ラ・ヨローナ 泣く女

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ラ・ヨローナ 泣く女
ラ・ヨローナ 泣く女
3%
31%
53%
7%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

中南米に古くから伝わる怪談「ラ・ヨローナ」を題材に、「死霊館」シリーズのジェームズ・ワン製作で描くホラー。愛する夫に浮気をされ、嫉妬に狂った結果、夫が世界で一番愛する我が子を溺死させてしまった女、ヨローナ。そのことを後悔し、嘆き苦しんだ彼女は自ら川に身を投げた。呪いとなってこの世をさまようヨローナは、子どもたちをさらっていく。1970年代のロサンゼルス。ソーシャルワーカーのアンナは子どもたちが危険にさらされているという、ある母親からの助けを無視してしまうが、それは泣き声を聞いた子どもが必ず連れ去られてしまうヨローナの呪いだった。そして、ヨローナが次のターゲットとして狙いを定めたのは、アンナの2人の子どもたちだった。「グリーンブック」「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」のリンダ・カーデリニがアンナ役を演じる。監督は「死霊館」第3弾でメガホンをとる新鋭マイケル・チャベス。

2019年製作/93分/G/アメリカ
原題:The Curse of La Llorona
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 吐きだめの悪魔
  • アタック・オブ・ザ・キラートマト
  • リターン・オブ・ザ・キラートマト
  • ドリラー・キラー マンハッタンの連続猟奇殺人
  • ファンタズム
  • マッドボンバー
  • 血みどろの入江
  • バスケットケース
  • サンドラ・ジュリアンの催淫吸血鬼
  • ザ・クレイジーズ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

映画レビュー

3.0ジェームズ・ワン製作の新ホラーは『リング』や貞子の影響を強く匂わせる

2019年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

ジェームズ・ワン製作のホラー映画の数々は、ある種の幅広い観客層が楽しめる安心型エンタメ・ホラーだ。ただし、本作で謎の悪霊から狙われるのは、通常このエンタメ・ホラーの世界では犠牲者になりにくいとされる「子供たち」なのだから驚かされる。ここにはルールが通用するようでいて、しかし実のところ安全圏なんてどこにもないのだ。

南米コミュニティに焦点を当て、女性ケースワーカーの立場から謎を紐解き子供達を守ろうとする姿には、単なる受け身にとどまらないたくましい女性像が見え隠れする。そしていざ、悪霊が姿を現すと、それが意外にも『リング』の貞子のようで、日本人として「やりやがったな!」という気持ちが沸き起こらないわけでもない。そういえば、シングルマザーが奮闘するという点も似ている。総じて『死霊館』を2グレードくらい引き下げたお屋敷ホラーといったところか。少々雑なところに目を瞑れば、そこそこ楽しめるのだが。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

2.0アナベルさんちっす!

mokaさん
2021年4月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

物理
幽霊に対して物理
幽霊も物理

死霊館のような味わい深いホラーではないですね
伝承とホラーの設定は面白いのに残念
日本のホラーの怖さを表現しようとしたけど難しいんで物理になっちゃった感
呪術師の存在がかなりアレな感じ
キャラたて失敗しすぎている・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
moka

2.5普通すぎる

2021年4月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジュリエッタ

3.0パワー系幽霊

aq1wさん
2020年9月20日
Androidアプリから投稿

ラ・ヨローナはジェームス・ワンの「泣く女」と別の「彷徨う女」があるんですね。

こちらは鉄板のホラー演出やキャラの濃い除霊師とか出てくるアトラクションみたいなホラー作品です。
死霊館とかと比べるとちょっとシリアス味にかけていて、ホラー慣れしてる方からするといまいち単調かも。
幽霊との対決もめっちゃ物理なので、アクションぽさのあるインシディアスとか好きな人は楽しめそうです。
ラ・ヨローナは走ってくるとか瞬間移動で近付いてくるような機敏さはないですが、風を駆使するとか引きずり込むとか吹っ飛ばすとかなかなかパワフルな手強さがあります。
冒頭から車の窓開けてきたり扉バンバンしてくるのとか、アグレッシブすぎて怖いです。

ストーリーの内容としてはそれほど厚みありませんが、死霊館シリーズのスピンオフとして気軽にチェックするといいと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
aq1w
すべての映画レビューを見る(全78件)