日本のいちばん長い日(1967)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大宅壮一名義(実際の著者は当時編集者だった半藤一利)で当時の政治家宮内省関係、元軍人や民間人から収録した実話を編集した同名原作(文芸春秋社刊)を、「上意討ち -拝領妻始末-」の橋本忍が脚色し、「殺人狂時代」の岡本喜八が監督した終戦秘話。撮影は「喜劇 駅前競馬」の村井博。

1967年製作/157分/日本
原題:The Emperor and a General
配給:東宝

ストーリー

戦局が次第に不利になってきた日本に無条件降伏を求める米、英、中のポツダム宣言が、海外放送で傍受されたのは昭和二十年七月二十六日午前六時である。直ちに翌二十七日、鈴木総理大臣官邸で緊急閣議が開かれた。その後、八月六日広島に原爆が投下され、八日にはソ連が参戦、日本の敗北は決定的な様相を呈していたのであった。第一回御前会議において天皇陛下が戦争終結を望まれ八月十日、政府は天皇の大権に変更がないことを条件にポツダム宣言を受諾する旨、中立国のスイス、スウェーデンの日本公使に通知した。十二日、連合国側からの回答があったが、天皇の地位に関しての条項にSubject toとあるのが隷属か制限の意味かで、政府首脳の間に大論争が行なわれ、阿南陸相はこの文章ではポツダム宣言は受諾出来ないと反対した。しかし、八月十四日の特別御前会議で、天皇は終戦を決意され、ここに正式にポツダム宣言受諾が決ったのであった。この間、終戦反対派の陸軍青年将校はクーデター計画を練っていたが、阿南陸相は御聖断が下った上は、それに従うべきであると悟した。一方、終戦処理のために十四日午後一時、閣議が開かれ、陛下の終戦詔書を宮内省で録音し八月十五日正午、全国にラジオ放送することが決った。午後十一時五十分、天皇陛下の録音は宮内省二階の御政務室で行われた。同じ頃、クーデター計画を押し進めている畑中少佐は近衛師団長森中将を説得していた。一方厚木三〇二航空隊の司令小薗海軍大佐は徹底抗戦を部下に命令し、また東京警備軍横浜警備隊長佐々木大尉も一個大隊を動かして首相や重臣を襲って降伏を阻止しようと計画していた。降伏に反対するグループは、バラバラに動いていた。そんな騒ぎの中で八月十五日午前零時、房総沖の敵機動部隊に攻撃を加えた中野少将は、少しも終戦を知らなかった。その頃、畑中少佐は蹶起に反対した森師団長を射殺、玉音放送を中止すべく、その録音盤を奪おうと捜査を開始し、宮城の占領と東京放送の占拠を企てたのである。しかし東部軍司令官田中大将は、このクーデターの鎮圧にあたり、畑中の意図を挫いたのであった。玉音放送の録音盤は徳川侍従の手によって皇后官事務官の軽金庫に納められていた。午前四時半、佐々木大尉の率いる一隊は首相官邸、平沼枢密院議長邸を襲って放火し、五時半には阿南陸相が遺書を残して壮烈な自刃を遂げるなど、終戦を迎えた日本は、歴史の転換に伴う数々の出来事の渦中にあったのである。そして、日本の敗戦を告げる玉音放送の予告が電波に乗ったのは、八月十五日午前七時二十一分のことであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚色
橋本忍
原作
大宅壮一
製作
藤本真澄
田中友幸
撮影
村井博
美術
阿久根巖
音楽
佐藤勝
録音
渡会伸
照明
西川鶴三
編集
黒岩義民
スチル
吉崎松雄
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

5.0世界最高の反戦映画にして、日本人の二つの姿を写す鏡

あき240さん
2019年11月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

疑いなく日本映画の最高峰の作品のひとつです
何から何まで見事としか言いようがありません

素晴らしい作品ながら、あまりにも重いテーマであり、なかなか何度も気軽に観ようとはならないかも知れません
しかし、これこそ世界最高の反戦映画だと思います
何年かごとに無性に観たくなることがあります

民族、国家として文字通り自滅する一歩手前から、日本はこのようにして救われたのです

そして本作は日本人の二つの姿を写す鏡でもあります

ひとつは、日本人は日本人らしく手続きをきちんとして幕を引こうとする姿

しかしその手続きに拘って時間を浪費した為に、もう死ななくても良い命が多数失われたのも確かです

もうひとつは、プライドというナルシズムの美学に陶酔して理性を失い自滅を求める姿

この二つの姿の二面性を日本人は持っているのです

これは八甲田山と同じです
生還した徳島隊、全滅した神田隊と同じです
大日本帝国は神田隊となり滅亡しました
その最後の長い日でも徳島隊と神田隊の二つのパターンになるのです

