テルマ&ルイーズ

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

「ブレードランナー」「ブラック・レイン」のリドリー・スコット監督が女性2人の友情と逃避行を描き、「1990年代の女性版アメリカン・ニューシネマ」と評されたロードムービー。

ある週末、主婦テルマとウェイトレスのルイーズはドライブ旅行に出かけるが、途中で立ち寄った店の駐車場でテルマが男にレイプされそうになり、助けに入ったルイーズが護身用の拳銃で男を撃ち殺してしまう。ルイーズには、かつてレイプ被害を受けたトラウマがあった。警察に指名手配された2人は、さまざまなトラブルに見舞われながらメキシコへ向かって車を走らせるうちに、自分らしく生きることに目覚めていく。

ジーナ・デイビスがテルマ、スーザン・サランドンがルイーズを演じ、ハーベイ・カイテル、マイケル・マドセンが共演。キャリア初期のブラッド・ピットも短い出演時間ながら印象を残した。カーリー・クーリが脚本を手がけ、1992年・第64回アカデミー賞で脚本賞を受賞。2024年2月、スコット監督自身の監修により製作された4Kレストア版でリバイバル公開。

1991年製作/129分/アメリカ
原題:Thelma & Louise
配給:アンプラグド
劇場公開日:2024年2月16日

その他の公開日:1991年10月19日(日本初公開)

原則として東京で一週間以上の上映が行われた場合に掲載しています。
※映画祭での上映や一部の特集、上映・特別上映、配給会社が主体ではない上映企画等で公開されたものなど掲載されない場合もあります。

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第49回 ゴールデングローブ賞(1992年)

受賞

最優秀脚本賞 カーリー・クーリ

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演女優賞(ドラマ) ジーナ・デイビス
最優秀主演女優賞(ドラマ) スーザン・サランドン
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

Thelma & Louise (C) 1991 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0テルマ&ルイーズよ永遠に

2024年4月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 2件)
共感した! 10件)
ミカ

4.0開放&戦う女性の強さ&素晴らしさ=超カッコいい!

2024年4月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

こんなに女性がカッコいいと感じる映画は希少だと思います。

テルマ&ルイーズの車に乗っているシーンは、ミュージシャンのMVなどでも模倣されているようですが、
それにも納得できるくらい、気持ちいいしかっこいい。
ビジュアルもかっこいいし、音楽もマッチしているんです。

時代背景として、まだまだアメリカで男尊女卑的な時代ですし、女性がいかに虐げられていたかが分かる演出の中、
ふたりが旅行をすると決め、車に乗ってからの開放感がまずは気持ちいいですし、
ある事件をきっかけに、どんどん開放されていくふたり、
特にジーナ・デイビス演じるテルマの変貌ぶりは目を疑うほどにハジけていて気持ちいいですね。

しこつくて下品なトレーラー運転手へのRevengeが実にかっこいい。胸がすく思いです。
トレーラーを爆破させるあたり、この振り切り方も気持ちいいんですよね。

ブラッド・ピット演じる小悪党も実に物語上、効いていますね。若かったです。ブラピ。でも何してもかっこいい。

そして衝撃のラストシーン。こんなぶっ飛んだ&気持ちのいいエンディングの映画も珍しいですし、
今ではなかなかお目にかかれない。

主人公ふたりの虚飾がどんどん剥がれ落ちていき、素の姿になっていく様も素晴らしいです&美しいです。

なんて素晴らしい作品なのだろう、ありがとうリドリー・スコット監督。
是非、たくさんの方に観ていただきたい&劇場で体感いただきたい素晴らしい作品です。
特に、女性にはオススメしたいです。

コメントする 2件)
共感した! 2件)
ひでちゃぴん

3.5かわききった悲しみ

2024年4月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

もやもやを抱えながら進む前半と、そこから様々なしがらみを捨て去り一気に加速する後半。爽快感もどんどん大きくなっていく。

テルマとルイーズは本当の自分を取り戻し自由になれたのだろうか?私には思考を放棄するところまで追い詰められてしまったように見えた。こうなると、例えメキシコに逃げられたとしても、強盗暮らししか道はなかっただろう。

最後、主人公二人が包囲する男性警官達に銃を向けられ逃げ場を失う。やがて、こんな社会に捕まりたくないとばかりに、青いサンダーバードで有史以来変わらぬグランドキャニオンの崖から飛び立つ二人。

爽快ではあるが、沙漠のように乾ききった悲しみを感じた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
komasa

5.0どんどん解放されて自由になる二人のバカンス

2024年4月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

なんてかっこいい映画!スーザン・サランドンほどウェイトレスとかハンバーガー屋の店員がさまになる俳優はいない!この映画の彼女は本当にスマートでハンサム!ルイーズ(サランドン)の家の中はとてもきれい、スーツケースのパッキングも上手、キッチンでコップをきれいに拭いて逆さに置く。キッチンの水気もしっかり拭き取っただろうし埃もない。ブルーのサンダーバードもサングラスも頭のスカーフも全て素敵。一方テルマの家のキッチンはゴチャゴチャ、物が多過ぎてテルマの頭の中もゴチャゴチャなのか荷物のパッキングも下手でやたら物を持って行く。なんでこの二人が親友なんだろうと思った。

二人の面白いところは、基本的に相手を責めないことだ。明らかに相手に非があっても罵ったりしない。とにかくまず相手を助ける。自称・大学生のブラピに偶然再会したとき、犬が嬉しくて口開けてハーハーする真似して彼を車に乗せたい旨をルイーズに伝えたテルマはとても可愛かった。自分で男を選んだ最初の経験だったに違いない。そしてテルマが生まれて初めて男性(ブラピだものね!)と素敵な経験をしたこともルイーズに伝える。ルイーズも一緒になって喜ぶ。この経験がテルマの頭脳がすばやく回転するきっかけになったと私は確信する!お金のことで大反省のテルマはブラピから習った通りのやり方で強盗して、次は警察官脅してルイーズを助けた。暗記力・行動力・決断力マックスの大転換ポイントだった。テルマはおつむが弱いのでなく、傲慢な夫や男社会の中で諦めと思考停止状態にさせらていただけだったんだ。

トラック野郎をコテンバンにしたのも痛快だった。今はそんな事ないと信じたいが、免許とりたての10代の頃、女友だちとドライブしてたら男のドライバーから嫌がらせされたことを思い出した。チンタラ走ってたトラック野郎、言葉も仕草も表情も全部アウトでした。大爆発程度で済んでよかったと思って欲しい。

ハーヴェイ・カイテル、この映画ではいい刑事さんでした。全部綿密に調べてテルマとルイーズの側にたっていた唯一の男性だった。彼とは昔からの友人みたいに話せて多分信頼もしていたルイーズだが、ここまで自由に親友と笑いながら解放感を味わった以上後戻りはしないと決心した。テルマとルイーズは颯爽と飛翔した。笑って泣けた。

コメントする 2件)
共感した! 13件)
talisman
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る