希望のかなた

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
希望のかなた
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フィンランドの名匠アキ・カウリスマキが、前作「ル・アーヴルの靴みがき」に続いて難民問題をテーマに描き、2017年・第67回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞したヒューマンドラマ。シリア人の青年カリードは内戦が激化する故郷を追われ、生き別れた妹を捜すうちにヘルシンキに流れ着く。内戦で全てを失ったカリードにとって、妹を捜し出すことだけが唯一の望みだった。ヨーロッパ全体を悩ませる難民危機の影響か、無情にも難民申請を却下され、いわれのない差別や暴力にさらされるカリードだったが、レストランを営むビクストロムに助けられ、彼の店で働くことに。ビクストロムもまた、行き詰った過去を捨てて人生をやり直そうとしていた。ビクストロム役に「過去のない男」のサカリ・クオスマネン。

2017年製作/98分/G/フィンランド
原題:Toivon tuolla puolen
配給:ユーロスペース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)SPUTNIC OY, 2017

映画レビュー

4.0カウリスマキの覚悟ゆえに淋しい

2017年12月31日
PCから投稿

悲しい

楽しい

もともと貧困や格差の問題を作品に織り込んできたカウリスマキだが、前作『ル・アーブルの靴みがき』で難民の問題に正面から取り組んだことで、完全にスイッチが入ったように思う。『希望のかなた』は前作よりもカウリスマキ本来のテイストが強い作品に思うが、同時に難民の現実をきちんと描くことなくこのテーマは扱えないと覚悟を決めたに違いない。

とぼけたユーモアともの悲しさと確固たる人生哲学がカウリスマキの特徴とすれば、今回の映画はリアルな社会問題をみごとにカウリスマキの意匠に落とし込んだ。その点では『ル・アーブル』より完成度も純度も高いカウリスマキ映画だと思う。

しかし、だ。その完成度の高さ故に、今後はカウリスマキというフィルターを通して灰色がかったファンタジーを眺めるあの感覚は味わうことができないとも言える。カウリスマキの覚悟には感嘆するし応援もするが、はかない夢のようなカウリスマキの世界で現実逃避をする愉悦は過去のものになった。そうさせてしまったこの世界と自分たちを憎む。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バッハ。

4.0揺れる世界を描きつつも、いつもと変わらないカウリスマキの視座

2017年12月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

悲しい

かつては、カウリスマキの新作が劇場でかかるたびに「彼はいつも変わらないな」とニヤニヤしながら心でそう感じる自分がいたが、この映画にはこれまでと同じような「変わらなさ」と共に、あのマイペースなカウリスマキ監督からは想像できないようなグローバルな視点が介在しているのに驚かされる。かくも彼が紛争や難民についてこれほど深く視点を注いだことがこれまでにあっただろうか。

本作は決して夢見がちで希望や感動をもたらすことはない。だがその代わりに、物語が展開するごとに小さな化学変化が絶え間なく生じているのに気づかされる。あの行方不明の妹を救いたいとする主人公の思いや、仏頂面の登場人物たちがかすかに見せる優しさ、心遣い。それらが一つ一つバトンを繋ぐように社会を織り成していく視点が尊く心に響く。今回もカウリスマキは観る者の心に仄かな火を灯して去っていった。あのラストの向こうを切り開くのはきっと我々自身なのだ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら

4.5難民問題にユーモアと人情で切り込む

ローチさん
2017年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

幸せ

カウリスマキの新作は、前作に続いて難民問題というシビアな題材を取り上げているが、いつもの彼流のユーモアセンスと人情劇で、温かな気持ちで観られる秀作になっている。

不法滞在となったシリア人青年を、無条件で自分のレストランに雇い入れる主人公。警察の手入れの時も、従業員たちも何も言わずに協力して彼を匿う。なぜ彼らがそこまで親切なのかの説明はひとつもない。ただ、そうすることが人間として当然、と言わんばかりに。

唐突にレストランを日本食に改造するシーンは爆笑を誘う。本筋のストーリーに必要なさそうにも思えるが、無駄のある笑いも心地よく感じさせるし、監督の日本愛を感じる。

わびさび感じる寂寥感に独特のテンポのユーモアも健在。シビアな欧州の難民問題に、笑いと人情で立ち向かう監督の姿勢がとても素敵だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ローチ

4.0ジミ・ヘンドリックスとワサビネタ

kossyさん
2019年7月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 石炭の中から徐に登場したシリア人カーリド・アリ。密入国、しかし彼の説明によれば、トルコ国境を越え、ギリシャ、ポーランド、リトアニアなどの東欧諸国を超え、ネオナチから痛めつけられたため逃げ込んだ船がたまたまフィンランドに着いたとのこと。真っ先にすることは警察で難民申請することだった。収容所で知り合ったイラクから来たマズダックと友達になり、生き別れた妹を探すために携帯を借りて、あちこちに連絡するのだ。

 フィンランド解放軍と銘打ったジャンパーを着た、明らかに右翼かネオナチのような男3人組。映画の中でこいつらだけは排他的偏見の持ち主で、カーリドを見た途端にいじめ抜く憎々しい奴らだ。ヨーロッパで難民問題が深刻化する中、警察など行政側の人間は追い出そうと躍起になるものの、市井の人たちは皆優しく、彼らに救いの手を差し伸べる。特に妹を見つけた連絡を受け取り、密入国に協力した長距離トラックの運転手が報酬を受け取らなかったところで泣けてくる。

 カーリドの描写と同時進行で、酒浸りの妻に別れを告げ、商売替えしてレストラン経営を試みる中年ヴィクストロムが描かれる。深刻な状況のカーリドとは対極で、店のシャツを売りさばいた金を使い、のんきなことに闇賭博のポーカーで手持ちの金を倍増させる。駐車場の出口でカーリドとは遭遇しているが、強制送還からの逃亡中に店のごみ置き場で一発ずつ殴り合って一気に打ち解けた二人。従業員として迎え入れた上に偽造身分証まで作るという手厚さを見せてくれるヴィクストロムだ。なんだ、いいオヤジじゃん。

 敗者三部作の次は難民三部作と位置付けたカウリスマキ監督。まだまだ未見の作品ばかりですが、この作品も日本びいきのシーンがいっぱいあって、特にレストラン“ゴールデン・パイント”を寿司店“インペリアル・スシ”に変えるところは笑える。ワサビもネタ以上に大きいし、「いらっしゃいませ」と日本語で客を迎え入れる。音楽も渋いブルースの弾き語りから日本歌謡曲までと魅力満載です。調べると、篠原敏武の演奏する「竹田の子守唄」とありました。

 最後は悲しい出来事がありましたけど、結末はわかりません。このまま病院へ行っても偽造証明書がばれて、たちまち強制送還か、それとも死か。友人となったマズダックは看護師の資格を持っていたはずで、彼に頼ればなんとかなったのかも・・・と、色々想像できる余韻を残してくれます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全60件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る