アートのお値段

劇場公開日

アートのお値段

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して」でアカデミー賞にノミネートされたナサニエル・カーン監督が、アートの価格を題材にアート市場の裏側に迫るドキュメンタリー。秋のオークション開催まで6週間と迫ったニューヨークのサザビーズ。アート界周辺がにわかに騒がしくなり、オークショナー、ギャラリスト、評論家、コレクター、そしてアーティスト、それぞれの立場のさまざまな思惑、価値観がせめぎあう。ラリー・プーンズ、ジェフ・クーンズ、ジョージ・コンド、ゲルハルト・リヒターら一流アーティストたちが登場するほか、サザビーズでの実際のオークションの様子などを紹介。「アートの価値」をさまざまな角度から掘り下げていく。

2018年製作/98分/アメリカ
原題:The Price of Everything
配給:ユーロスペース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

映画レビュー

3.0"Because Art is Art"

あにーさん
2019年8月25日
iPhoneアプリから投稿

本物とはなにか?価値とはなにか?
マーケットの値段はわかっても、本当の価値をわかっているか?
アートを観るとき名前が先か作品が先か?
それらに明確な答えはないけど、マーケットや歴史やストーリー、そしてそれに関わる人たちが付けてきた評価がある。
アーティストやギャラリスト、コレクター、評論家、オークショニア、様々な視点からの意見が見れて興味深かった。

商業として、芸術として、色んな人の思惑や好みの中で左右される価値ってなんなんだろう。

それにしてもその価値付けに公共美術館は蚊帳の外なのに、売れてるアーティストたちの中には収蔵されたいと言ってるのがなんとも。。。名前も作品もある程度の価値づけされたら文化になりたいということか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あにー

4.5アートを見る目が軽くなる?

ワンコさん
2019年8月24日
iPhoneアプリから投稿

アーティストは総じて寡黙なのに対し、ディーラーやオーナーは冗長でよく喋る。
現代アートの価値について聞かれる前に、質問を極力遮ろうとするかのようだ。

アーティストは総じて自分の作品の価値は底上げされてると認識しているし、当面の資金も必要だし、だが、行く行くは、美術館に所蔵されて、自分亡き後に、再び陽の目を見るような作品を残せれば本望だとさえ思っている。

だが、ディーラーは、美術館や多くの人の目に触れる場所より、選ばれた人のところで相応しい展示方法で飾られるのが、アートにとってもっとも喜ばしいと主張し、値段をドンドン吊り上げようと躍起だ。

アートの値段とは一体なんだろうか。

こんなことは、小学生の時から誰もが抱く疑問のような気もする。

ピカソの「泣く女」を見た時、ああ、これだっら自分も描けると皆んなだって思ったじゃないか。
こんな名声や値段に対するささやかな疑問は、こんなところから、僕たちの中で、ずっと続いていたに違いない。
その後、少し美術に触れ、ピカソのような訳にはいかないと思いつつも、どんどん現れる新進気鋭の若手アーティストに疑問を持つのも仕方がない。

ポロックは、自分のやりたい事は、全部ピカソがやってしまったと言っていたというエピソードを読んだことがある。
その後、ドロッピングやアクションペインティングをリードし、今最も高額で取引される作品を制作したポロックも、実は、生きていたら、それほどの値段ではなかったのかもしれないと思うと、ちょっとショックだったりもする。

そんな事言われたら、過去の偉人の作品だって疑問に思う人がいるかもしれない。
ダヴィンチの作品として近年発見された、エンディングに映される「サルバドール・ムンディ」の4億ドルも怪しいのか?
シンガポールにあるはずの「アイルワースのモナリザ」はダヴィンチ作品としては、疑問点が多くなってきるようだが、シンガポールの企業グループは、これに一体いくら支払ったのか?
もう考え始めたらドキドキしっぱなしだ。

だが、アートの価値なんて値段と比例するわけではない。
誰にだって(そうではないかもそれないが)好きな作品の一つくらいあるだろう。
仮に自分で所有できなくても、美術館に足を運べばいつでも見れるのは喜ばしい事だ。

