タンポポ

劇場公開日

19%
52%
24%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

タンクローリーの運転手が、さびれたラーメン屋の美しい未亡人に惹かれるまま、そのラーメン屋を町一番の店にするまでを、奇想天外の食物がらみのエピソードを混ぜて描く。脚本、監督は「お葬式」の伊丹十三、撮影は「火まつり」の田村正毅がそれぞれ担当。

1985年製作/115分/日本
原題:Tampopo
配給:東宝

ストーリー

雨の降る夜、タンクローリーの運転手、ゴローとガンは、ふらりと来々軒というさびれたラーメン屋に入った。店内には、ピスケンという図体の大きい男とその子分達がいてゴローと乱闘になる。ケガをしたゴローは、店の女主人タンポポに介抱された。彼女は夫亡き後、ターボーというひとり息子を抱えて店を切盛りしている。ゴローとガンのラーメンの味が今一つの言葉に、タンポポは二人の弟子にしてくれと頼み込む。そして、マラソンなど体力作り、他の店の視察と特訓が始まった。タンポポは他の店のスープの味を盗んだりするが、なかなかうまくいかない。ゴローはそんな彼女を、食通の乞食集団と一緒にいるセンセイという人物に会わせた。それを近くのホテルの窓から、白服の男が情婦と共に見ている。“来々軒”はゴローの提案で、“タンポポ”と名を替えることになった。ある日、ゴロー、タンポポ、ガン、センセイの四人は、そば屋で餅を喉につまらせた老人を救けた。老人は富豪で、彼らは御礼にとスッポン料理と老人の運転手、ショーヘイが作ったラーメンをごちそうになる。ラーメンの味は抜群で、ショーヘイも“タンポポ”を町一番の店にする協力者となった。ある日、ゴローはピスケンに声をかけられ、一対一で勝負した後、ピスケンも彼らの仲間に加わり、店の内装を担当することになった。ゴローとタンポポは互いに魅かれあうものを感じていた。一方、白服の男が何者かに撃たれる。血だらけになって倒れた彼のもとに情婦が駆けつけるが、男は息をひきとった。--やがて、タンポポの努力が実り、ゴロー達が彼女の作ったラーメンを「この味だ」という日が来た。店の改装も終わり、“タンポポ”にはお客が詰めかけ、行列が続いた。ゴローはタンクローリーに乗ってガンと共に去っていく。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚本
伊丹十三
製作
玉置泰
細越省吾
制作
ニュー・センチュリー・プロデューサーズ
撮影
たむらまさき
美術
木村威夫
グラフィック・デザイン
佐村憲一
音楽
村井邦彦
録音
橋本文雄
照明
井上幸男
編集
鈴木晄
キャスティング・ディレクター
笹岡幸三郎
助監督
白山一城
スチール
目黒祐司
宮本一郎
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0【伊丹十三監督の、諧謔味溢れた、”食”をテーマにした傑作。メインストーリーの狭間のエロティックなサブストーリーも魅力的である。】

NOBUさん
2021年1月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

楽しい

知的

幸せ

ー 私事であるが、伊丹十三氏のエッセイは、高校生以来、耽溺、愛読している。「ヨーロッパ退屈日記」を始めとした名エッセイの数々は家人の断捨離攻撃を受けながらも、全冊、書棚に収められている。
 その伊丹氏が初監督した「お葬式」が、大ヒットと聞いた時は本当に嬉しかった。が、年代的に劇場で観ていない・・。その後別媒体にて、複数回鑑賞はしている。-

 ■今作、「タンポポ」は個人的に、伊丹監督作の中でも特に好きな作品である。
 それは、冒頭、いきなり映画館がスクリーン側から映され、そこに愛人(黒田福美)を連れて現れたオフホワイトの三つ揃えのスーツと粋な帽子を被った男(役所広司)が、颯爽と最前列に座った時、後列の若いカップルがポテトチップスを上映前に”パリポリ”と食べている時に(後年、女性が松本明子さんだったと聞いて、驚いたものである。)
 男が、”美味しい?”と言って、ちょっとポテトをつまむ。
 そして”もし、映画が始まってこれを食べる音が聞こえたら、俺、お前を殺すかもしれないからね!”と若い男の胸倉を掴んだ後、男と愛人の前に、やおらテーブルが運ばれ、フランス料理、ワインが運ばれてくるシーンで一気に、引き込まれたものである。
 - それ以来、私はパブロフの犬ではないが、映画館でポップコーンを買った事は、一度もない。-

