劇場公開日 2008年1月26日

  • 予告編を見る

母べえのレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全19件を表示

2.0山田洋次監督&吉永小百合主演による人間ドラマ。

2019年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

山田洋次監督&吉永小百合主演による人間ドラマ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

4.0君は母べえを見たか?

kossyさん
2019年4月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 今から40年ほど前、チョコベーというお菓子があった。不思議感のある画期的なCMがヒットしたためチョコべー遊びも流行ったし、友達の名前に“ベー”をつけて呼び合ったりするほどだったのです。残念ながら食べた記憶はないのですが・・・

 昭和十五年の野上家では、文学者である父親・滋(坂東三津五郎)のユーモアにより、互いに“べえ”をつけて呼び合っていた。その父親が思想犯として特高に検挙されるという悲しい内容にもかかわらず、家族は周りの温かな人たちに恵まれ、娘たちも明るくたくましく育っていく様子が印象的な映画でした。

 たとえば『はだしのゲン』のように、同じく反戦を唱えたために特高に捕まり、近所の人たちからも非国民扱いされて悲劇を強調する作品でもない。また、苦難を乗り越える強き母親像を表に出す作品でもないのです。物語の根底にある反戦思想は同じであるにしても、人間の温かさを前向きに捉えたような・・・特に戦争推進派(?)のような隣組の組長さん(でんでん)などはこの温かさを象徴するようなキャラクターでもあり、時には信念を押し殺してでも、人との絆がいかに大切であるかを丁寧に描いていました。

 主人公母べえを演ずる吉永小百合はすでに60歳を超えているのに、30代であっても違和感がない。型破りの叔父仙吉役である笑福亭鶴瓶よりもずっと若く見えるのです。さらに、サユリストをも満足させるかのような、世間知らずのお嬢様風であったり、男の好意に対する鈍感ぶりという一面も見せてくれる。そして、夫の元教え子である山ちゃんを演ずる浅野忠信がとてもよかったし、壇れいも『武士の一分』に続き好演。

 子役2人に関して、世間的には長女初子役の志田未来(みらい)の評判がいいようですけど、個人的には次女照美役の佐藤未来(みく)のほうがすごいと思った。自然に口の横にごはんつぶを付けるところや、コロッケを取るタイミングの良さや、カステラを我慢するところなど・・・演出の力なんだろうけど、上手くこなしすぎでした。

 全体的には原作者野上照代の自叙伝ということもあって、特高取り調べの拷問だとか戦争の悲惨さそのものは描かれていない。そして、衣装などが綺麗すぎることや子供たちも健康そうだったことなど、なぜか違う時代を見ている錯覚にも陥ってしまいました・・・それでも泣けましたが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5こうなりゃやけだ!これまた正月向けでないのは分かっているが。確か…...

2019年1月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

こうなりゃやけだ!これまた正月向けでないのは分かっているが。確か…あったあった、ダビング後未鑑賞のDVD。山田洋次監督作品。

ラストシーンがどうにも違和感。大人になっても「べえ」だからか?それとも配役か?

小百合様の神がかった美しさ。いったいいくつ?
基本それのみを確かめればいい。次世代候補の檀れいにもう少し活躍して欲しかった(笑)
鶴瓶の役どころが「おとうと」とほぼ同じ、まあそれしかないよね(笑)

反戦モチーフなので致し方ないが、山田洋次監督にはもっと明るいというか、爽やかというか、そんな方が合う気がする。
しかし、山田洋次監督作品の凄いところはあからさまなハズレがないこと。それって実は超偉大だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

4.0ド直球な反戦映画

もりりさん
2017年3月12日
PCから投稿

泣ける

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もりり

3.0内容はこじんまり

2016年8月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

あの時代故の異常な社会は分かりやすく描いているが、物悲しい。

『北の零年』でもそうだったが、吉永小百合に30~40代の女性役は無理を感じる。年の割に若く見えるがそこまで若くない。そろそろあんな若い役を付けるのは考えるべきではないか?

