アデル・エグザルコプロス

アデル・エグザルコプロス
英語表記
Adele Exarchopoulos
誕生日
1993年11月20日
出身
フランス/パリ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

仏パリ出身。父親はギリシャ系フランス人でギターの教師、母親はフランス人の看護師。9歳から演技のレッスンを始め、05年の中編映画「Martha(原題)」で女優デビュー。以降、仏女優ジェーン・バーキンが監督した長編映画「Boxes(原題)」(07)のほかTVドラマにも出演し、08年の映画「Les Enfants de Timpelbach(原題)」では主演を務め仏国内で注目を集める。メラニー・ロランとジャン・レノが共演した映画「黄色い星の子供たち」(10)に出演し、「カレ・ブラン」(11)ではジュリー・ガイエの少女時代を演じた。13年の「アデル、ブルーは熱い色」では女性と恋に落ちる主人公の女子高生アデルを演じ、カンヌ映画祭最高賞パルムドールを、アブデラティフ・ケシシュ監督と、ともに主演したレア・セドゥーの3人で受賞するという快挙を成し遂げ、19歳にして世界的な名声を手に入れる。その後は、俳優ショーン・ペンがメガホンをとる「The Last Face(原題)」(公開時期未定)に出演する。

関連作品(映画)

アデル・エグザルコプロスの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

アデル・エグザルコプロスの受賞歴の詳細を見る

写真・画像

アデル・エグザルコプロスの写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

アデル・エグザルコプロスの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

アデル・エグザルコプロスの関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「アデル・エグザルコプロス」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る