「午前十時の映画祭10 - FINAL」 初上映作品を含む豪華27本をラインナップ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月3日 > 「午前十時の映画祭10 - FINAL」 初上映作品を含む豪華27本をラインナップ
メニュー

「午前十時の映画祭10 - FINAL」 初上映作品を含む豪華27本をラインナップ

2019年3月3日 08:30

オープニングを飾るのは 「未知との遭遇 ファイナル・カット版」「ベニスに死す」

オープニングを飾るのは
「未知との遭遇 ファイナル・カット版」
(C)1977, renewed 2005,
(C)1980, 1998 Columbia Pictures Industries,
Inc. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 名作映画を劇場で再上映する「午前十時の映画祭10 - FINAL」の全27本に及ぶ豪華ラインナップが発表された。オープニング作品「未知との遭遇 ファイナル・カット版」をはじめ、「ベニスに死す」「時計じかけのオレンジ」など新規セレクト作品から、ファンからのリクエストが多かったアンコール作品まで、様々な映画の上映が予定されている。

2010年2月からスタートした同映画祭は、映画ファンからの支持を集め、累計観客動員数が436万1515人(2月10日時点)を記録。10回目という節目にしてファイナルとなる今回は、初上映作品11本と、アンコール作品16本を予定している。

初めてラインナップされたのは、スティーブン・スピルバーグ監督の「未知との遭遇 ファイナル・カット版」「ジョーズ」のほか、ルキノ・ビスコンティ監督の「ベニスに死す」、スタンリー・キューブリック監督の「時計じかけのオレンジ」、さらに「ブルース・ブラザース」「愛と青春の旅だち」「ダンス・ウィズ・ウルブズ」「テルマ&ルイーズ」「レオン 完全版」という豪華作品群。邦画は「日本のいちばん長い日(1967)」「八甲田山」の4Kデジタルリマスター版が選ばれている。

アンコール作品としては、「風と共に去りぬ」「ローマの休日」「アラビアのロレンス 完全版」「ゴッドファーザー」「砂の器」「七人の侍」(4Kデジタルリマスター版)などをラインナップ。クロージングを飾る「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズは、3部作が3週連続で一挙上映される。

「午前十時の映画祭10 - FINAL」は、4月5日から約1年にわたり、全国58館で開催される。入場料金は一般1100円、学生500円。ファンによるリクエスト投票の結果、上映スケジュール、上映作品の詳細などは映画祭公式サイト(http://asa10.eiga.com/)で確認できる。

(映画.com速報)
未知との遭遇 [DVD] 未知との遭遇 [DVD] 最安価格: ¥1,000 地球人と異星人との接触を感動的に描き世界的な大ヒットを記録した作品を、製作25周年を記念して、監督のスティーブン・スピルバーグ自身が再々編集し直した傑作SFファンタジー巨編。
時計じかけのオレンジ[Blu-ray/ブルーレイ] 時計じかけのオレンジ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥952 原作者のアンソニー・バージェス自身が”危険な本”と語った同名の小説を映像化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報