ベニスに死す

ALLTIME BEST

劇場公開日:

ベニスに死す

解説

巨匠ルキノ・ビスコンティの「山猫」と並ぶ代表作で、ノーベル賞作家トーマス・マンの同名小説を原作に、作曲家グスタフの美少年への心酔と老いの苦しみを描いた。「地獄に堕ちた勇者ども」に続いて撮られた、ドイツ3部作の2作目にあたる。療養のためベネチアにやってきたドイツの老作曲家アシェンバッハは、ホテルで少年タジオを見かける。一目で少年の美しさの虜になり、彼の姿を見つけるだけで喜びを感じ始める。全編に流れるのは、アッシェンバッハのモデルになったマーラーの「交響曲第3、5番」。2011年には製作40周年を記念し、ニュープリント版でリバイバル上映された。

1971年製作/131分/G/イタリア・フランス合作
原題:Morte a Venezia
配給:クレストインターナショナル
日本初公開:1971年10月2日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第44回 アカデミー賞(1972年)

ノミネート

衣装デザイン賞 ピエロ・トージ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

DEATH IN VENICE (C) 1971 Alfa Cinematografica S.r.l. Renewed 1999 Warner Bros., a division of Time Warner Entertainment Company, L.P. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.5美しい映画です

2022年8月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

大学時代に早稲田松竹で観ました。なんといってもマーラーの5番が良かったです(そこ?)。
タージォとその母親が美しかったですね! 貴族を描かせたらヴィスコンティに勝てる人はいません。本物の貴族ですからね。衣装、丁度は全部本物だそうです。貴族のエキストラは全員が監督の友人の貴族だそうです!!
私は一時期、ジゥジアーロデザインの愛車を「タージォ」と呼んでいました(バカ)。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
arlecchino

5.0時代と共に人間は少しずつ

2022年7月6日
iPhoneアプリから投稿

顔が変わっていくから
今と同じかそれ以上の美人が当時いた事に驚いた(  Д ) ⊙ ⊙!
ジャニーズは世界共通だった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミスター

2.5人生の最期に出会った美少年

さん
2022年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ダークボガード扮する作曲家グスタフフォンアッシェンバッハ教授は、心臓が弱っていて静養のためリド島にやって来た。そこで偶然ビョルンアンドレセン扮するタッジオと言う名の少年に会い魅せられた。教授は急遽島を出てミュンヘンへ帰る事にしたが、荷物が誤送されたため島へ戻る事になった。
どこか情緒不安定な教授が人生の最期に美少年に出会ったと言うだけの話。かつてビョルンアンドレセンが話題になった覚えがあったが、つかみどころが無かったよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
重

3.5圧倒的な美と生命力に溺れてしまった男?

2022年6月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

《お知らせ》
「星のナターシャ」です。
うっかり、自分のアカウントにログインできない状態にしていまいました。(バカ)
前のアカウントの削除や取り消しもできないので、これからは

「星のナターシャnova」 と言う名前で

以前の投稿をポチポチ転記しますのでよろしくお願いいたします。

==============

タイトルとギリシャ彫刻の様な美少年の映像で有名なこの映画。
午前10時の映画祭で観なければ、
多分観ることはできなかったかもしれない。

映像に拘るビスコンティーの作品だけに、
とにかく全ての衣装や調度が美しい!!
美術館のヨーロッパ絵画がそのまま動き出した様な画面。

通りすがりの貴婦人たちの衣装もさることながら
やはり主人公グスタフを魅了してしまうタージョの衣装!
その姉妹達の衣装もなんと上品で可愛い〜〜

ちょっと難しい映画だけど、
美しい映像体験として観ても良いと思います。

で、月に8回程映画館に通う中途半端な映画好きとしては

芸術家が創作活動にも家族関係にも行き詰まって、
何かを変えようと思った時には
もう自分の命の終わりが近づいていた〜
と言う話だと私は思いました。

最初の方に出てくる砂時計の話が象徴的で
「昔、家にあった砂時計は砂の落ちる穴が小さくて
砂が減って行く様子がほとんど判らない。
気が着いた時はもうほとんど砂が残っていない。」

いろんなものに行き詰まっていたグスタフ。
そんな時に出会ってしまった美少年タージョ!!

単なる美少年では無く
ギリシャ彫刻のアポロンの様に
圧倒的に神々しく生命力に溢れた美少年〜〜

彼は奥さんも子供いたし、ゲイという訳ではなさそう〜
自分が見失ってしまった完全無欠な美と溢れる生命力の塊〜〜
中年男はそのパワーに魅了されてしまったんだな〜
その感じはなんと無く解る。
とても残酷で悲しい話よね〜〜。

それにしても、
そんな高尚な映画にも関わらずおばちゃん目線としては
いくらリゾート地とは言え、四人も子供のいる母親が
(末っ子はまだ6〜7歳に見えたけど)
伝染病の噂の流れてる街になんでいつまでも居るの??
トットと離れるでしょ!!
周りの人たちがどんどん離れていって、
賑やかだったビーチも最後は10人も人が居なくなってた。
家庭教師らしき女性もなんで、浮浪者が屯ってる街を
子供と女性だけでウロウロしてるんだろう!!

哀れな主人公のおっさん以上にそこが気になってしまった。
そういう所を突っ込む映画では無いのは重々承知だけど
気になっちゃたら仕方ないよね〜

@もう一度観るなら?
「何年か後にまた企画上映があったら映画館で〜〜」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
星のナターシャnova
すべての映画レビューを見る(全47件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る