マーウェン

劇場公開日

  • 予告編を見る
マーウェン

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ 一期一会」のロバート・ゼメキス監督が、「バイス」「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のスティーブ・カレルを主演に迎え、暴行を受けて心身ともに大きな傷を負った主人公が、独自の世界観でカメラマンとして認められ、現実と向き合う勇気を獲得していく姿を、実話をもとに描いたヒューマンドラマ。5人の男たちから暴行を受け、瀕死の重症を負ったマーク・ホーガンキャンプ。昏睡状態から目覚めた彼は、自分の名前も覚えておらず、歩くこともままならない状態だった。脳に障害を抱え、PTSDにも苦しむマークは、リハビリのためフィギュアの撮影を始め、自分や友人たち、そして自分を襲った男たちを模した人形を使って空想の世界「マーウェン」を作り上げる。マーウェンの中では、G.I.ジョーのホーギー大佐と5人のバービー人形がナチス親衛隊と日々戦いを繰り広げ、その様子を撮影したマークの写真は次第に評価され、やがて個展が開かれることになるが……。

2018年製作/116分/G/アメリカ
原題:Welcome To Marwen
配給:パルコ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

映画レビュー

4.0「フォレト・ガンプ」がウェス・アンダーソン的箱庭世界に迷い込んだ

AuVisさん
2019年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

楽しい

知恵は他人より劣るが、並外れた特別な才能を発揮する。曇りのない純粋さで、周囲の人から愛される。ロバート・ゼメキス監督はマーク・ホーガンキャンプのドキュメンタリーを観て、アクションフィギュアとバービー人形を使い撮影した写真に込められた物語を映像化しようと思い立ったそうだが、「フォレト・ガンプ」のタイトルロールに通じるマークのキャラクターにも魅かれたのではないか。

マークが第二次大戦下の町のジオラマを作り、そこでフィギュアにポーズを取らせて撮影する。マークの空想が映像化された世界と、創造主たるマークの現実を行き来する構成は、ウェス・アンダーソン監督のトレードマークの箱庭世界を彷彿とさせる。

マーウェンの美女軍団のキャストたちはほぼ全員、CGキャラだけでなく実写でも登場するが、魔女デジャ役のダイアン・クルーガーは実写出演なし。これを贅沢すぎる起用とみるか、スターの無駄遣いとみるか…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
AuVis

3.5自分を取り戻す過程に正解なんてない。

2019年7月28日
PCから投稿

悲しい

楽しい

知的

ロバート・ゼメキスがとんでもないビジュアルをドラマの中に暴力的に放り込んでくることは過去作で承知していたつもりだったが、まだまだこっちの認識が甘かった。本作は実話ベースなのに、トラウマを抱えた主人公の妄想がメインで、第二次世界大戦のジオラマを背景に米兵のフィギュアとハイヒールを履いた美女人形がナチスと戦うシーンがかなりの分量を占めているのだ。

この妄想シーンは深いトラウマを抱えた主人公にとってのセラピーの役割を果たしていく。イビツでヘンテコなアウトサイダーアートといった趣きであり、正直、付いていけない気分になる瞬間もあった。しかし、心の中で大切なものなんて人それそれ、千差万別。本作はその中でも特異な例を敢えてビジュアル重視で描くことで、趣味嗜好は他人にジャッジされるものではないという決意表明をしているようにも見える。

しかも思わぬ形で「デロリ〇ン」まで放り込んでくるのだから、ゼメキス、ホントやりたい放題でアッパレ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
バッハ。

3.5ヘイトクライムから逃げない、表現の不自由、センス・オブ・スケール

2019年8月20日
PCから投稿

先日まで横須賀美術館で開催されていたセンス・オブ・スケール展。
精巧に作られたミニチュアの数々、その中でも映画館のミニチュアがあまりに凄くて、他にこういうミニチュアの展示を常設してる美術館はないか検索していた矢先でした。

繊細できめ細やかな作品。

センス・オブ・スケール、
センス・オブ・ワンダー。

本作も形の大小から、心のスケールもしっかりと細部まで描写されていました。

時間の過去と未来の表現には笑ってしまいました。

主人公は、
ヘイトクライムから逃げません。
単なる暴力よりもヘイトクライムは罪が重いと検事は言ってました。

表現の自由を攻撃する人もいましたが、
表現の自由を守る、ヘイトクライムから逃げない、テロや暴力に屈しないと周りの住人達もみんなで協力していました。

小さな気持ちも集まれば巨悪なんて敵ではない。
そんな小さな気持ちを必死で持ち続けた、
マーク・ホーガンキャンプと、
支え続けた周りの人たちと、
TOYたちはマーウェンコルというコミュニティで素敵なリアルで小さな民主主義を魅せてくれました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
蛇足軒瞬平太

3.0趣味が同じなので、気持ちがわかる。

YAS!さん
2019年8月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

こんな庭がある家で隠居したい。
主人公がこの趣味になった過程を映画で表現しないと、この映画の趣旨が伝えきれないと思う。
主人公の演技がダスティホフマンに観えた。

この映画を観たら「デスレース2000」を観たくなった。趣味が同じだからだ?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
YAS!
すべての映画レビューを見る(全28件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る