砂の器

劇場公開日:

解説

松本清張による同名原作を、野村芳太郎監督、橋本忍&山田洋次脚本で映画化した社会派サスペンス。モスクワ国際映画祭の審査員特別賞を受賞。2005年6月にデジタルリマスター版が公開されている。東京・蒲田にある国鉄の操車場で殺人事件が発生。被害者の身元がわからず捜査は難航する。しかし、被害者が殺害される直前にある男と会っていたことがわかり、2人の会話から「カメダ」という謎の単語が浮かび上がる。

1974年製作/143分/日本
配給:松竹
日本初公開:1974年10月19日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0映画とはこういうもん!

2022年8月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

怖い

警察官の捜査としては現在(2015年)から観れば
少々ゆるい所もあるのですが、そういう自由のあった時代の作品。

全く関係無く見えている複数のものが
やがて1つに集約されて行くのは
サスペンスやミステリーの醍醐味なのですが
それが、海外では無く日本の原風景の中で展開してゆく
この映画の映像の美しさは記録映画としても価値あるものでしょう。

昭和の名優達のほんのワンカットの出演シーンも
あら!こんな所にこんな人が!と言う見つける楽しさあり
長い物語の中に引き込む力がやっぱ半端無いと言うか
まさに映画とはこういうもん!と言って遜色無い作品です。

実のところ、音楽の才能は、この映画の様な
簡単なもんじゃ無いな〜〜と
思うところもあるのですが、
そこは映画として勘弁して下さい。

一番大事なのは、
この作品の悲劇の元は形を変えて今でも残っているし
無知と貧困の残酷さは今の方が大きいかもしれません。
時代を超えて、人々に突きつけられる課題だと思いますわ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
星のナターシャnova

4.5こんな人知らねーよ…

KEIさん
2022年8月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 15 件)
KEI

4.0永久保存版🙆‍♂️

2022年7月29日
iPhoneアプリから投稿

邦画の歴史的名作。丁寧に作り込まれている。当然、CGなど無く、役者の演技だけで迫力を持たせる。素晴らしいの一言。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 16 件)
@Jankichi@

2.5父と子がたどった壮絶な運命には心を動かされた。 ただ、それまでに手...

省二さん
2022年7月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

父と子がたどった壮絶な運命には心を動かされた。
ただ、それまでに手がかりがほとんどない雲をつかむような捜査が延々と続くのは長く感じた。
そもそも加藤剛はなぜ恩人である緒方拳を殺害したのか、動機が今一つだった。
また、加藤の犯行の証拠を「浮気相手」が列車の窓から捨てるとか、サスペンスとしては考えられない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
省二
すべての映画レビューを見る(全115件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る