劇場公開日 2017年3月31日

  • 予告編を見る

ムーンライトのレビュー・感想・評価

3.5319
16%
50%
28%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全319件中、1~20件目を表示

5.0人種、ジェンダー、マッチョ幻想

2017年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

黒人差別を扱った作品は数多くあれど、黒人コミュニティのなかの男らしさを強要するようなジェンダー差別に切り込んだ作品は、滅多にない。弱い者たちが夕暮れ、さらに弱いものを叩く。差別の被害者たちもどこかで別の対象を差別している。

本作は、人種的マイノリティの中のさらにジェンダー的にマイノリティの主人公が受ける何重もの苦難を描きながら、美しい恋愛映画でもある。
黒人男性社会のなかのマッチョ幻想はかくも息苦しい。ゲイでひ弱な主人公は、大人になるとマッチョの鎧を着込み、「いかにも」な外見になっている。そうして鎧をまとっていなければ生きられないコミュニティなのだ。
そんな彼が鎧を脱げるのは愛する相手の前でのみ。金歯のグリルを外すシーンが象徴的だ。

人種差別だけではなく、同性愛差別、そして男性社会のマッチョ幻想の抑圧をも描き、愛することの素晴らしさを説く。人が寛容になるために必要なものはなんだろうか。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 21 件)
杉本穂高

4.0誰のもとにも優しく降り注ぐ、普遍性に満ちたラブストーリー

2017年3月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

息が止まりそうなほど静かで美しい。オスカーを受賞したことを一旦忘れて、ニュートラルな心持ちでじっくりと味わいたくなる作品だ。

ドラッグ、過酷ないじめ、母親による育児放棄、同性愛といった、どれひとつ取っても重くのしかかってくるような題材を描きながらも、独自の色彩美と、月明かりに照らされ胸の中まで透き通っていくかような神秘的な趣が全ての存在を包み込んでいく。決して社会派ドラマなどではなく、これは自分の人生に影響を与えた様々な人たちに向けた純粋なるラブストーリーなのだ。そこにはもはやLGBTという言葉すら必要とすることはない。月明かりが誰のもとにも優しく降り注ぐように、観る人を分かつことのない普遍性がどこまでも広がっている。

登場人物は少ないが、誰もが印象的だった。彼らもまた、それぞれが月のように独自の輝きを放ち、様々な意味で主人公を照らす。人が歳を重ねて、成長していくことの意味を改めて教えられたような気がした。

コメントする
共感した! (共感した人 22 件)
牛津厚信

5.0抑制がもたらす興奮はかくも強烈なのか!?

2017年3月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 18 件)
清藤秀人

4.5優しさと弱さ

2020年11月5日
iPhoneアプリから投稿

ビールストリート…でも感じたけど、この監督さんは弱者の黒人キャラの魅力を引き出すのが上手い。

単純に、役者が良い表情してるから魅力に感じるし

黒人だけが差別されてるわけじゃないし、黒人だって、他の人種をバカにしたり差別したりしてる。

みんな、一緒だし、みんな、違う。

そんなメッセージも伝わってきた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
シゲ・ハール

4.0ブルー

hopeさん
2020年11月3日
iPhoneアプリから投稿

映像、音楽とても綺麗でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hope

4.5とてつもないラブストーリー

2020年9月24日
iPhoneアプリから投稿

胸が痛くなるラブストーリー
生き方を選ぶことが難しい現実において唯一選ぶ愛する相手、それを思い続けることを尊さがあった

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tete@cinema

2.5自分には合わない

bionさん
2020年9月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
bion

3.5アカデミー賞作品

M hobbyさん
2020年7月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

アカデミー賞受賞作品となった本作。
それだけ期待度も上がって、みる前からハードルを勝手にあげたのだが、どうも世間の評価ほど自分の評価は上がらず。

内容としては、確かに今まで見たホモセクシャルを題材にした映画の中では新鮮な物語の進み具合ではあったけれど、今ひとつ自分の心にぐっとくるものが足りず。

面白いし、良い映画だけれどわざわざ勧めようとは思わなかった、、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
M hobby

2.0映像としては素晴らしい。期待のA24だが、

2020年7月12日
iPhoneアプリから投稿

映像としては素晴らしい。これぞ第七芸術。
期待のA24だ。wavesが公開され見に行ったがあれは
傑作だった。しかしこの作品は好きではない。
つまりシナリオが好きではなかった。
美しい映像芸術があってこその映画である。
シナリオが何か物足りない。そして、個人的に性的な
表現をあまり受け付けない私には酷くダメージがあった。映像が美しいから尚更である。リアリティがあるのはいいかもしれないが、それは刺激的な映画に合うからで、この映画にその演出は合っていない。
美しい映像の太平洋戦争辺りの映画をみているようだった。今の人の感性には合う合わないが大きく分かれる映画だろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
映画研究中の23歳芸大生

