アンダー・ザ・シルバーレイク 特集: 【編集部&映画ファン超待望】傑作「イット・フォローズ」監督の最新作リンチ?ヒッチコック?P・T・アンダーソン?いや違う──本作は、あなたの“映画経験にない”新感覚ネオノワール・サスペンス!

ホーム > 作品情報 > 映画「アンダー・ザ・シルバーレイク」 > 特集 > 【編集部&映画ファン超待望】傑作「イット・フォローズ」監督の最新作リンチ?ヒッチコック?P・T・アンダーソン?いや違う──本作は、あなたの“映画経験にない”新感覚ネオノワール・サスペンス!
メニュー

アンダー・ザ・シルバーレイク

劇場公開日 2018年10月13日
2018年10月1日更新

【編集部&映画ファン超待望】傑作「イット・フォローズ」監督の最新作
リンチ? ヒッチコック? P・T・アンダーソン? いや違う──
本作は、あなたの“映画経験にない”新感覚ネオノワール・サスペンス!

画像1

ずっとつきまとう“それ”の恐怖を描き、全世界でスマッシュヒットした「イット・フォローズ」の監督が、とんでもない映画を携えて帰ってきた! その名は、「アンダー・ザ・シルバーレイク」(10月13日公開)。米ハリウッド近くの“芸術の街”シルバーレイクを舞台に、オタク青年が美女の失踪事件を追う物語だ。この映画、まるで普通じゃない! ドラッギーでサイケな映像、ちりばめられた謎、デビッド・リンチやヒッチコックの引用……底抜けに奇妙で怪しい世界に、あなたは魅入られ、溺れてしまう――。


A24、ニルヴァーナ、ヒッチコック、ニンテンドーにA・ガーフィールド──
[“私たち”映画ファンが本作を待ち望んでいる10個の理由]

画像2

映画ファンであれば、この作品を無視することはできない――。数え切れないほどの“見るべき理由”が備わっているからだ。鬼才デビッド・ロバート・ミッチェル監督の“メジャーデビュー作”、エッジーで多層的な世界観、映画・音楽・漫画・ゲームといったポップカルチャーの要素……我々は苦心の末に、膨大なトピックを10個にまで絞った。「これまでにない」未体験の領域が、あなたを待ち受けている!

画像3

アメリカン・スリープオーバー」で思春期の心の機微を掬い取り、傑作「イット・フォローズ」でホラー映画に新風を吹き込むと、瞬く間に映画ファンが新作を待ち望む監督の1人になったデビッド・ロバート・ミッチェル。これまでの作風を打ち破る壮大かつ強烈な“新味映画”である本作で、価値観をぶっ飛ばす!

画像4

ハクソー・リッジ」でアカデミー賞主演男優賞候補に選出され、2018年6月には“演劇界の最高賞”トニー賞の主演男優賞に輝いた実力者アンドリュー・ガーフィールド。作品選びにたけた慧眼(けいがん)の持ち主でもある彼が主演したとなれば、“ハズレなし”は間違いない。

画像5

家賃を滞納し、毎日だらだら……。どこからどう見てもダメなゲーム好きのオタク青年が、ハリウッド中を巻き込む巨大な闇に単身挑む!? 本作は、ロサンゼルスを舞台にした変化球の“探偵もの”。美女の失踪事件に始まり、誰も見たことがない陰謀へ――。雪だるま式に膨れ上がるストーリーが秀逸!

画像6

同じハリウッドを舞台にした「ラ・ラ・ランド」の“悪夢版”とでもいうべき描写も多数。同じグリフィス天文台でロケを行いながら、真逆のシーンが展開する。駆け出し時代のコーエン兄弟など、夢追い人が多数暮らした“アートの街”に沈殿する衝撃的な陰謀の数々に、脳がみるみる浸食されていく!

画像7

成長著しい製作スタジオA24も、見逃せないポイント。「ルーム」「エクス・マキナ」「ムーンライト」「レディ・バード」など傑作を立て続けに放ってきた彼らの新作とあらば、注目しない理由を探す方が難しいというもの。我々編集部も、待ち望んでいた1本だ。

画像8

全米に先駆けて日本公開されることもあり、試写会は毎回行列状態。映画業界にとどまらず、多方面のプロが押し寄せる異例の事態に突入している! うわさがうわさを呼び、最早無視できない状態にまで膨張。我々としても、改めて作品が持つ“魔力”を実感させられた。この波はまだまだ終わらない!

