風と共に去りぬ

ALLTIME BEST

劇場公開日

31%
47%
15%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

マーガレット・ミッチェルの同名ベストセラーをビビアン・リーとクラーク・ゲーブルの共演で映画化し、1940年・第12回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演女優賞など10部門に輝いた不朽の名作。南北戦争前後のアメリカ南部を舞台に、炎のように激しく美しい女性スカーレット・オハラの激動の半生を壮大なスケールで描く。南北戦争直前のジョージア州。大地主を父に持つ勝ち気な娘スカーレット・オハラは、思いを寄せる幼なじみアシュリーが彼のいとこと婚約したことにいら立ちを募らせていた。そんな彼女の前に、素行の悪さを噂される男レット・バトラーが現れる。スカーレットはレットの不遜な態度に激しい憎しみを覚えながらも、なぜか彼に惹きつけられる。やがて南北戦争が勃発し、激動の時代の中でスカーレットの運命は大きく翻弄されていく。監督は「オズの魔法使」のビクター・フレミング。

1939年製作/231分/アメリカ
原題:Gone With the Wind
配給:MGM

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

写真:AFLO

映画レビュー

4.0頑張る全女性に対する応援ソングのような映画

2022年2月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

悲しい

楽しい

原作未読

映画ファンでありながら初鑑賞
これから毎年一回観たい
今度は映画館で観たいな
不朽の名作とか金字塔とか決して大袈裟ではない

1939年のカラー作品
まるで世界有数の美術館を訪れた数々の絵画を鑑賞しているような映像

ビクター・フレミング監督といえばもうー作『オズの魔法使い』だがそれはだいぶ前に鑑賞した

母がこの映画のチケットの半券を持っていた
若い頃に日比谷の映画館で観たらしくそれを大事に取っていた
値段はたしかたった300円
今のような味気ないものではなく映画のイラスト付きな半券だった
母の大切な思い出なんだろう
内容はよく覚えていないらしい

時は1860年代
南北戦争の真っ最中と開戦前と終戦後
場所はアメリカのアトランタ

風とは南北戦争のことで去るとは黒人奴隷によって支えられてた南部の白人貴族社会のことらしい

少女漫画原作の単純なラブストーリーかと思ったらそうじゃなかった
キャスト欄を見るとクラーク・ゲーブル演じるレット・バトラーは主役のような扱いだが実際は脇役に過ぎない
主役は間違いなくヒビアン・リー演じるスカーレット・オハラただ1人
彼女の半生を描いた大河ドラマ
3度も結婚している
親が決めたわけでもなく特に好きでもない相手と結ばれている
1人目は好きな男が結婚したのでその腹癒せにその弟と→戦地で病死
2人目は自分の土地を守るためお金目当てで妹のフィアンセを略奪婚→いざこざで射殺される
3人目はレット・バトラー→愛想を尽かされ別れる2度も

わがままで行動力があり気が強い女スカーレット
美人で育ちが良いせいかモテモテ
メアニーの方が模範的な女性でスカーレットは小公女でいえばセーラではなくラビニア
山田栄子に剃刀を送るような人にはラビニアもスカーレットにも共感できないだろうし共感できないと映画を楽しめない人にはこの作品は向いていない

ハッピーエンドではない
彼女の生き様が大事
こういう生き方もあるんだよと指し示すことによって公開当時の若い女性たちに風穴を開けた点は大きい
古臭い価値観を壊す全女性に対する応援歌みたいなものだ
それに比べたら戦争や黒人奴隷の悲惨さが物足りないことなんてさほど重要ではない
ただ単にグロ動画を観たいだけだろう
瑣末にかかずらわって大局を逸する

僕は個人的には高級で知的なコメディーだと思う

メイドのマミイ役のハティ・マクダニエルがいい味を出していた
この作品で助演女優賞
黒人初の偉業

黒人俳優たちの言葉遣いが気になった
特に語尾
ステレオタイプな頭が悪い田舎者みたいな喋り方
こういう翻訳は向こうからも要求があったのだろうか
よくわからない

オープニングクレジットの前に序曲
本編終了のあとにexit music
いらない

黒人差別を正当化している美化していると言いがかりをつけている輩がいるがはっきり言って共感できない
抗議する側が常に正しいという思想は自分にはない
南部の白人目線だからまあこうなるだろう
ウダウダ文句を言わず黒人目線の『風とともに去りぬ』を作ればいい
とはいえ手塚作品のような配慮は必要になってくるだろう

借金を断られ逆ギレするスカーレットが面白かった

不謹慎だけど娘が父と同じ死に方だったので笑った
友人もお産で亡くす
231分だけど終盤ちょっとたたみかける展開

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
野川新栄

5.0明日という日

LaLaさん
2022年2月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD、TV地上波

マーガレット・ミッチェルの偉大な原作
脚本・音楽・俳優の演技が素晴らしい
そして、監督達・・
何でも、監督は、途中2度代わったそうです。

3年の歳月をかけて制作された超大作
舞台は、アメリカ 騒乱の時代
スカーレット・オハラ(ビビアン・リー)と
レット・バトラー(クラーク・ゲーブル)の世紀のロマンスが印象的です。

激しく火のように生きたスカーレットの名台詞も有名
「Tommorow is another day」 直訳だと「明日は別の日」
日本語台詞だと
『明日のことは、明日考えればいいんだわ』
『明日に望みを託して」等 の字幕が入りました。

「後はあと・・」
私も そんな感じに生きていますが(^^ゞ

そして、スケールの大きさを感じさせるテーマ曲。
『タラのテーマ』♪も大好きです。

映画は、アカデミー賞10部門を受賞
マックス・スタイナーの音楽も
ノミネートされたそうですが
受賞は逃しているそうで 残念。
因みに、映画「避暑地の出来事」、「夏の日の恋」も
スタイナーです☆彡

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
LaLa

3.0波瀾万丈

tatechanさん
2021年12月8日
スマートフォンから投稿

笑える

楽しい

と言えば聞こえはいいが、結構いい加減なお話。これは映画以前に原作がいい加減なんだろう。読んだことないけど。
特に南北戦争が済んでからがハチャメチャ。後半をカットしたら少しは感動できたかもしれない。この映画を見て南北戦争および奴隷解放の意義がよくわかったのが一番の収穫。奴隷解放は人道的見地からなされたのではなくて、単に黒人労働力を南部の農園と北部の工場で取り合いしてただけなんですね。
あとクラークゲーブルは漠然と渋い男を想像していたのだが、単に女ったらしのニヤけたおっさんだった。あの笑顔見りゃわかるよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tatechan

2.0生き抜くとは卑しくなること。強くて不憫な女の物語。

2021年9月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
スモーキー石井
すべての映画レビューを見る(全62件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「風と共に去りぬ」以外にこんな作品をCheck-inしています。