風と共に去りぬ

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

マーガレット・ミッチェルの同名ベストセラーをビビアン・リーとクラーク・ゲーブルの共演で映画化し、1940年・第12回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演女優賞など10部門に輝いた不朽の名作。南北戦争前後のアメリカ南部を舞台に、炎のように激しく美しい女性スカーレット・オハラの激動の半生を壮大なスケールで描く。南北戦争直前のジョージア州。大地主を父に持つ勝ち気な娘スカーレット・オハラは、思いを寄せる幼なじみアシュリーが彼のいとこと婚約したことにいら立ちを募らせていた。そんな彼女の前に、素行の悪さを噂される男レット・バトラーが現れる。スカーレットはレットの不遜な態度に激しい憎しみを覚えながらも、なぜか彼に惹きつけられる。やがて南北戦争が勃発し、激動の時代の中でスカーレットの運命は大きく翻弄されていく。監督は「オズの魔法使」のビクター・フレミング。

1939年製作/231分/アメリカ
原題:Gone With the Wind
配給:MGM
劇場公開日:1952年9月4日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

写真:AFLO

映画レビュー

5.0歳と共に感動ポイントが変わる映画!

2024年1月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

知的

午前10時の映画祭で多分四度目くらいの鑑賞です。

私がこの映画を初めてちゃんと観たのは二十歳過ぎで
その時はスカーレットを「最悪の女」と思ったけど

三十代半ばでちゃんと観た時は
「生きて行くにはスカーレットみたいに強くなければ!」と思い、

今回の「午前10時の映画祭ファイナル」で50代で観た印象は
「人生、諦めてはいけない!!」
と言う様な境地にたどり着きました。

映画だけでなく、小説やアニメでも、
若造の時は汲み取れなかった様々なことが
自分の年齢や経験によって共感できる様になる。

名作と言われるものにはやはりそう言った
普遍的なパワーがありますね。

ただ時代の風によって、この映画さえも
批判の対象になりつつあります。
だから、若者も往年の映画ファンも
チャンスがあれば映画館で観ておいて欲しい。

5年後、10年後、この映画が映画館で観られる保証は
もう、無いのだから〜〜

コメントする (0件)
共感した! 0件)
星のナターシャnova

3.5序盤は愛だの恋だのと安っぽい展開。 スカーレットのあまりの性格の悪...

2024年1月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

序盤は愛だの恋だのと安っぽい展開。
スカーレットのあまりの性格の悪さにうんざりさせられるが、そこは我慢して視聴を続ける。
中盤以降は戦争の悲惨さが描かれてきて物語が壮大になっていく。
常に余裕を見せていたレット・バトラーがスカーレットに夢中になり、最後には別れる決意をするのが私の中では最大のポイント。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
省二

0.5長いとは思わないが、くどすぎる。

2023年12月22日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
マサシ

5.0全世界歴代興行収入ナンバーワン作品‼️

2023年7月6日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

興奮

全世界興行収入ナンバーワン作品は「アバター」ではありません‼️「アベンジャーズ」でもありません‼️「スター・ウォーズ」でもありません‼️「E.T.」でもありません‼️「タイタニック」でもありません‼️この「風と共に去りぬ」なんです‼️何か「エンドゲーム」が「アバター」を抜いたとか、リバイバル上映して「アバター」が抜き返したとか、そういうことが昨今話題になっていますが、インフレを考えた場合、いずれの作品も「風と共に去りぬ」の足元にも及ばないのです‼️映画もCD販売と同じように、観客動員数でランキングをつけたらいいのにと思います‼️そしたらこの「風と共に去りぬ」を抜ける作品は永遠に現れないでしょう‼️
作品に関しては今更私がいろいろ言う事はありません‼️
◎南北戦争を壮大なスケールで描き切ったメロドラマとしての魅力‼️
◎リプリーもサラ・コナーも勝てない強くたくましく生きる女スカーレット・オハラ‼️演じるヴィヴィアン・リーの凄まじい美しさ
◎レッド・バトラーの伊達男ぶり‼️「或る夜の出来事」のピーター・ヴォーンとどっちが当たり役かな❓
◎聖女のようなメラニー‼️つい最近までご存命だったオリヴィア・デ・ハヴィランド
◎ちょっと優柔不断なアシュレー‼️
◎名曲すぎる「タラのテーマ」‼️
◎上海でこの作品を鑑賞した小津安二郎が、日本の敗北を確信したというその逸話‼️
◎「明日は明日の風が吹く」「俺の知ったことか」などの数々の名台詞‼️
◎女性の立場からアメリカンドリームを謳い上げるという点は、当時としては画期的だったことでしょう‼️
◎アメリカの奴隷制度をきちんと描いている‼️最近これが原因で配信停止とか問題になっているらしいですが、アメリカの歴史なんだからしょうがない‼️映画に罪はない‼️
◎後年、続編小説「スカーレット」が出版されたのですが、オリジナルキャストによる映像化を観たかった‼️

以上、思いつくままに書きましたが、まだまだいろんな魅力があると思います‼️とにかくアメリカ映画の金字塔として、その魅力は永久に不滅‼️

コメントする 4件)
共感した! 11件)
活動写真愛好家
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「風と共に去りぬ」以外にこんな作品をCheck-inしています。