大学の一般教養の英語の授業のテキストが、「from Giotto to Cezanne」という美術本だった。
フラ・アンジェリーコの受胎告知の解説で、ヴァージンのマリアが妊娠し、処女と妊婦という矛盾を表さなくてはならなかったという説明を読んで、いたく感動したのを覚えている。
その後、バックパッカーをして、フィレンツェを訪れ、このフレスコ画を見たときに、更に驚いたのが、マリアは明らかに戸惑っている表情をしていた事だ。
マリアにはフィアンセがいて、ヴァージンなのに妊娠して、それは神様の子供だと言われ、戸惑わないわけがないのだ。
フラ・アンジェリーコは、神のストーリーを借りて、人間の一瞬の戸惑いを描いていたのだ。

アートは、そんなところに発見や驚きがあって、個人個人の中に価値を生み出すものではないだろうか。

それにしても、ジャスパー・ジョーンズのターゲットは、くれるんだったら、大事にするから僕も欲しい(笑)。

そして、コマーシャリズムから距離を置いて制作に時間を費やした、ラリー・プーンズの作品達の瑞々しいしさを劇場の画面で見たとき、何か気持ちがパッと明るくなる気がして、胸が熱くなった。
あのプーンズ展にいたオバさんじゃなくたって涙が出て出そうだった。

本当に素晴らしいと感じるアートには値段など重要ではないのかもしれない。
特定の美術教育など受けていない、例えば、発達障害の人などが制作するアール・ブリュットは、非常に多くの人々の心を惹きつける。
そういう感動を見つけることが出来れば良いのだ。
アートの価値を値段で減じるようなことがあっては悲しいではないか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ワンコ

4.5アートを見る目が軽くなる気がする

ワンコさん
2019年8月24日
iPhoneアプリから投稿

アーティストやアートが総じて寡黙なのに対し、ディーラーやオーナーは饒舌だ。
現代アートの価値について聞かれる前に、質問を極力遮ろうとするかのようだ。

アーティストは総じて自分の作品の価値は底上げされてると認識しているし、当面の資金も必要だし、だが、行く行くは、美術館に所蔵されて、自分亡き後に、再び陽の目を見るような作品を残せれば本望だとさえ思っている。

だが、ディーラーは、美術館や多くの人の目に触れる場所より、選ばれた人のところで相応しい展示方法で飾られるのが、アートにとってもっとも喜ばしいと主張し、値段をドンドン吊り上げようと躍起だ。

アートの値段とは一体なんだろうか。

こんなことは、小学生の時から誰もが抱く疑問のような気もする。

ピカソの「泣く女」を見た時、ああ、これだっら自分も描けると皆んなだって思ったじゃないか。
こんな名声や値段に対するささやかな疑問は、こんなところから、僕たちの中で、ずっと続いていたに違いない。
その後、少し美術に触れ、ピカソのような訳にはいかないと思いつつも、どんどん現れる新進気鋭の若手アーティストに疑問を持つのも仕方がない。

ポロックは、自分のやりたい事は、全部ピカソがやってしまったと言っていたというエピソードを読んだことがある。
その後、ドロッピングやアクションペインティングをリードし、今最も高額で取引される作品を制作したポロックも、実は、生きていたら、それほどの値段ではなかったのかもしれないと思うと、ちょっとショックだったりもする。

そんな事言われたら、過去の偉人の作品だって疑問に思う人がいるかもしれない。
ダヴィンチの作品として近年発見された、エンディングに映される「サルバドール・ムンディ」の4億ドルも怪しいのか?
シンガポールにあるはずの「アイルワースのモナリザ」はダヴィンチ作品としては、疑問点が多くなってきるようだが、シンガポールの企業グループは、これに一体いくら支払ったのか?
もう考え始めたらドキドキしっぱなしだ。

だが、アートの価値なんて値段と比例するわけではない。
誰にだって(そうではないかもそれないが)好きな作品の一つくらいあるだろう。
仮に自分で所有できなくても、美術館に足を運べばいつでも見れるのは喜ばしい事だ。

大学の一般教養の英語の授業のテキストが、「from Giotto to Cezanne」という美術本だった。
フラ・アンジェリーコの受胎告知の解説で、ヴァージンのマリアが妊娠し、処女と妊婦という矛盾を表さなくてはならなかったという説明を読んで、いたく感動したのを覚えている。
その後、バックパッカーをして、フィレンツェを訪れ、このフレスコ画を見たときに、更に驚いたのが、マリアは明らかに戸惑っている表情をしていた事だ。
マリアにはフィアンセがいて、ヴァージンなのに妊娠して、それは神様の子供だと言われ、戸惑わないわけがないのだ。
フラ・アンジェリーコは、神のストーリーを借りて、人間の一瞬の戸惑いを描いていたのだ。