画像9

5月にカンヌ国際映画祭で披露されると論争を呼び起こし、「果てしなくユニークな意欲作! ミッチェル監督の作品に、想像以上にドップリ、ハマッた」(米バラエティ)、「ハンパなくブッ飛んだ、たたかれるのを計算して作ったような野心作!」(AV Club)など、有力誌・有名サイトの識者をうならせた。

画像10

主人公が美女を観察する「裏窓」オマージュに始まり、部屋に飾られたポスター、各キャラクターが着用するTシャツ、劇中に登場する映像など、「マルホランド・ドライブ」「ボディ・ダブル」「めまい」といった過去の名作を挑戦的にサンプリング。見るほどハマる“やりこみ要素”も、選ぶべき理由だ!

画像11

世界的オルタナティブ・ロックバンド「REM」の楽曲が、つかみどころのない魅力を放った本作に一層雰囲気をプラス。さらに、主人公はカート・コバーンを崇拝しており、音楽も重要なキーとなっている。サントラでは、日本人にはおなじみのゲーム「ゼルダの伝説」の楽曲も参考にされたという!

画像12

ポスターにもある“仕掛け”が施されている。水中に沈みゆく美女をとらえたポスターには、よく見ると劇中の謎を紐解くキーアイテムの数々が潜んでいるのだ。ミッチェル監督による「観客への挑戦」は、ポスターの時点ですでに始まっている? 劇場で“答え合わせ”をしたくなる映画なのだ!


ストーリーを紐解くと──想像以上の“未経験”ばかり
【形容不能】「奇抜」「新鮮」「衝撃」、どの言葉も、この映画の前では陳腐

画像14

本作では一体、何が描かれるのか? 主軸となるのは、主人公サム(ガーフィールド)の隣人サラ(ライリー・キーオ)の失踪事件。サムは、彼女の足取りを追ううちに、華やかな街に潜む“闇”へと足を踏み入れていく。同時に、物語は奇怪な広がりを見せ始め、形容しがたい“ワンダーランド”へと変貌――。都市伝説、暗号、雑誌やレコードに隠されたサブリミナルといった要素が加わり、見る者を混乱と陶酔の境地へと導いていく。筆舌に尽くしがたい「初めて見る世界」、それこそが本作の妙味だ。

画像15

サラの失踪と同じくして、一大事件が世間をにぎわす――。大富豪や大物映画プロデューサーが、相次いで行方不明・または死亡する事件が頻発。明らかに“何か”がおかしい……。「ひょっとして、これらの事件はつながっているのか?」、疑いを強めるサムの前に、驚くべき“真実”が立ち現れる!

画像16

映画の冒頭から印象的に登場する、謎の「犬殺し」。その名の通り、なぜか犬だけを狙い、闇夜に紛れて凶行を繰り返す危険人物だ。犯行目的は? そして正体は? さらに、道路やショーウインドウにスプレーで書かれた「BEWARE THE DOG KILLER(犬殺しに用心せよ)」のメッセージの“真意”とは?

画像17

サムが本屋で手に取った一冊の本。そこには、シルバーレイクで暗躍する“梟女”の存在がほのめかされていた。姿かたちは、梟の仮面をつけた裸の女。妖艶(ようえん)な魅力で男たちを惑わし、鋭い爪でのどを切り裂き絶命させる。「そんなの、いるわけない」、そう思っていたサムだったが……!?

画像18

失踪事件を調査するサムは、さまざまなパーティに出入りし、証言集めに奔走。そのさなか、夜道を歩いているといきなり暗闇から怪しい人物が出現し、サムを震え上がらせる! だが、それは始まりに過ぎなかった……。「イット・フォローズ」を彷彿させる、身の毛もよだつ恐怖演出に戦慄させられる。

画像19

劇中で謎を解く手がかりとなるのが、「イエスとドラキュラの花嫁たち」という音楽バンドの「回る歯」と冠された意味深な楽曲。曲に隠された暗号に気づいたサムは、壮大な陰謀の解明に大きく近づくのだが……。ミッチェル監督自身が作詞を行ったこだわりの一曲は、中毒性抜群。劇場で聞きほれてほしい。

画像20

サムのアパートから見える、女性ヌーディストが暮らす“鳥屋敷”。一見、事件とは無関係に思えるものの、彼女が飼っているオウムはずっと何らかのメッセージを繰り返し発信している――。“警告”なのか、“真実”なのか? それとも“でたらめ”なのか? 真相は、あなた自身の目で見届けてほしい。

画像21

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

この映画の謎とは、このわたしの人生そのものなのではないか?
映画評論

予告編には「ヒッチコックとリンチが融合した『ラ・ラ・ランド』だ!」というコメントが載っていた。だが映画ファンならもっと別な名前を言いたくなるかもしれない。観ているうちにあの映画この映画と、かつて観た映画を次々に思い出すかもしれない。い...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す