裏窓

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
裏窓
28%
53%
17%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

 ヒッチコックの最高傑作と評される一級サスペンス。自由気ままな生活を送っていたカメラマンがケガをし、車いすの生活を強いられる。部屋から一歩も出られず暇を持て余した彼は、隣人の生活をのぞき見る楽しさを覚える。ある日、ケンカの絶えない夫婦の妻がこつ然と姿を消す。夫の行動に不審を抱いた彼は警察に相談するが……。物語は1セットで展開されるが、構成とカメラワークが秀逸で視聴者はスクリーンとの一体感さえ感じられる。

1954年製作/113分/G/アメリカ
原題:Rear Window

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • インスマスを覆う影
  • 乱歩 妖しき女たち
  • 爆裂魔神少女 バーストマシンガール
  • ハングマンズ・ノット
  • ファミリー☆ウォーズ
  • メランコリック
  • オー・マイ・ゼット!
  • トリハダ 劇場版
  • トリハダ 劇場版2
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Everett Collection/アフロ

映画レビュー

5.0主人公の目線は、観客のそれと絶妙に一致する

2019年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

怖い

知的

一言で表すと「裏窓から他人の暮らしを覗き見る」本作は、そう聞いただけでかなりアブノーマルで悪趣味な印象を受ける。が、何度か鑑賞していると、実はこれ、脚を怪我した主人公の目線は劇場観客のそれと完璧に一致し、向かい側に望むアパートはさながら劇場の舞台か、あるいは映画館のスクリーンのようにすら見えてくる。つまり、自分の気分や趣味嗜好に合わせて視点を自由に移動できる点も含めて、映画『裏窓』は、「映画鑑賞」という行為をメタ視点で見つめたような作品なのだ。

だが、いつまでも「こちら側」と「あちら側」と分離して守られているわけにはいかない。主人公はいつしか意を決して境界線を飛び出し、あちら側へとダイブ。客席から舞台やスクリーンへ飛び出していく(ような)常識破りの展開こそ、本作の最もダイナミックなところだと思うし、ヒッチコックの優れた発想力の賜物だ。世界をこれほどコンパクトにまとめあげた作品は他にない。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信

4.0興奮!

みなさん
2021年5月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

怖い

興奮

今まで観たヒッチコック作品の中で一番心踊った!ワンシチュエーション、主人公はその場から動けなくて部屋の外で起きていることは遠方から定点で見せるだけ、という制限の多さが演劇的だったのだと思う。すごくハラハラしたし、本筋に関係ない住民たちにもいろいろ想いを馳せたし、良作!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みな

5.0ベストオブベスト級の名画

Yukさん
2021年2月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

興奮

萌える

言うまでもなくベストオブベスト級の名画。
21世紀に観てもキラキラ輝いている。

劇中、一切の舞台転換が無い。主人公は自室に座りっぱなしで、窓から見える隣人たちの様子と、部屋を訪れる数名の登場人物との会話のみで物語が進行していく。

脚本の巧みさか、グレース・ケリーの美しさか、最小限の舞台装置に詰め込まれたエッセンスが不思議な力をみなぎらせ、最後まで引き込まれてしまう。人の表情と会話だけでこれだけ緊迫し、安堵させ、物語をうねらせる力はただ事ではない。ヒッチコック恐るべし。これほど無駄のない濃密な映画も珍しい。

とにかくグレース・ケリーの麗しさは必見。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yuk

5.0ハラハラ、ドキドキ、ちょいクスリ。

fukui42さん
2021年2月7日
iPhoneアプリから投稿

一言「なぜ見てなかったの、私!」。

ちらっと見た気でいたんです。
『動けない主人公が、相向かいの部屋の窓を覗いていたら、殺人事件を目撃』。
少し合ってるけど、だいぶん違ってたという・・・。

◎よかった点◎
・主人公は骨折してギプス姿=動けない。
場面も覗いている向かいの部屋たちと、自室のみ。
1セットとシンプルなので、内容にのめり込みやすい。

・最初は眺めていただけが、段々双眼鏡→望遠レンズ。
「やめとけよ」と思いつつも、気になるんだよねえ。
途中から恋人・通いの看護師おばちゃんも加わるのが、これ人間の性なり。

・「近所ってなんなの?!」と泣き叫ぶ向かいの婦人。
1954年作品ですが、今にも結構通じる話。

△いまいちな点△
・なし

グレース・ケリーのちょっと艶めかしい美しさも目を見張ったし。
時々クスッとする場面を挟みつつ、最後までドキドキの約2時間でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
fukui42
すべての映画レビューを見る(全36件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る