 ◆メインストーリーは、映画好きであれば多くの人が知っていると思われるので、割愛。

 ◆今作の魅力は、メインストーリーとして進行する、”オフホワイトの三つ揃えのスーツと粋な帽子を被った男”のバージョンを代表とした幾つかのサブストーリーであろう。
 - エロティックなシーンが多い。愛人とホテルで戯れる数々のシーン。ー
  ・愛人の柔らかそうな胸の上に置かれた芝海老をガラスのカップで囲い、跳ねる海老の動きを喜ぶ愛人の姿。
  ・愛人と卵の黄身を口移しで出し入れし、最後は愛人が恍惚とした表情で失神するシーン。
  ・男が、海辺に行き若い海女さん(洞口依子)から、牡蠣を向いて貰い彼女の掌から、そのまま食べるシーン。牡蠣の殻で唇を切り、血を流す男に対し、舌を伸ばしてその血を舐める海女さんの姿・・。エロティシズム極まれりのシーンである。
 - ちょっと、今書いているだけでも、なけなしのお金を払って観に行った時の興奮が思い起こされる・・。ー

 - その後も印象的なシーンがメインストーリーの合間に挟まれる。-

 ・品よくパスタを食べる”マナーお勉強会”のシーン。先生(岡田茉莉子)が仰々しく、巻いたパスタをスプーンに乗せて、音を立てずに食べる練習をしている脇で、豪快に音を立ててパスタを食べる外国人の太った男の姿を見て・・。クスクス笑う。この逸話は、実際に伊丹氏が外国で経験した事実を基にしているようである。(エッセイに”恥ずかしい思いをしたことが書いてある。)

 ・高級フレンチに行った重役以下の連中が、慇懃なウェイター(橋爪功:何だか良く覚えている)が注文を取りに行った際、メニューのフランス語が読めず、”舌平目のムニエル”を右で倣えで頼んだ際に、一番下っ端の男(加藤賢崇)がワインの銘柄も確かめながら、次々に注文をしていく様。彼の直属の上司(高橋長英!)の”チック”は絶品である。

 ・タンポポの息子がホームレスたちに会い、”ノッポサン”(高見映)に連れられて、夜中の洋食店に忍び込み、オムライスを手際よく作るシーン。
 - 今では、超有名なタンポポオムライス誕生の瞬間である。-
  そして、タンポポのラーメンを作る事に協力する事になったセンセイ(加藤嘉)をホームレスたちが見事な合唱で月夜に送るシーン。名シーンである。-

 ・夜、スーパーに忍び込んで、桃、カマンベールチーズetc.に次々に親指でグチャグチャにする老婆(原泉!)とスーパーの店長(津川雅彦)の追いかけっこ。

 ・歯痛に悩まされる男(藤田敏八)と、男を治療する歯医者と二人の色気たっぷりの女性助手 ー腋毛が・・- 男が治療後、”無添加植物で育てています・・”というメッセージが書かれた段ボール紙を首から下げる幼子にアイスクリームを与えるシーン。

 ・”東北大学名誉教授!”の肩書を基に詐欺を重ねる初老の男(中村伸郎)が、刑事に捕まった際に、未練がましく”もう一口だけ・・”と北京ダックを口にする姿。

 ・妻が瀕死の状態になり、医師、看護婦が看取ろうとする中、幼き子供たちの前で、
 ”母ちゃん、死ぬな!そうだ、飯を作れ・・!”と言う男(井川比佐氏)に対し、幽霊のような妻(三田和代)がフラフラと起き出し、中華鍋で炒飯を作るシーン。
 ”できたよ・・”と中華鍋のまま、テーブルに置く妻。
 子供達に”食え!”と言う脇で、医者の”ご臨終です・・”と言う言葉。
 - シュールだなあ・・。-