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
うにたん♪

4.5鶴瓶さんが出てるところは、面白かったけど、全体的にツラいお話。

2016年5月20日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

こういう時代があったことは、忘れてはいけない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
海(カイ)

4.5反戦映画

2014年7月13日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

悲しい

戦争によって引き裂かれた家族。
反戦監督なので戦争の悲しさ、悲惨さを意図した映画ですが、その反面で母べえの気丈さが際立っているように感じます。
戦時中だからこそ、慎ましくも強い母の姿がそこにはあったのかなと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ℙanℙiuro☻

3.5息の詰まる時代ゆえの不幸

Cape Godさん
2013年3月16日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

難しい

総合:70点
ストーリー: 65
キャスト: 65
演出: 75
ビジュアル: 65
音楽: 60

 なんと堅苦しく息苦しい時代だろう。特別高等警察はもちろん、市井の普通の警官から婦人会の人々まで、挙国一致体制の下で国家の価値観を強要する。そんな閉塞感溢れる社会の描写と、不幸な生活に耐え忍ぶ姿を淡々と描く演出はたいしたもの。映画の雰囲気はかなり良かったと思いました。子役も含めて出演者全体の演技と、それぞれの性格設定もはっきりしていてなかなかいいです。

 主演の吉永小百合、歳のわりに美人だし流石に演技力は確かなものだったのは認めるが、この映画の撮影時にすでに60歳を越えている。母というより祖母の年齢であり(50歳すぎて出産した計算になります)、いくらなんでも9歳の子供の母親というのには無理がありすぎなのでは。だから浅野忠信の恋愛とかも含めて見ていて不自然でした。ここはやはり劇の設定上の年齢相応の女優を使うべきだと思いましたし、そうしないといくら演技が良くても見ていて物語に感情移入し辛い。それとこの時代に似つかわしくない浅野忠信の茶髪の長髪も気になりました。
 街のセットは時々出てくる看板などが汚れもなくやけに新しくて使い込まれていないのはいかにも作り物感いっぱい。もう少し臨場感が欲しかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

3.5つまらない本当に近いと思う

Push6700さん
2013年3月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

つまらなそうだったので、見る気なかったんですが、山田監督の作品は、見ないでいるととても気になってしょうがなくなるので、結局見てしまいました。

吉永さんて、本当に不思議な女優さんです。

私も、けっこう日本映画を見ている気でいましたが、よく考えてみると、吉永さんの出演作品で、見たのは、「寅さん」除くと「キューポラ」だけ。

それも吉永さんの卓越した美貌に見蕩れてしまい、時代は違いますが、川口(埼玉県)はよく知っている場所だったので、こんなキレイな人は川口にはいないだろうと思いはじめると、そればかり気になって、結局、こんなキレイな人は川口にはいない映画になってしまいました。

今回も、舞台は川口らしいけど、吉永さんもかなりお歳をめされて、かなり落ち着いた感じになっているので、安心して見られました。(でも檀れいさんはちょっと気になった。)

さて、内容ですが、全体的に感動作であることは間違いないんですが、淡々と物語が流れていく感じで、ラストまでいってしまい、少々盛り上がりに欠けるかな?

普通映画って、おもしろい嘘なんだけど、この映画は、どちらかと言えば、つまらない本当に近いです。

今もそうだけど、戦争中という時代時代設定により、正しくて、いい人でいるのが、どれだけたいへんで、覚悟がいることなのか、思い知らされました。

この映画は、つまらない本当より、おもしろい嘘がいいという人は、見ない方がいいと思います。

それから、ラストシーンは絶対にいると思います。

あれがこの映画のすべてを物語っていて、私はラストシーンに一番感動しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Push6700

3.5母べぇ(かぁべぇ)・父べぇ(とぉべぇ)・鶴瓶(つるべぇ)

shimoさん
2008年9月23日

泣ける

悲しい

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

2.5泣かせる映画はオーバーじゃダメかな

ぼてさん
2008年3月27日

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ぼて

2.0キツイ

しろさん
2008年3月24日

悲しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
しろ

3.0平和な時代の有難さ

すぺるさん
2008年3月20日

泣ける

戦時中の日本の家族を描いた作品です。父親が投獄されても、挫けず母親の一人で娘達を育てる姿を物語を通して描かれていました。

個人的には、髭を生やしていない浅野忠信に清潔感が感じられて印象的でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
すぺる

4.0母べえ

2008年3月19日

泣ける

家族愛を描いた感動の作品。ただし60歳を過ぎた吉永小百合が30歳代の母親役を演じるのには少し違和感がありました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おばちゃん

4.5とてもいい映画

2008年2月24日

泣ける

悲しい

自伝の映画化というだけあって、時代をきちんと描写していて好感が持てる。時代をきちんと活写しているだけに、その中で繰り広げられる物語が信憑性を持ち、観客に直截的に訴えかけている。戦時下に於ける思想犯の夫、そしてその妻、二人とも決して思想らしい思想を何一つ語るワケではないが、彼らの周辺にその逆の立場を語らせることで、夫婦の正しさ、一途さが却って浮き上がる仕掛けになっている。
浅野忠信は頼りなくも頼もしい実に愛すべき人物像を好演している。また、吉永小百合もすばらしい。彼女の体内に、あたかも永遠に住みついているかのような天性の優しさが本映画でもくっきりと滲み出ている。最終シーン近くで「死」が連続して取り扱われるが、全体のトーンはあくまでも温かい。名台詞はないし、これといった見せ場も見当たらないが、とてもいい映画だと確信を持って言える。個人的には、都会の家の玄関脇にあった鶏小屋が強く印象に残っている。あんな家に住んでみたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アマポーラ

