大滝秀治

大滝秀治
ふりがな
おおたきひでじ
誕生日
1925年6月6日
没日
2012年10月2日
出身
日本/東京

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

中学卒業後、陸軍に入り、国外で終戦を迎える。復員してGHQの電話部で働いていたころ、演劇に魅了され、48年に民衆芸術劇場(第1次民芸)付属養成所に入所。「風の吹く一幕」(49)で初舞台を踏んだ翌年、劇団民芸の創立に研究生として参加した。当初は演出部に配属されたが、52年の「冒した者」で代役に駆り出され、俳優に転向する。東京裁判を描いた舞台「審判」(70)で注目を浴び、看板役者として劇団を牽引していく。75年、NHK連続テレビ小説「水色の時」で好演をみせ、以降「うちのホンカン」(75)や「特捜最前線」(77~87)といったドラマでも活躍する。映画の代表作には「不毛地帯」「あにいもうと」(ともに76)、「居酒屋兆治」(83)、「お葬式」(84)、「たんぽぽ」(85)、「マルサの女」(87)などがあり、深みのある語り口と演技で作品を盛り立てた。88年紫綬褒章を受章し、11年文化功労者に選出された。12年6月体調不良のために主演舞台を降板したが、10月2日肺扁平上皮がんのため87歳で逝去。約1カ月前に公開された「あなたへ」が遺作となった。

関連作品(映画)

大滝秀治の関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

大滝秀治の受賞歴の詳細を見る

写真・画像

大滝秀治の写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

大滝秀治の関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

大滝秀治の関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「大滝秀治」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る