八甲田山

劇場公開日

24%
52%
17%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

新田次郎の原作『八甲田山死の彷徨』をもとに、大部隊で自然を克服しようとする部隊と小数精鋭部隊で自然にさからわず、折り合いをつけようとする部隊の様子を冬の八甲田山を舞台に描く。脚本は「続人間革命」の橋本忍、監督は「日本沈没」の森谷司郎、撮影は「阿寒に果つ」の木村大作がそれぞれ担当。

1977年製作/169分/日本
原題:Mt.Hakkoda
配給:東宝

ストーリー

「冬の八甲田山を歩いてみたいと思わないか」と友田旅団長から声をかけられた二人の大尉、青森第五連隊の神田と弘前第三十一連隊の徳島は全身を硬直させた。日露戦争開戦を目前にした明治三十四年末。第四旅団指令部での会議で、露軍と戦うためには、雪、寒さについて寒地訓練が必要であると決り、冬の八甲田山がその場所に選ばれた。二人の大尉は責任の重さに慄然とした。雪中行軍は、双方が青森と弘前から出発、八甲田山ですれ違うという大筋で決った。年が明けて一月二十日。徳島隊は、わずか二十七名の編成部隊で弘前を出発。行軍計画は、徳島の意見が全面的に採用され隊員はみな雪になれている者が選ばれた。出発の日、徳島は神田に手紙を書いた。それは、我が隊が危険な状態な場合はぜひ援助を……というものであった。一方、神田大尉も小数精鋭部隊の編成をもうし出たが、大隊長山田少佐に拒否され二百十名という大部隊で青森を出発。神田の用意した案内人を山田がことわり、いつのまにか随行のはずの山田に隊の実権は移っていた。神田の部隊は、低気圧に襲われ、磁石が用をなさなくなり、白い闇の中に方向を失い、次第に隊列は乱れ、狂死するものさえではじめた。一方徳島の部隊は、女案内人を先頭に風のリズムに合わせ、八甲田山に向って快調に進んでいた。体力があるうちに八甲田山へと先をいそいだ神田隊。耐寒訓練をしつつ八甲田山へ向った徳島隊。狂暴な自然を征服しようとする二百十名、自然と折り合いをつけながら進む二十七名。しかし八甲田山はそのどちらも拒否するかのように思われた。神田隊は次第にその人数が減りだし、辛うじて命を保った者は五十名でしかなかった。しかし、この残った者に対しても雪はとどめなく襲った。神田は、薄れゆく意識の中で徳島に逢いたいと思った。二十七日、徳島隊はついに八甲田に入った。天と地が咆え狂う凄まじさの中で、神田大尉の従卒の遺体を発見。神田隊の遭難は疑う余地はなかった。徳島は、吹雪きの中で永遠の眠りにつく神田と再会。その唇から一筋の血。それは、気力をふりしぼって舌を噛んで果てたものと思われた。全身凍りつくような徳島隊の者もやっとのことで神田隊の救助隊に救われた。第五連隊の生存者は山田少佐以下十二名。のちに山田少佐は拳銃自殺。徳島隊は全員生還。しかし、二年後の日露戦争で、全員が戦死。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚本
橋本忍
原作
新田次郎
企画
吉成孝昌
佐藤正之
馬場和夫
川鍋兼男
製作
橋本忍
野村芳太郎
田中友幸
撮影
木村大作
美術
阿久根巖
音楽
芥川也寸志
録音
吉田庄太郎
照明(ロケーション)
大澤暉男
照明(セット)
高島利雄
編集
池田美千子
竹村重吾
製作担当
小山孝和
助監督
神山征二郎
スチル
藤巻健二
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第1回 日本アカデミー賞(1978年)

受賞

主演男優賞 高倉健
音楽賞 芥川也寸志

ノミネート

作品賞  
監督賞 森谷司郎
脚本賞 橋本忍
主演男優賞 北大路欣也
主演女優賞 秋吉久美子
助演男優賞 三國連太郎
技術賞 木村大作
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0高倉健の温かさが心に沁みる。再現不可能な映画。

FUNAOさん
2021年12月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

怖い

この映画はエンターテイメントとしては正直、あまり面白くはありません。
しかし、日本映画を代表する作品だと思います。
明治に実際に起きた事を再現しているという点だけでも見る価値があると思います。

実際の極寒の中での撮影で、観ているとどのように撮影したのか分からなくなる程信じられない映像の数々です。
実際の冬山で撮影しているので寒さがよく伝わり、
あらゆる冬の映画の中で一番寒さが伝わります。

この作品を見て、高倉健の格好良さに深く感動しました。
演技を越えて人として信頼できると感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
FUNAO

4.5リアルにもホドがあるわ!

2021年12月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

怖い

《お知らせ》
「星のナターシャ」です。
うっかり、自分のアカウントにログインできない状態にしていまいました。(バカ)
前のアカウントの削除や取り消しもできないので、

これからは「星のナターシャnova」

以前の投稿をポチポチ転記しますのでよろしくお願いいたします。
==============

ある意味伝説の映画ですが、本当に伝説でしたね〜
凄まじい吹雪も、ヒゲや眉にできた氷柱も全部本物って!!
確かにリアルに拘るのは分かるけど、
今となってはこれは役者虐待かも〜(笑)

で、ひたすら悲惨な吹雪シーンだけの映画ではなく、
ところどころ、幼い頃の思い出や夏の景色を妄想したりする
そのシーンが、とても美しい〜
古き良き田舎の素朴な祭りの風景や光溢れる夏の山々
なんだか泣けてきました。

で、月に8回程映画館に通う中途半端な映画好きとしては

リアルに拘るあまり本当の吹雪待ちで5〜6時間
高倉健さんや北大路欣也さんはじめ

全ての役者やスタッフが雪の中で待たされたとか〜
死人が出なかったのが不思議な位のホワイトアウト状態!
劇中、村の古老のセリフに「白い地獄」とありますがまさに!!
映像が怖かったです。


日本型のノーと言えない集団主義のリスクを
改めて強く感じる映画ですね。
この国の悪い習慣が
未だに変わってないことに
絶望感を感じます。

変えなきゃいけない!!
強く強く思いました。

@もう一度観るなら?
「映画館で観ないとあの吹雪の絶望感は伝わらないかも〜」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
星のナターシャnova

史実とは異なる部分があるので注意

2021年5月25日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

 映画では5聯隊に対比して31聯隊の福島大尉が美談に描かれているが、実際には道先案内人の村人を自軍の都合で任務解除して全身の凍傷を負わせ帰郷後は人事不詳の体になった人に知らん顔だったとか、その他にも当時のいい加減な調査と「大本営発表」で史実と異なることが各所にある。最近発行された「八甲田山 消された真実」(伊藤薫著 山と渓谷社刊)のなかで遭難した5聯隊の当時伍長であり生存者の一人だった小原忠三郎さんは戦後、従来の書籍や映画では無視され或いは歪曲された内容について多く語っている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kanzen tyouaku

4.0雪の映像が素晴らしい

2021年3月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

日露戦争直前の話で、弘前と青森の連隊が雪中行軍を行うことに。
弘前連隊のリーダー(高倉健)は少数精鋭の編成で、地元民の道案内を取り入れる。
青森連隊のリーダー(北大路欣也)は、上司に押し切られ大部隊を余儀なくされ、おまけに上司までが付いてくることに。
弘前と青森が明暗を分け、地獄を見ることになる。
雪の中でのシーンはよくできていて、よくぞここまで作り上げたものだと感心する。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全41件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る