4.0地味ですが…

αさん
2008年2月16日

悲しい

地味…ではありますが、それだけの理由でこの映画を切り捨ててしまってはいけないような、そんな何かがあると思いました。吉永小百合は、さすがに30代の母には少し無理があるとは思いますが、たたずまいは吉永小百合ならではで、やはり彼女あってのこの映画なのでしょうか。若い人にもみてほしいと監督が言っていますが、まさにそのとおりで、2度とあってはならない間違った時代を、ここから学びとってみたいものです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
α

4.0率直に良かった

2008年2月7日

泣ける

笑える

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
anto2o

4.5昭和のお母さん。

ハチコさん
2008年2月5日

泣ける

笑える

悲しい

山田洋次が「寅さん」に帰ってきたような気がしました。
やはりこの監督は、庶民の家族劇を上手に描けるヒトです。
吉永小百合を使ったことが成功の要因。かもしれないけど
キャストにもかなり恵まれてましたねぇ。
今回は人選間違えてないな、と^m^
静かで凡庸な生活の賛歌と、愚かな国家讃美や戦争の悲惨さ、
当時の一般庶民が、どんな扱いを受けていたのかも実感できる。

長年、黒澤映画のスクリプターとして活躍してきた野上照代が、
両親への鎮魂を込めて綴った名作「父へのレクイエム」を改題。
彼女は劇中「照べえ」として(子役が可愛い)愛らしさを振り撒き、
母べえ、父べえ、姉の初べえと共に…いや、忘れてはならない
我らが山ちゃん!(浅野忠信・会心の演技)、チャコ姉さんと共に、
暗く辛い戦中時代の中を、かくも明るく笑顔いっぱいに過ごした
家族の軌跡を見事にスクリーンに描き出しています。

母さん、という歌の中にも出てくる夜なべをするお母さん。
昭和の母親像を演じられる女優さんも少なくなりましたね…。
吉永小百合は劇中で30代の母親を演じていますが(!)違和感ゼロ。
見た目にも凄いことだけど(爆)本当に違和感がありませんでした。
山ちゃんがほのかに想いをよせる気持ちも分かる…!^^;だけど
芯は強く決して正義を曲げない。実の父親に勘当されても平気。
こういう強さを醸し出せる女優も、もはや彼女くらいか…^^;
なにしろ「母べえ」ありき。そして陰に日向に彼ら一家を支えた
山ちゃんありき!(鶴瓶も上手かった!)の作品だったのです。。。

出てくるキャラクターがすべて、それぞれに魅力的。
あぁ~いるよねぇ、こういうおじさん。いるよねぇ、おばさん。
そうそう、そうやって遊んだよね。親のいうことは絶対だった。
そりゃ~カステラを食べたいわな。肉だって食べたいさ。
…と、私とは○十年も違う時代のハナシなのに(爆)妙に親近感^^;
唯一我が家と違うのは、父べえを尊敬していたところかな(爆)

物語(特に戦争が色濃くなる後半)の展開は辛いながらも、
一貫して庶民を同目線のカメラで捉える姿勢は、変わらず温かい。
自分が歳をとって初めて「あぁ母親はこの時こんな風だったんだ」
そう感じるようになった私自身、豊かな時代に生きていることを
つい忘れがちになります。でも今作を観て思うのは、やっぱり、
家族っていいな。母べえが守ったものを自分も守らなきゃだよな。
そんな風に素直に思えるから、やはり寅さん映画は永遠なのだ。^m^

(しかしどうして「べえ」なのか。じゃあ八兵衛は?とかいって^^;)

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ハチコ

5.0若い人にこそ観てほしい。

AKIRAさん
2008年1月28日

悲しい

怖い

主要人物を演じた全ての役者が素晴らしい。

とりわけ,浅野忠信さんが見事。

野上家を支える良心の塊を
自然に嫌味なく好演して,
その姿は,同性から見ても理想の男性像でした。

淡々と進みながらも,
多面的で奥深いドラマが印象的。

監督の伝えたいメッセージが集約された,
ラストの遺言と手紙が,
痛切な余韻となって,強烈に胸を打つ。

泣きそう,暗そうなどと,
見た目で判断して敬遠せず,
浅野さんかっこいい!
そんな単純な動機でもいいから,
若い人たちにこそ観てほしい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
AKIRA
「母べえ」の作品トップへ