母べえ

劇場公開日

母べえ
16%
43%
29%
9%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

山田洋次監督&吉永小百合主演による人間ドラマ。黒澤明監督作品のスクリプターとして活躍した野上照代の自伝的小説を原作に、激動の昭和初期をたくましく生き抜こうとする1人の母の姿を通して家族の素晴らしさを描き出す。昭和15年の東京。野上佳代は夫の滋や2人の娘と仲睦まじく暮らしていた。しかし、戦争反対を訴えていた滋が治安維持法で検挙されてしまう。

2007年製作/132分/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第32回 日本アカデミー賞(2009年)

ノミネート

作品賞  
監督賞 山田洋次
脚本賞 山田洋次 平松恵美子
主演女優賞 吉永小百合
助演男優賞 浅野忠信
助演女優賞 檀れい
音楽賞 冨田勲
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2007「母べえ」製作委員会

映画レビュー

2.0山田洋次監督&吉永小百合主演による人間ドラマ。

2019年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

山田洋次監督&吉永小百合主演による人間ドラマ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

4.0君は母べえを見たか?

kossyさん
2019年4月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 今から40年ほど前、チョコベーというお菓子があった。不思議感のある画期的なCMがヒットしたためチョコべー遊びも流行ったし、友達の名前に“ベー”をつけて呼び合ったりするほどだったのです。残念ながら食べた記憶はないのですが・・・

 昭和十五年の野上家では、文学者である父親・滋(坂東三津五郎)のユーモアにより、互いに“べえ”をつけて呼び合っていた。その父親が思想犯として特高に検挙されるという悲しい内容にもかかわらず、家族は周りの温かな人たちに恵まれ、娘たちも明るくたくましく育っていく様子が印象的な映画でした。

 たとえば『はだしのゲン』のように、同じく反戦を唱えたために特高に捕まり、近所の人たちからも非国民扱いされて悲劇を強調する作品でもない。また、苦難を乗り越える強き母親像を表に出す作品でもないのです。物語の根底にある反戦思想は同じであるにしても、人間の温かさを前向きに捉えたような・・・特に戦争推進派(?)のような隣組の組長さん(でんでん)などはこの温かさを象徴するようなキャラクターでもあり、時には信念を押し殺してでも、人との絆がいかに大切であるかを丁寧に描いていました。

 主人公母べえを演ずる吉永小百合はすでに60歳を超えているのに、30代であっても違和感がない。型破りの叔父仙吉役である笑福亭鶴瓶よりもずっと若く見えるのです。さらに、サユリストをも満足させるかのような、世間知らずのお嬢様風であったり、男の好意に対する鈍感ぶりという一面も見せてくれる。そして、夫の元教え子である山ちゃんを演ずる浅野忠信がとてもよかったし、壇れいも『武士の一分』に続き好演。

 子役2人に関して、世間的には長女初子役の志田未来(みらい)の評判がいいようですけど、個人的には次女照美役の佐藤未来(みく)のほうがすごいと思った。自然に口の横にごはんつぶを付けるところや、コロッケを取るタイミングの良さや、カステラを我慢するところなど・・・演出の力なんだろうけど、上手くこなしすぎでした。

 全体的には原作者野上照代の自叙伝ということもあって、特高取り調べの拷問だとか戦争の悲惨さそのものは描かれていない。そして、衣装などが綺麗すぎることや子供たちも健康そうだったことなど、なぜか違う時代を見ている錯覚にも陥ってしまいました・・・それでも泣けましたが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5こうなりゃやけだ!これまた正月向けでないのは分かっているが。確か…...

2019年1月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

こうなりゃやけだ!これまた正月向けでないのは分かっているが。確か…あったあった、ダビング後未鑑賞のDVD。山田洋次監督作品。

ラストシーンがどうにも違和感。大人になっても「べえ」だからか?それとも配役か?

小百合様の神がかった美しさ。いったいいくつ?
基本それのみを確かめればいい。次世代候補の檀れいにもう少し活躍して欲しかった(笑)
鶴瓶の役どころが「おとうと」とほぼ同じ、まあそれしかないよね(笑)

反戦モチーフなので致し方ないが、山田洋次監督にはもっと明るいというか、爽やかというか、そんな方が合う気がする。
しかし、山田洋次監督作品の凄いところはあからさまなハズレがないこと。それって実は超偉大だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

4.0ド直球な反戦映画

もりりさん
2017年3月12日
PCから投稿

泣ける

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もりり
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る