The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラが、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン、「ネオン・デーモン」のエル・ファニング、「マリー・アントワネット」のキルスティン・ダンスト、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のコリン・ファレルら豪華キャスト共演で撮りあげた長編監督第6作。1971年のクリント・イーストウッド主演作「白い肌の異常な夜」の原作であるトーマス・カリナンの小説「The Beguiled」を女性視点で映画化し、第70回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した。南北戦争期のアメリカ南部。世間から隔絶された女子寄宿学園で暮らす7人の女たちの前に、怪我を負った北軍兵士の男が現われる。女性に対し紳士的で美しいその兵士を介抱するうちに、全員が彼に心を奪われていく。やがて情欲と危険な嫉妬に支配されるようになった女たちは、ある決断を下す。

2017年製作/93分/PG12/アメリカ
原題:The Beguiled
配給:アスミック・エース、STAR CHANNEL MOVIES

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第70回 カンヌ国際映画祭(2017年)

受賞

コンペティション部門
監督賞 ソフィア・コッポラ

出品

コンペティション部門
出品作品 ソフィア・コッポラ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2017 Focus Features LLC All Rights Reserved

映画レビュー

3.5欲望が個性を生む

ローチさん
2018年2月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

かつてドン・シーゲル監督&クリント・イーストウッド主演で映画化された小説の再映画化であるが、視点を男性から女声側へと移して語り口を変更しているので、別作品のように楽しめる。

当初は白く、無垢なイメージを持たせる衣装しか着ていない女性たちは、一人の男性が転がり込んだことによって、欲望を花開かせ、色鮮やかに個性が生まれていく。夜の会食のシーンでの、それぞれの女性が着る、色とりどりの衣装は象徴的だ。

閉鎖的空間での女性たちの物語という点で、デビュー作の『ヴァージン・スーサイズ』に近い感触もあるが、スリラーであるという点で、彼女の今までの作品とは一線を画している。しかし、宿る感性はやはりソフィアならではで、別ジャンルでもきっちり自分の個性を出せるあたり、優れた監督だなと思う。

ニコール・キッドマンの抑えた演技が良い。彼女とソフィアが相性がいいなと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ローチ

3.5ガーリーカルチャーのカリスマ、コッポラの分岐点になる作品

MPさん
2018年2月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

同じく閉ざされた門の内側で生きる王妃の日常を屈託なく描いた代表作「マリー・アントワネット」とは似て非なるソフィア・コッポラ作品。決壊寸前の閉塞感が、傷つき、匿われた兵士が放つ雄の匂いをビリビリと感じ取り、小さな裂け目からやがて大量の欲望が放出されていく様は、女性独特の観察眼が鋭い刃となり、時にえげつないほど痛烈な密室エロチックサスペンスとして観客の前に突き付けられる。同時にこれは、南北戦争の影で行われた女たちによる犯罪ドラマでもある。遠く大砲の音を聞きながら、女性寄宿学校の中でも同じような行為が成されていく皮肉と怖さは、やはり、ガーリーカルチャーのカリスマと言われてきた監督ソフィア・コッポラにとって分岐点になる1作だと言わざるを得ない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MP

4.0いつものソフィア作品と似ているようで、かなり違う

2018年2月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

怖い

女性集団の中で織り成されていく空気。その一点で見るといつものソフィア・コッポラ作品と全く変わらない。ただ、この空気が永遠に続くのかと思いきや、今回はかなり大きなドラマが巻き起こる。ジャンル的にもゴシック・スリラーに分類される本作だが、これほど後半の仕掛けがうまく炸裂するのも、冒頭から緻密な映像美を積み重ねていくからなのだろう。

そこに投入されるコリン・ファレルは、誰からも人好きのする純朴さを持った男だ。女性たちもまた彼を親身に看護しようとする。その良心と良心の間に、様々な奇妙な心象模様が生まれていく過程がスリリング。そして、ハッとするような神々しい光が差し込む寄宿舎は、いつしか牢獄のような閉所感へと変化を遂げる。これにはヨーロッパビスタ・サイズがもたらす心理作用がかなり効いている。

隅から隅までソフィアの創造性が発揮された本作は、これまで以上に噛み応えとパンチの強さを秘めた一作なのだ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら

0.5こんな女の人多いから

2019年10月4日
PCから投稿

自分の欲望のために男を食い物にして殺す
昔なら、多いでしょうね
今も居ますけど、こけは極端ですが
嫌な感じしか残らない作品でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ
すべての映画レビューを見る(全80件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る