アートは、そんなところに発見や驚きがあって、個人個人の中に価値を生み出すものではないだろうか。

それにしても、ジャスパー・ジョーンズのターゲットは、くれるんだったら、大事にするから僕も欲しい(笑)。

そして、コマーシャリズムから距離を置いて制作に時間を費やした、ラリー・プーンズの作品達の瑞々しいしさを劇場の画面で見たとき、何か気持ちがパッと明るくなる気がして、胸が熱くなった。
あのプーンズ展にいたオバさんじゃなくたって涙が出て出そうだった。

本当に素晴らしいと感じるアートには値段など重要ではないのかもしれない。
特定の美術教育など受けていない、例えば、発達障害の人などが制作するアール・ブリュットは、非常に多くの人々の心を惹きつける。
そういう感動を見つけることが出来れば良いのだ。
アートの価値を値段で減じるようなことがあっては悲しいではないか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ワンコ

4.0「値段」は決まるが「価値」は決められない

Imperatorさん
2019年8月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

映画を見終わってみると、予告編はなかなか良いデキで、この映画を観るにあたっての重要なキーワードが、ほぼすべて入っていることに気付く。

レンブラントの名品は、今となっては値段が付けられず、市場にもまず出ない。
本作で話題となるのは、果たして50年後には残っているかどうかさえ疑わしい、「価値」が定まらず、リアルタイムで「値段」が変動している“現代アート”である。
もっと言えば、「価値」が誰もさっぱり分からないからこそ、逆説的に「値段」が常軌を逸するのではないだろうか?
原題は「The Price of Everything」だが、Everythingというのは、値段は高いが無価値かもしれない作品に対する皮肉なのか・・・。

市場は、まずはアーティストとギャラリーなどと購入者の間の「一次市場」で始まるが、もちろんそこでは終わらない。
今、活況を呈しているのは、作品が元の持ち主から離れて、オークションなどで転売される「二次市場」だ。
そこでは、世界中の超富裕層が資産価値だけで購入するために、倉庫に塩漬けにされている作品も少なくない。真摯なコレクターにとってさえ、半分、通貨や株券のような存在と化しているようだ。

とはいえ、この映画はオークション顛末記ではないし、マネーゲームに特化した内容でもない。
コレクター、批評家、画商、オークション会社だけでなく、超有名人を含むアーティスト本人が多数出演していることが、この種のアート系ドキュメンタリーには珍しい特徴ではないかと思った。(ただしリヒター本人の出演はわずか。)
つまり、いろんな立場の人間に、バランス良く軸足が置かれている。
ただ、上映後のトークイベントを参考にすると、これでも十分ではなく、世界中に支店を持つメガ・ギャラリーが、この“アート・ゲーム”のプレーヤーの一員として欠けているようだ。(美術館に貸し出して展示したという来歴が、作品の“箔付け”となって、高額な売買を可能とするといった話だった。)
また、資金がなく、ゲームに参加することすらできない美術館サイドの話も、ほぼない。

アーティスト本人は、いくらオークションで作品に高値が付いても、直接的に儲かるのは転売したコレクターとオークション会社だけであるから、一喜一憂せず、いささか困惑している場合が多い。(むろん、間接的には利益があるはずだが。)

個人的には、先人にすべてやり尽くされてしまった後の、哀れな世界の狂騒曲に思えた。
正直に言えば、6人のアーティストのうち、ナイジェリア人のジデカの絵以外は、好きになれなかった。他の作品は、あたかもファッション業界のように、過去の作家の作品の蒸し返しや亜流にしか見えなかったのだ。
しかし、今を生きる以上、レンブラントや「フェルメールの作品世界に戻る」わけにはいかない。
「価値」ある作品とは、こういう馬鹿馬鹿しい狂騒の中にあって、多くの年月と人々の鑑賞を経てコンセンサスが形成されて、最後まで生き残ったモノのことだというのが、今日の不都合な真実なのだろう。

「アート界を笑え」である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Imperator
すべての映画レビューを見る(全4件)