アキ・カウリスマキ

アキ・カウリスマキ
英語表記
Aki Kaurismaki
誕生日
1957年4月4日
出身
フィンランド

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

フィンランドを代表する名匠。ヘルシンキ大学在学中に独学で映画を学び、映画批評家としてキャリアをスタートさせる。その後、脚本家や助監督としても働くようになり、1981年、兄で映画監督のミカ・カウリスマキとともに制作会社ビレアルファを設立し、ドキュメンタリー映画を共同で製作する。83年、劇映画初監督作「罪と罰」を発表。「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」(89)以降は日本でも映画ファンの支持を集める。その後、「パラダイスの夕暮れ」(86)、「真夜中の虹」(88)、「マッチ工場の少女」(90)からなる“労働者3部作”、「浮き雲」(96)、「過去のない男」(02)、「街のあかり」(06)で構成される“敗者3部作”などを発表。 「過去のない男」(02)ではカンヌ国際映画祭のグランプリを受賞した。その後、“難民3部作”の第1作となる「ル・アーヴルの靴みがき」(11)を発表し、第2作「希望のかなた」(17)でベルリン国際映画祭の銀熊賞(監督賞)に輝いた。

関連作品(映画)

アキ・カウリスマキの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

アキ・カウリスマキの受賞歴の詳細を見る

関連動画・予告編

アキ・カウリスマキの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

アキ・カウリスマキの関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「アキ・カウリスマキ」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る