ムーンライト

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ムーンライト
16%
49%
28%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

マイアミを舞台に自分の居場所とアイデンティティを模索する少年の成長を、少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3つの時代構成で描き、第89回アカデミー賞で作品賞ほか、脚色賞、助演男優賞の3部門を受賞したヒューマンドラマ。マイアミの貧困地域で暮らす内気な少年シャロンは、学校では「リトル(チビ)」と呼ばれていじめられ、家庭では麻薬常習者の母親ポーラから育児放棄されていた。そんなシャロンに優しく接してくれるのは、近所に住む麻薬ディーラーのフアン夫妻と、唯一の男友達であるケヴィンだけ。やがてシャロンは、ケヴィンに対して友情以上の思いを抱くようになるが、自分が暮らすコミュニティではこの感情が決して受け入れてもらえないことに気づき、誰にも思いを打ち明けられずにいた。そんな中、ある事件が起こり……。母親ポーラ役に「007」シリーズのナオミ・ハリス、麻薬ディーラーのフアン役にテレビドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」のマハーシャラ・アリ。プロデューサーとしてアカデミー賞受賞作「それでも夜は明ける」も手がけたブラッド・ピットが製作総指揮。本作が長編2作目となるバリー・ジェンキンスがメガホンをとった。

2016年製作/111分/R15+/アメリカ
原題:Moonlight
配給:ファントム・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第74回 ゴールデングローブ賞(2017年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  

ノミネート

最優秀助演男優賞 マハーシャラ・アリ
最優秀助演女優賞 ナオミ・ハリス
最優秀監督賞 バリー・ジェンキンス
最優秀脚本賞 バリー・ジェンキンス
最優秀作曲賞 ニコラス・ブリテル
詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2016 A24 Distribution, LLC

映画レビュー

5.0人種、ジェンダー、マッチョ幻想

ローチさん
2017年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

黒人差別を扱った作品は数多くあれど、黒人コミュニティのなかの男らしさを強要するようなジェンダー差別に切り込んだ作品は、滅多にない。弱い者たちが夕暮れ、さらに弱いものを叩く。差別の被害者たちもどこかで別の対象を差別している。

本作は、人種的マイノリティの中のさらにジェンダー的にマイノリティの主人公が受ける何重もの苦難を描きながら、美しい恋愛映画でもある。
黒人男性社会のなかのマッチョ幻想はかくも息苦しい。ゲイでひ弱な主人公は、大人になるとマッチョの鎧を着込み、「いかにも」な外見になっている。そうして鎧をまとっていなければ生きられないコミュニティなのだ。
そんな彼が鎧を脱げるのは愛する相手の前でのみ。金歯のグリルを外すシーンが象徴的だ。

人種差別だけではなく、同性愛差別、そして男性社会のマッチョ幻想の抑圧をも描き、愛することの素晴らしさを説く。人が寛容になるために必要なものはなんだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
ローチ

4.0誰のもとにも優しく降り注ぐ、普遍性に満ちたラブストーリー

2017年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

息が止まりそうなほど静かで美しい。オスカーを受賞したことを一旦忘れて、ニュートラルな心持ちでじっくりと味わいたくなる作品だ。

ドラッグ、過酷ないじめ、母親による育児放棄、同性愛といった、どれひとつ取っても重くのしかかってくるような題材を描きながらも、独自の色彩美と、月明かりに照らされ胸の中まで透き通っていくかような神秘的な趣が全ての存在を包み込んでいく。決して社会派ドラマなどではなく、これは自分の人生に影響を与えた様々な人たちに向けた純粋なるラブストーリーなのだ。そこにはもはやLGBTという言葉すら必要とすることはない。月明かりが誰のもとにも優しく降り注ぐように、観る人を分かつことのない普遍性がどこまでも広がっている。

登場人物は少ないが、誰もが印象的だった。彼らもまた、それぞれが月のように独自の輝きを放ち、様々な意味で主人公を照らす。人が歳を重ねて、成長していくことの意味を改めて教えられたような気がした。

コメントする
共感した! (共感した人 20 件)
ぐうたら

5.0抑制がもたらす興奮はかくも強烈なのか!?

MPさん
2017年3月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 18 件)
MP

4.5【2019年秋、今にして改めて考える今作がアカデミー賞作品賞を受賞した理由】

NOBUさん
2019年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

幸せ

 切ないが心に沁みる作品である。

 幼年期から青年期のシャロンを演じる3人の役者(幼少期:アレックス・ヒバート、”リトル”という綽名で苛められる内気な男の子、高校生(アシュトン・サンダース)苛めに加え母親ポーラ(ナオミ・ハリス)は麻薬に溺れている。青年期のシャロン(トレヴァンテ・ローズ)の体格も大きくなった精悍な姿の変遷に魅入られる。

 この幼少期のシャロンを支える麻薬のディーラー、フアン(マハーシャラ・アリ)と恋人のテレサ(ジャネール・モネイ)。
 フアンがシャロンを海に誘い、泳ぎ方を教えている際に掛ける言葉”自分の道は自分で決めろよ”という言葉、テレサが掛ける言葉”愛と自信を持つ事”

 彼らが何故に縁もゆかりもないシャロンを暖かく受け入れた理由は映画をきちんと見ていれば良く分かる。

 ここまでで、マハーシャラ・アリの魅力に魅入られる。(途中で、亡くなっていることが分かるが詳細は語られない)

 高校生時のシャロンとケヴィンとの関係も美しい月明かりの中、仄かに描かれる。

 青年期のシャロン(トレヴァンテ・ローズ)は今までのか細い面影はなく、鍛えれらた体とグリルの金歯を装着し、フアンと同じ麻薬ディーラーになっている。変貌の背景は詳しくは語られない。

 一方、大人になったケヴィン(アンドレ・ホーランド)はしがないダイナーの料理人になっている。

 幼少期思い合っていた二人が青年期に出合い、関係性の変化に戸惑いつつも、且つての関係を思い出す場面や、シャロンが施設に入っている母親と再会するシーンの切なさよ。

<白すぎるオスカーに対する世論は確かにあっただろうが、あの月光降り注ぐ中のシャロンとケヴィンのブルーに輝く姿を観てしまった者には、”「ラ・ラ・ランド」と今作2作作品賞受賞でも良かったのではないかなあ”と思った作品。>

 プランB製作。バリー・ジェンキンス監督作品。
 バリー・ジェンキンス監督は、この後作る作品も振れていない。

<2017年5月13日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全295件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る