死霊館 エンフィールド事件

劇場公開日

死霊館 エンフィールド事件
24%
57%
14%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

実在の心霊研究家ウォーレン夫妻が追った事件を描き、全米で大ヒットを記録したホラー「死霊館」のシリーズ第2作。1977年、イギリス・ロンドン近郊の街エンフィールドで実際に起こり、史上最長期間続いたポルターガイスト現象として知られる「エンフィールド事件」を題材に、英国の4人の子どもとシングルマザーが体験し、ウォーレン夫妻が目撃した怪奇現象を描く。監督は、前作のほか「インシディアス」などのホラー作品や、「ワイルド・スピード SKY MISSION」を手がけたジェームズ・ワン。ベラ・ファーミガ&パトリック・ウィルソンが、前作に続きウォーレン夫妻を演じた。

2016年製作/134分/PG12/アメリカ
原題:The Conjuring 2
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 血を吸う粘土
  • 吸血鬼ゴケミドロ
  • テケテケ
  • テケテケ2
  • キラー・メイズ
  • ファンハウス
  • ディヴァイド
  • ザ・プリズン・ブレイク 大脱獄
  • インシディアス
  • ダークスカイズ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

4.0怖がりの人にこそお勧めしたい娯楽系ホラーの傑作

2016年12月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

怖い

『ワイルド・スピード SKY MISSION』の大ヒットでハリウッドの頂点にまで上り詰めたジェームズ・ワン監督が、再びホラーの古巣に帰ってきた。一般的にヒット作の第二弾はクオリティが落ちるものだが、本作は逆に創造性の羽根を一杯に広げ、夫婦エクソシストの挑んだよりいっそう不可解な事件を一瞬も飽きさせることなく描写。70年代のロンドン北部、エンフィールドを舞台に、超常現象を訴える少女とその家族、マスコミや研究家をも巻き込んで一大騒動へと発展していく。「来るぞ、来るぞ」と観る者を身構えさせ、そこから思いがけないウルトラCを投下してみたり、怖いだけでなく登場人物のちょっとしたセリフや表情で時に笑わせ、時にグッと胸を締め付けるなど、全編にわたってサービス精神が容赦ない。そしてやはり夫婦の愛、家族愛を丁寧に織りこみ、しっかりと泣かせるところもさすが。PG12なので、怖がりの人も怖がりすぎることなく楽しめる一作だ。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

4.0【ここは私の家だ、出ていけ!”ポルタ―ガイスト現象が多発するエンフィールド家の真の事象の意味。】

NOBUさん
2021年10月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

難しい

ー 実在のウォーレン夫妻が扱った心霊事件第二章。
 今作では、真の悪霊、ヴァラクの底り知れない憎悪が最終盤に描かれるが、彼女の憎悪の理由は何であるのか・・。ー

◆感想・・になっていません・・が、この作品と関係しています。

 ・私は、数年前まで所謂エクストリーム登山を、忙しい中実践してきた。
 日本だけではないが、山中には魑魅魍魎が跋扈していて”マズイ”と思った地点は回避しながらルートを切り拓いて来た。
 御存じの通り、北アルプスの黒部山域や、南アルプス南部には骸が多数ある。

 ・30代、学友と春先に八甲田山脈を山スキーで踏破する計画を立て実行した。酸ヶ湯温泉から高田大岳(八甲田山脈の最高峰。八甲田山という山はありません)に山スキーで登り、二泊して下山するというお気楽な計画であった。

 ・初日、30キロの荷物を背負って、無人の山小屋に到着。慣れた手順でエッセンを作り、早めに就寝。大きめの小屋でったので貸切り状態。

 ・異変が起こったのは夜半。吹雪でもないのに、山小屋の壁を壊れんばかりに激しく叩く音。枕もとのコッフェルの尋常でない動き。
 流石に相棒に”ヤバクナイカ!”と声を掛けると、”マズイ・・。ポルターガイストだ・・。ここ、八甲田の死の行軍の場所だった・・”
 一睡も出来ずに、朝を迎え、小屋の周囲を確認し、足跡が無い事を確認。
 だが、強力な守護霊を持つ私は出発前に大きな瑕疵を犯した。
 それは、亡き死者に対する供養の儀式(簡素なモノです)を怠ってしまったのである。

 ・結局、私は高田大岳直下で、大滑落をし、学友の”あ、捻挫だヨ・”と言う言葉の下、脂汗を流しながら、逆ボーゲンで酸ヶ湯温泉に9時間かけて到着し、当直医から“折れてますね!”と爽やかに言われ、青森の病院に生まれて初めて、救急車で直行。

<今作でも、地縛霊の存在を否定する学者が出てくるが、この世に未練、恨みを持つ霊は確実に存在すると私は思う。
 問題は、そのような哀しき霊をきちんと尊ぶ事だと思う。
 但し、ヴァラクのような底り知れない憎悪を抱える霊には、霊力の著しく高い霊媒師にお願いするしかないと思った作品。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
NOBU

3.5【幽霊と悪魔と名前】

ワンコさん
2021年9月29日
iPhoneアプリから投稿

前作同様、”物件”にとりつく幽霊の話ですが、ロレインとエドが駆けつけるまでが少々長く、でも、やっぱり恐怖が募ります。

イギリスにも、こうした心霊研究者はいて、エンフィールド事件は、ロレインやエドが調査に参加する前から、心霊研究家のモリス・グロスによって長期にわたってポルターガイスト現象が映像や録音で記録されていた稀有なケースのようです。

ただ、前作のレビューでは、欧米の幽霊に悲哀はないなんて書いてしまいましたが、この作品では、悪魔によって呼び起こされて、自分の意思とは関係なく、住人を恐怖に陥れているのだというストーリーになっていて、個人的には安心したというか、悪いのはやっぱ悪魔なんだということで、欧米ホラー的なまとまりがある作品だと思いました。

あと、悪魔の名前。

悪魔をやっつける悪魔の本名が、キーになる作品は、過去にも何度か見ていたので、悪魔の名前を探ろうとする場面が、個人的には、おおっ!これだったのか?!と、好みでした。

あと、エドが悪魔の絵を描いているところ、前作のレビューでも書いたように、見えない人でも見える人にシンクロして見えたように、エドはやっぱりロレインにシンクロしてたんだと思い返して、ロレインには申し訳ないけど、やっぱり、怖い怖いと思ってしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ワンコ

4.0ジャパンホラー好きにもオススメできるハリウッドホラーです。 ホラー...

haraoさん
2021年9月28日
Androidアプリから投稿

ジャパンホラー好きにもオススメできるハリウッドホラーです。
ホラー一辺倒ではないところも見事で、随所に見所もあるためあっという間に鑑賞出来た。
最後の実在した写真はゾッとした。。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
harao
すべての映画レビューを見る(全98件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「死霊館」シリーズ関連作品