2.0馬鹿野郎そういう映画かよ

2020年7月9日
PCから投稿

ホモシーンにはちょっと耐えられない。 r-指定みたいにホモシーンがある映画は事前に警告してほしい。400円無駄に使っちまったよ返せや。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KIDOLOHKEN

3.0特に惹かれなかった

こむゆさん
2020年6月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

アカデミー賞受賞作品という事で、楽しみに見たのですが、何が良かったかというと、イマイチ探さないと分からなかったです。
自身のタイプの映画ではなかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こむゆ

4.5おもろかった

2020年6月21日
iPhoneアプリから投稿

おもろかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
金子和令

4.0久しぶりに超純愛映画を観た

nekoさん
2020年6月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

何だか切ないよねー。
自分で選択することが重要と分かりつつも、どうにもできない環境の影響下を出る事ができない。
全ての人が、親の影響を良い意味でも悪い意味でも受け、そこに縛られ続ける。
それでも生きていくのだと。
そんな暮らしの中、一瞬生まれた純愛も儚く潰えていく。
その純粋な想いは時を経て‥
久しぶりに、純愛映画を観てしまいました。
全く派手な描写はないけれど、全編がじわーっと心に染みる。良い映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
neko

4.5抑えた表現に疼く興奮

2020年6月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

たったこれだけの内容で
ミニマルな作り
そして力技
幼少期、少年期、青年期の
3人のキャストが素晴らしい
よく揃ったと思う…
瞳、肌、身体
海、砂、月
どれも美しい

あたしは無知で何も知らないのだけど
ゲイの成り立ちがわかったような気がする

それにしても
台詞(言葉)が少ない
彼らは持ってる言葉が少ないのかな
暴力を振るうのは自分を表現する言葉を持たないからだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako

5.0A24はいい作品が多い

タイガさん
2020年6月4日
スマートフォンから投稿

単純

幸せ

萌える

『この映画こそが我々が映画を観る理由なのだ。』

というニューヨーク・タイムアウト誌のコメントが全てを物語るように、この映画は観ることに意味がある。

世界は広く、さまざまな社会問題が蔓延しているが、そこに隠れたテーマに、美しい比喩表現が加わった見事なコントラストを描き出している。パッケージの通り、この映画もまた月の光に照らされているのだ。
五感を使えば、当時の映画の記憶は鮮明に覚えている。成人になったシャロンと共に車の中に旧友を送り届ける最中に、食べていたキャラメルポップコーンの味わいを。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タイガ

3.5みんな違ってそれでいい

shinさん
2020年5月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

この映画がアメリカで公開されたのが2016年。わたしは昨日、2020年に、録画したものを観た。

この映画が公開されてから4年。世の中はどのくらい偏見に対して変わっているだろうか。

相変わらず肌の色や性嗜好に対しての先入観は根深い。

この映画では、誰が正義で誰が悪か、なんて教えてくれない。何も語らなかった。

主人公の生き方、彼を取り巻く人たちの生き方、彼らの生き方はアメリカでは日常の一部と化しているのだろうか。

アート色が強く観るものに判断を委ねる映画だったと思うが、彼らを特別視するのではなく、彼らが生きやすい世の中になるにはどうしたら良いのか。特に主人公の母親には救いの手を差し伸べたくなった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shin

3.0枠にはまらない

ちかしさん
2020年5月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

さすがA24、その一言に尽きる作品だと思う。正直、自分には刺さらなかったけど、価値のある作品であることは伝わった。
黒人映画とか、ゲイの映画とか言われてるけど、黒人映画っていうのはそれこそ「グリーンブック」のような黒人が白人社会で苦労して生きるのを描くもので、LGBTQの映画もそうである。
これは、そのどこにも焦点は当てていない。あくまで、それらの特徴を持った少年の成長期である。様々な困難を乗り越えて、ありのままの自分を受け入れてくれる、愛する人を見つけるまでの旅の話。誰でも経験すること。その「普通」を美しく描いてることこそに、この映画の本質はあるのでは?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちかし

4.0繊細な、あまりにも

2020年5月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

悲しい

繊細で、ずっと胸が痛かった

なぜだろう

どうしようもなかったんだよね。

思っていたのと、違った、映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
昔から映画好き

2.5救いがない

EGGさん
2020年4月26日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
EGG

3.5そうするしかないどうにもできない辛さ

2020年4月19日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
movie mamma
「ムーンライト」の作品トップへ