この史実を脚本で対立的な提示にした構造が見事です

会議、書類の手続き、スタッフ達の言動
真面目な国民性は今も変わりはありません
シンゴジラでオマージュされている通りです
大きな会社や組織なら取締役役会や経営会議など似たようなことが今日もどこかで繰り返されているでしょう
凄く既視感があります

一方、青年将校達の心情を共感し理解するという人は、今の日本にはいないでしょう

しかし実は日本人はこちらに美学を感じてしまう傾向があるのです

例えば会社の倒産、吸収合併、事業部門廃止、工場閉鎖などなどといった一大危機の時に、青年将校達が本作のようにあがき続ける姿が今も何処かの会社や組織で見ることができるはずです

その時、あなたが青年将校であるかも知れないのです
同じ激を飛ばしているかも知れません

真面目に働く一般社員、工員、協力会社の人々、取引先、そしてその家族の為に!
何よりリストラして去って行った社員達に顔向けできない!

このような青年将校達と同じ言説をあなたがしているかも知れないのです

数年前、不適正経理という言い換えで誤魔かした粉飾決算事件を起こし、倒産一歩手前まで行った超一流大企業がありました

その内部では、きっとこのような事態にあったのだと感じます

こうすることが良かれと信じて彼らは不正に手を染めていくのです
それが一番の裏切りであるにも関わらず

青年将校達がナルシズムに酔って狂気に踏み込んでいく様は、これもまた自分には既視感のあるものでした

日本人の心情に染み付いたものですから、これらはこれからも起こります

日本がいつかまた危機に陥ったとき、この二つのパターンがまた繰り返されるはずです

あなたは青年将校達のように自滅の美学を求めて足掻くのか、鈴木首相のように冷静に事態を収拾するのか

本作を観た経験が、いつの日にか活きて来るかも知れません
あなたの人生でもっとも長い一日です

そして、いつしか平和憲法を守れ!と声高に叫ぶ議員やマスコミの人々…
彼らが国体を守れと叫ぶ青年将校達に重なるように見える時代となってしまいました

狂気の様に捏造してまで自らが正しいと信じ、その美学を信奉している姿は青年将校達の亡霊が乗り移ったかのようです

それが逆に日本に戦争を呼び込もうとしている様にすら感じられるのです
序盤で述べられる、戦争を継続した時に展望される日本の悲惨な破滅が、21世紀にそこから再開されかねないのです

もしかしたら本当の日本の一番長い日はもう一度有るのかも知れません

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.5批評めいた言葉を跳ね返す映画。

2019年8月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

批評めいた言葉を跳ね返す映画。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Mr. Planty

4.5終戦直前激動の一日。それぞれの叫び。

2019年7月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

知的

「午前十時の映画祭」にて観賞。豪華俳優陣で送る終戦直前の一日が描かれた作品。

ポツダム宣言受諾から玉音放送に至るまでの24時間が描かれていて、登場人物達(天皇、大臣、軍隊など)の終戦に対する思いがそれぞれ違い、その思いや叫びが生々しく交差し合う衝撃的な内容だった。しかも実話というのだから凄い。反戦への思いを強く感じる作品だった。

キャストも超豪華。内容だけでも文句なしの傑作だと思ったが、この超豪華俳優陣による演技合戦を観るだけでも十分すぎる価値がある。
本当に素晴らしい名優達ばかりなのだが、個人的には横浜警備隊の隊長役の天本英世の演技が衝撃的すぎた。演技だけでこれ程の衝撃を受けたのは久しぶり。鳥肌モノだった。
他には当時若手だった黒沢年男の好演が印象的だった。あと笠智衆の深みのある自然体の演技もこれまた素晴らしいと思った。

内容、演技共に神がかった作品。平和への思いが詰まっていて多くの若者が観るべき作品だと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アントニオバンデラス

5.0帝国の御葬式までの一日。

2019年7月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

午前10時の映画祭で、30年振りくらいに見た。昔とは印象が違う。

当時は「戦争がー陸軍がー天皇制がー」で終わり。ちなみに天皇制と言う制度は有りませんので「象徴天皇」が現憲法下での正しい呼び方です。それは置いといて。

「自分は正しい。間違っていないから、こんな手段もしょうがない。何をしても許される」。そんな若い陸軍将校が悲しくて滑稽で。手段は間違えちゃダメ。今は特に。

「開戦する前に未だ出来る事はあったよ」とか「ミッドウェー前に手仕舞いしてれば」とか「せめてヨーロッパ戦線参戦前に」とか。今は、後付けの感想がボロボロ出て来るけれど。

突き詰めて言うと「政治力」、対内外の。それ以外に戦争を回避する道は無い。感情論、心情に流されず。左の人も右の人も。火の粉を振り払う安全保障戦略の邪魔するのだけは止めてください、って言いたい。

今、見る価値はあると思う。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
bloodtrail
すべての映画レビューを見る(全36件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「日本のいちばん長い日(1967)」以外にこんな作品をCheck-inしています。