<メインストーリーまで書いていくとトンでもない事になるので、この辺で止めるが、
 伊丹十三監督が人間の ”食” と ”性” と ”死” は連関しているという考えの基、メインストーリーには ”荒野の用心棒” を思わせる西部劇を絡ませた、傑作。
 何度観たか、分からない作品でもある。>

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU

5.0生きることは食べること。目眩く人生喜劇

柴左近さん
2020年9月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

幸せ

のっけから観客に話しかけてくる役所広司
ラーメンをこよなく愛する老人
ハットが世界一似合うトラック運転手、山崎努
夫亡き後ラーメン屋を継いだ素朴な未亡人たんぽぽ…
主要人物たちが力を合わせて最高のラーメン屋を作ることに尽力するという物語の軸に加え、所々展開される「食」にちなんだ珍事の数々…
ツッコミ所満載なのに、登場人物全員が大真面目。

映画の括りでみると滑稽だが、人生というものを遠目で見ると、案外こんな感じなのかもしれない。

そういった「人生=食べること」という営みが、伊丹十三という稀有なフィルターを通し、とてつもなく面白くて愛しい傑作となった

初めて伊丹監督の作品を鑑賞したが、物凄かった。こんな監督、日本どころか世界を見渡しても中々いない。
氏の他の作品も観たくなった。てか絶対観る

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
柴左近

4.5食に纏わるエピソードの映画的光彩が放つ伊丹十三監督の演出手腕の素晴らしさ

Gustavさん
2020年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

近年の日本食ブームが「和食」のユネスコ無形文化遺産登録に象徴されるように、日本独自の進化を遂げる食べ物が世界的に認知されています。特に庶民的でリーズナブルなラーメンは人気が高いようです。そのラーメンを始めとする日本の様々な食文化をシニカルに描いた鬼才伊丹十三監督の傑作が、35年前の今作です。前年の「お葬式」で監督デビューした伊丹十三氏については、名監督伊丹万作氏を父に持ち、「北京の55日」「ロード・ジム」など海外でも活躍する日本の俳優というほどの認識でした。ただ、これより5年前のことですが、フェデリコ・フェリーニ監督の「オーケストラ・リハーサル」ロードショー上映の三百人劇場で偶然お見かけしたことがあり、僭越ながら地味なイタリア映画も観る勉強熱心な方なのだと印象に持ちました。後に氏の経歴から、ヨーロッパ文化に造詣が深いバックグラウンドを備えた知識人と知って、今では浅薄な思い上がりと恥じています。

才人伊丹十三の第二作目。ラーメン屋再建を中心に様々な食文化のエピソードをオムニバス形式に構築した喜劇。そのセンスの良さ、異色の着眼が映画の勘どころを飲み込んでのユーモアが素晴らしい。日本の映画人で、こんな作品創れる人は他に誰もいない。ルイス・ブニュエルの「自由の幻想」に構成を真似て自由奔放に、中味はイタリア映画的庶民リアリズムの人間暴露で、全体としては各個性派俳優の絶え間ない競演と、多面的な光彩を放つ。餅をつまらせる大滝秀治の死と隣り合わせの食の危うさ。シリアスとユーモアの渾然一体では、井川比佐志のエピソードが凄い。妻の臨終に駆け付けチャーハンを作らせ、泣きながら食べる父子の姿。ヴィスコンティの「ベニスに死す」をもじる白いスーツの男役所広司の性と食の粘着したコラボレーション。牡蠣と卵の黄身の厭らしさ。そして、本筋の宮本信子を手助けする山崎努と渡辺謙のラーメンの拘り追求の面白さ。全編映画表現の粋と正確性で、多種多様な場面を食のテーマで繋げた画期的な日本映画の傑作品。こんなうまい映画を作った伊丹監督を、絶賛する。
 1986年1月21日  池袋東宝

公開当時は、処女作「お葬式」ほど評価されませんでした。日本食ブームで世界的に再評価されて当時の鬱憤が少しは解消されています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Gustav

5.0たんぽぽ

alextmさん
2020年6月29日
iPhoneアプリから投稿

超面白かった。
今著名な俳優さん達がチョイ役で出てるのも面白い。
海外でも評判良い作品らしいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
alextm
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る