アンダー・ザ・シルバーレイク

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
アンダー・ザ・シルバーレイク
12%
43%
29%
11%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「イット・フォローズ」で世界的に注目を集めたデビッド・ロバート・ミッチェル監督が、「ハクソー・リッジ」「沈黙 サイレンス」のアンドリュー・ガーフィールド主演で描いたサスペンススリラー。セレブやアーティストたちが暮らすロサンゼルスの街シルバーレイク。ゲームや都市伝説を愛するオタク青年サムは、隣に住む美女サラに恋をするが、彼女は突然失踪してしまう。サラの行方を捜すうちに、いつしかサムは街の裏側に潜む陰謀に巻き込まれていく。「私たちは誰かに操られているのではないか」という現代人の恐れや好奇心を、幻想的な映像と斬新なアイデアで描き出す。サラ役に「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のライリー・キーオ。

2018年製作/140分/R15+/アメリカ
原題:Under the Silver Lake
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • エヴァリー
  • 桜金造の怪談 実録!死ぬほど怖い話
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
  • ハードコア
  • デッド・ハーツ
  • フリーキッシュ 絶望都市
  • ABC・オブ・デス2
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2017 Under the LL Sea, LLC

映画レビュー

3.5ロサンゼルスらしい物語

ローチさん
2018年11月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

この映画の舞台であるロサンゼルスに住んでいたことがあるが、本作を観て懐かしい感慨を覚えた。イカれた物語だと思われるかもしれないが、ロサンゼルスは実際にイカれた街だし、イカれた人間がたくさん住んでいる。本当にああいう街なのだ。奇妙奇天烈な物語だけど、とてもリアルだ。

本作はたくさんの引用があるので、参考にできる作品はいくつもあるが、わかりやすい対比ができるという点で、『ラ・ラ・ランド』は観ておくといいだろう。ロスは年中太陽の出ている街で光にあふれている。光があれば影もできる。『ラ・ラ・ランド』は光で本作は影だ。それを端的に示した構図もいくつか見られる。

もう一つはトマス・ピンチョンの『LAヴァイス』だろう。多くの引用からなるロスを舞台にしたミステリーものという点で本作の先輩のような作品だ。ロスは多くの探偵ものや刑事ものの小説を生んでいる街だ。犯罪の闇とハリウッドの光の落差があの街の魅力なのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ローチ

3.5魔都ロサンゼルスの最新レポート

2018年10月31日
PCから投稿

笑える

楽しい

知的

正直、この映画を理解した気はまったくないし、事細かに読み込もうという欲求が起きたわけでもない。いくつかのネタや引用は知っているし、それ以上にまったく知らないネタがわんさか散りばめられていて、そりゃあ知っている分だけお楽しみも多いだろうが、ディテールのひとつひとつを追い込んだところで、全体像が分かる気がしない、というのもある。

では詰まらないかというと、そんなことはまったくなくて、あらゆるシーンが面白いし、古さと新しさがごっちゃになった酩酊感はクセになる。

そしてなによりも、ハードボイルド映画の伝統と呼ぶべき「魔都ロサンゼルスめぐり」の物語であり、カラリとした空気と太陽に照らされた街がなぜか禍々しい迷宮であるというモチーフは、得体が知れないからこそ魅惑されるものがある。「ヘンな街だなあ」と実感するためにもちょっとでもいいからロサンゼルスに住んでみたいと、まんまと思わされた。白旗。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
バッハ。

4.0好きな人にはハマるが、やや詰め込みすぎな印象も

AuVisさん
2018年10月15日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

知的

クローネンバーグやサム・ライミやイーライ・ロスのような、やり過ぎで笑うほどのグロ描写が出てくるので、苦手な人は要注意。しかも、前作のホラー「イット・フォローズ」ではその手の強烈な表現がほぼなかったし(最初の犠牲者の死にざまはギョッとしたが)、本作はオフビート気味でユーモアもまぶしたサスペンスだから大丈夫だろうと安心していると、余計に意表を突かれる。

過去の映画の引用とオマージュが特盛で、さらに音楽、ゲーム、コミックのネタ(ガーフィールドのスパイダーマンネタは笑った)まで次々と。それらの元ネタの紹介や概説だけでも一冊の本になるボリュームだ。ただ、主に失踪したサラの行方を探す手がかりとしてそれらは登場するが、詰め込みすぎな印象も受ける。カンヌのコンペに出品されたが反応がいまいちで、米国では公開を延期して編集し直すことになった。おそらく過激描写を削ってレイティングを下げるのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
AuVis

2.0ぼかしあり。うんこにぼかし無し。意味不明

2020年5月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
個人的下書き
すべての映画レビューを見る(全104件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る