っていたら「テオレマ」だ。

十夢
十夢さん / 2018年4月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

性悪説

ヨルゴス・ランディモス監督は今回も、家族というひどく限定された関係の中での狂気を描いた。人間は集団になると、ひとりでいるよりも狂気染みた行動を取るのだろうか。性悪な人間がルールをもって行動を制限しようとしても、そもそも根が性悪なんだからまともな行動ができるはずがない。

家族愛がある?日本でも過去には、息子を戦場に送り出していたし、娘を売っていたし、母を山に捨てていた。つまり人は自らの命が脅かされる危険がない時は善良な人でいられるが、自らの命が脅かされるとなると親であれ子であれ、途端に切ることができる。一応泣くことはするとは思うが、それが終われば楽しく食事ができる。

人間は、冗談の様な生き物である。

ミカ
ミカさん / 2018年3月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

嘘と欺瞞 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

見てるときは不快だけど整理したら面白いと感じる映画でした!

3人のうち1人を選ばなければならない…
血の涙を流したら時間がない…

というのがルールなのに、その段階に至るのに、個人差がある。

ルールの嘘にどこかのタイミングで主人公も気がついたと思います。
その上で犠牲者を選択せねばならない。
しかし、犠牲者の選択は自己欺瞞で覆う必要があった。

家族各々の欺瞞を納めた映画だと思います。

りょう
りょうさん / 2018年3月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不思議な恐怖感。

何とも気持ちの悪い作品でした。
でも、本当に余韻の残る、考えさせられる作品であるとも言えます。
この監督、どういう感性を持っているのか。
本当に考えてしまいます(笑)
「ロブスター」の時には、言わんとしているところを理解出来ず、本当に驚きましたが…今回は恐怖感こそ煽られましたが、まだ理解できる感じでした(笑)
とにかく、バリー・コーガンの演技が本当に気味悪くて…引き込まれてしまいました。

本当に印象に残りまくる作品でした。
観てよかったと思います。

Mi-chan
Mi-chanさん / 2018年3月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ボブの悲劇 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

サスペンスかと思ったら、ホラーという、今までにない流れの作品でおもしろかった。

ニコールキッドマンは足が悪くならなかった理由とか、鑑賞後にじわりじわりと、あれはああいう意味か、というのがわかってくるかんじで余韻含めて楽しめた。

鹿殺し=生贄という意味合いなので、原題と違うなど意見もあるが、私はマッチしてると思う。

マイナス点をいえば、音楽。
怖さを引き立てようとする、いかにもなやりすぎな音が安っぽかった。

サメちゃん
サメちゃんさん / 2018年3月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

妄想を支える人々 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

酔って執刀し、患者を死に至らしめた外科医。その患者の息子、マーティンが「呪い」で外科医の娘と息子を苦しめる、と見えるが肝心の呪いについては全く描写がない。この作品は寓話だ。マーティンの妄想を外科医一家が支え、集団妄想を現出させたのだ。
石井聰互監督『逆噴射家族』では、家族が病気にかかっているとの妄想を抱いた父親が、家族の病気の悪化を感じ、殺そうとして死闘を繰り広げる。『聖なる―』も『逆噴射―』も、呪いや病気といった見えないものが家長である父の妄想を惹起し、結果、家族に危害を加えさせる。そして、前者は息子の射殺、後者は家族同士のサバイバルバトルという「犠牲」を払い、再帰的に秩序が回復される。

マユキ
マユキさん / 2018年3月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

61件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi