第59回 カンヌ国際映画祭(2006年)

コンペティション部門Competition

出品作品
麦の穂をゆらす風 ケン・ローチ
バベル アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
Cro'nica de una fuga (Buenos Aires, 1977) Adrian Caetano
パンズ・ラビリンス ギレルモ・デル・トロ
ファーストフード・ネイション リチャード・リンクレイター
フランドル ブリュノ・デュモン
うつろいの季節(とき) ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
夫婦の危機 ナンニ・モレッティ
デイズ・オブ・グローリー ラシド・ブシャル
コロッサル・ユース ペドロ・コスタ
L'Amico di famiglia (The Family Friend) パオロ・ソレンティーノ
La Raison du plus faible (The Law of the Weakest) リュカ・ベルボー
街のあかり アキ・カウリスマキ
マリー・アントワネット ソフィア・コッポラ
Quand j'etais chanteur (The Singer) グザビエ・ジャノリ
Red Road アンドレア・アーノルド
Selon Charlie (Charlie Says) ニコール・ガルシア
サウスランド・テイルズ リチャード・ケリー
天安門、恋人たち ロウ・イエ
ボルベール 帰郷 ペドロ・アルモドバル

パルムドールPalme d'or

麦の穂をゆらす風 ケン・ローチ

グランプリGrand Prix

フランドル ブリュノ・デュモン

監督賞Prix de la mise en scene

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ バベル

脚本賞Prix du scenario

ペドロ・アルモドバル ボルベール 帰郷

女優賞Prix d'interpretation feminine

チュス・ランプレアベ
ヨアンナ・コバ
カルメン・マウラ
ロラ・ドゥエニャス
ブランカ・ポルティージョ
ペネロペ・クルス
ボルベール 帰郷

男優賞Prix d'interpretation masculine

ジャメル・ドゥブーズ
サミー・ナセリ
ロシュディ・ゼム
ベルナール・ブランカン
サミ・ブアジラ
デイズ・オブ・グローリー

審査員賞Prix du Jury

Red Road アンドレア・アーノルド

カメラドールCamera d'or

カメラドールCamera d'or

A FOST SAU N-A FOST? コルネリュ・ポルンボユ

ある視点部門Un Certain Regard

出品作品
977 Nikolay Khomeriki
スキャナー・ダークリー リチャード・リンクレイター
Bihisht faqat baroi murdagon (To Get to Heaven First You Have to Die) ジャムシェド・ウスマノフ
Bled Number One (Back Home) Rabah Ameur-Zaimeche
世界の終わりの過ごし方 (原題:Cum mi-am petrecut sfarsitul lumii) Catalin Mitulescu
哀しみのバイオリン (原題:El violin) Francisco Vargas
Gwai wik (Re-cycle) オキサイド・パン
ダニー・パン
Hamaca paraguaya (Paraguayan Hammock) Paz Encina
結婚演出家 マルコ・ベロッキオ
La Californie (French California) ジャック・フィエスキ
譜めくりの女 ドゥニ・デルクール
Luxury Car ワン・チャオ
Meurtrieres (Murderers) パトリック・グランペレ
パリ、ジュテーム ブリュノ・ポダリデス
グリンダ・チャーダ
ガス・バン・サント
ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
ウォルター・サレス
ダニエラ・トマス
クリストファー・ドイル
諏訪敦彦
シルバン・ショメ
アルフォンソ・キュアロン
オリビエ・アサイヤス
オリバー・シュミッツ
リチャード・ラグラベネーズ
ビンチェンゾ・ナタリ
ウェス・クレイブン
トム・ティクバ
フレデリック・オービュルタン
ジェラール・ドパルデュー
アレクサンダー・ペイン
サルバドールの朝 マヌエル・ウエルガ
Serambi Garin Nugroho
Lianto Luseno
Tonny Trimarsanto
Viva Westi
Suburban Mayhem ポール・ゴールドマン
タクシデルミア ある剥製師の遺言 パールフィ・ジョルジ
Ten Canoes ロルフ・デ・ヒーア
許されざるもの ユン・ジョンビン
明日、君がいない ムラーリ・K・タルリ
Uro Stefan Faldbakken
森の生活 (原題:You Am I) Kristijonas Vildziunas
Z odzysku (Retrieval) Slawomir Fabicki

ある視点部門 最優秀作品賞Prix Un Certain Regard - Fondation Groupama Gan pour le Cinema

Luxury Car ワン・チャオ

ある視点部門 審査員特別賞Prix special du Jury Un Certain Regard

Ten Canoes ロルフ・デ・ヒーア

ある視点部門 女優賞Prix d'interpretation feminine Un Certain Regard

ドロテーア・ペトレ 世界の終わりの過ごし方 (原題:Cum mi-am petrecut sfarsitul lumii)

ある視点部門 男優賞Prix d'interpretation masculine Un Certain Regard

アンヘル・タビラ 哀しみのバイオリン (原題:El violin)

ある視点部門 審査員長賞Prix du President du Jury Un Certain Regard

Meurtrieres (Murderers) パトリック・グランペレ

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. ポン・ジュノ監督「殺人の追憶」のモチーフとなった連続殺人事件、34年に及ぶ捜査に終止符

    1

    ポン・ジュノ監督「殺人の追憶」のモチーフとなった連続殺人事件、34年に及ぶ捜査に終止符

    2020年7月3日 17:30
  2. アン・ハサウェイが告白 ノーラン監督が撮影現場で禁止するのは携帯電話と…?

    2

    アン・ハサウェイが告白 ノーラン監督が撮影現場で禁止するのは携帯電話と…?

    2020年7月3日 11:00
  3. 橋本環奈&山本美月、福田雄一監督「新解釈・三國志」参戦! 美しき“最強の妻”役に

    3

    橋本環奈&山本美月、福田雄一監督「新解釈・三國志」参戦! 美しき“最強の妻”役に

    2020年7月3日 10:00
  4. 東山紀之、10年ぶりの映画主演でモテない独身男に! 日本版「おとなの事情」21年1月公開

    4

    東山紀之、10年ぶりの映画主演でモテない独身男に! 日本版「おとなの事情」21年1月公開

    2020年7月3日 05:00
  5. “時間”から脱出し第三次世界大戦の危機に立ち向かう! 「TENET」最新スポット映像&新場面写真

    5

    “時間”から脱出し第三次世界大戦の危機に立ち向かう! 「TENET」最新スポット映像&新場面写真

    2020年7月3日 08:00

今週