ソフィア・コッポラ

ソフィア・コッポラ
英語表記
Sofia Coppola
誕生日
1971年5月14日
出身
アメリカ/ニューヨーク

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

父親は映画監督のフランシス・フォード・コッポラ。父親が監督した「ゴッドファーザー」(72)と続編「PART2」(74)に端役で映り、最終章「ゴッドファーザーPART3」(89)でアル・パチーノの娘役を演じた。その後、写真家やデザイナーとして活躍し、自ら脚本を手がけた「ヴァージン・スーサイズ」(99)で長編映画監督デビュー。続く「ロスト・イン・トランスレーション」(03)はアカデミー脚本賞に輝く。長編第3作「マリー・アントワネット」(06)を経て、「SOMEWHERE」(10)はベネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞。ハリウッドを代表する女性監督として地位を確立し、「ブリングリング」(13)などで女性主人公たちを生き生きと描いた。「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」(17)ではカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞。16年にはオペラ「椿姫」の演出に挑んだ。私生活では99年に映画監督のスパイク・ジョーンズと結婚、03年に離婚した。

関連作品(映画)

ソフィア・コッポラの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

ソフィア・コッポラの受賞歴の詳細を見る

写真・画像

ソフィア・コッポラの写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

ソフィア・コッポラの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

ソフィア・コッポラの関連記事をもっと見る