まぼろしの市街戦

劇場公開日

まぼろしの市街戦
27%
56%
15%
0%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「リオの男」「カトマンズの男」などで知られるフランスの名匠フィリップ・ド・ブロカが1967年に手がけ、戦争の狂気や愚かしさを笑い飛ばすかのごとく、ユーモアを交えて描いた名作。第1次世界大戦末期、敗走中のドイツ軍が、占拠したフランスの小さな町に時限爆弾を仕かけて撤退。進撃するイギリス軍の兵士プランピックは、爆弾解除を命じられて町に潜入するが、住民たちも逃げ去った町では、精神病院から解放された患者とサーカスの動物たちが解放の喜びに浸り、あたかもユートピアのような生活が営まれていた。プランピックは爆弾発見をあきらめ、最後の数時間を彼らとともに過ごそうと死を覚悟するが……。日本では67年に劇場初公開。2018年10月には4Kデジタル修復版でリバイバル公開。

1967年製作/102分/フランス
原題:Le roi de coeur
配給:パンドラ
日本初公開:1967年12月16日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)1966 - Indivision Philippe de Broca

映画レビュー

4.5こんなに綺麗になるなんて!

村山章さん
2018年10月30日
Androidアプリから投稿

一部の映画ファンの間で密かに傑作として語り継がれてきたこの作品が、まさかこんな高画質で劇場のスクリーンで観られることになるとは!

なにせ昔出回っていたのは冒頭が切れているバージョンだったりして、それが堂々と流通していたのだから呆れる。

今観ると、精神病院の患者たちと戦争で人殺しをする人たちと、狂ってるのはどちらですかねというテーゼはいささか短絡的な気もするのだが、それでも動物園の猛獣と精神病院の患者たちだけが闊歩する町という設定のイカレ具合と、イマジネーションの豊かさには見惚れずにいられない。

もしかしたらクストリッツァの猛獣の使い方はこんなところから影響を受けてるのかもなんてことを考えられるのは、長い歳月を超えていく観直す特権なのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
村山章

4.0なんて皮肉な映画

2022年5月3日
Androidアプリから投稿

美しくて可愛らしくい。最後はハッピーエンドなのか分からない。けど全編に漂う多幸感。不思議な映画です。コクリコってフランス語だったのね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
三毛猫泣太郎

1.0フランスの戦争風刺喜劇

odeonzaさん
2021年4月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

3.5あなたは、ハートの王様

2020年10月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

知的

邦題が、ちょっと。これでは戦争映画かと思ってしまいます。
フランス映画なので予告を見たら面白そうだったので、映画館に足を運びました。
これは、大人のファンタジーですね。
有名なカルト傑作らしい、私は全然知らなかったけど。
後から思い返してみて、いろいろ気づくところがありました。檻があいているのに出ていかないライオンとか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
マリエル
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る