The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ
ホーム > 作品情報 > 映画「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」
メニュー

The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ

劇場公開日

解説

「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラが、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン、「ネオン・デーモン」のエル・ファニング、「マリー・アントワネット」のキルスティン・ダンスト、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のコリン・ファレルら豪華キャスト共演で撮りあげた長編監督第6作。1971年のクリント・イーストウッド主演作「白い肌の異常な夜」の原作であるトーマス・カリナンの小説「The Beguiled」を女性視点で映画化し、第70回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した。南北戦争期のアメリカ南部。世間から隔絶された女子寄宿学園で暮らす7人の女たちの前に、怪我を負った北軍兵士の男が現われる。女性に対し紳士的で美しいその兵士を介抱するうちに、全員が彼に心を奪われていく。やがて情欲と危険な嫉妬に支配されるようになった女たちは、ある決断を下す。

作品データ

原題 The Beguiled
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 アスミック・エース、STAR CHANNEL MOVIES
上映時間 93分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第70回 カンヌ国際映画祭(2017年)

受賞
コンペティション部門
監督賞 ソフィア・コッポラ
出品
コンペティション部門
出品作品 ソフィア・コッポラ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

監督の女性としての成長だけでなく、映画作家としての原点も意識させる
The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめの映画評論・批評

ソフィア・コッポラの最大の魅力はセンスだろう。ガーリーカルチャーの旗手として颯爽と登場した「ヴァージン・スーサイズ」以来、彼女の描く物語や登場人物たちの内面がピンとこない向きでも新作のたびに気になるのは、生まれながらのセレブならではの...The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全72件)
  • 欲望が個性を生む かつてドン・シーゲル監督&クリント・イーストウッド主演で映画化された小説の再映画化であるが、視点を男性から女声側へと移して語り口を変更しているので、別作品のように楽しめる。 当初は白く、無垢なイ... ...続きを読む

    ローチ ローチさん  2018年2月26日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ガーリーカルチャーのカリスマ、コッポラの分岐点になる作品 同じく閉ざされた門の内側で生きる王妃の日常を屈託なく描いた代表作「マリー・アントワネット」とは似て非なるソフィア・コッポラ作品。決壊寸前の閉塞感が、傷つき、匿われた兵士が放つ雄の匂いをビリビリと... ...続きを読む

    MP MPさん  2018年2月25日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • いつものソフィア作品と似ているようで、かなり違う 女性集団の中で織り成されていく空気。その一点で見るといつものソフィア・コッポラ作品と全く変わらない。ただ、この空気が永遠に続くのかと思いきや、今回はかなり大きなドラマが巻き起こる。ジャンル的にも... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2018年2月22日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi