ベニスに死す

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ベニスに死す
19%
41%
27%
6%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

巨匠ルキノ・ビスコンティの「山猫」と並ぶ代表作で、ノーベル賞作家トーマス・マンの同名小説を原作に、作曲家グスタフの美少年への心酔と老いの苦しみを描いた。「地獄に堕ちた勇者ども」に続いて撮られた、ドイツ3部作の2作目にあたる。療養のためベネチアにやってきたドイツの老作曲家アシェンバッハは、ホテルで少年タジオを見かける。一目で少年の美しさの虜になり、彼の姿を見つけるだけで喜びを感じ始める。全編に流れるのは、アッシェンバッハのモデルになったマーラーの「交響曲第3、5番」。2011年には製作40周年を記念し、ニュープリント版でリバイバル上映された。

1971年製作/131分/G/イタリア・フランス合作
原題:Morte a Venezia
配給:クレストインターナショナル
日本初公開:1971年10月2日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第44回 アカデミー賞(1972年)

ノミネート

衣装デザイン賞 ピエロ・トージ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

DEATH IN VENICE (C) 1971 Alfa Cinematografica S.r.l. Renewed 1999 Warner Bros., a division of Time Warner Entertainment Company, L.P. All Rights Reserved.

映画レビュー

5.0美少年の美に耽溺してゆく初老の作曲家

モビさん
2020年7月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

 久しぶりに観賞。
ビョルン・アンドレセンはやはり超絶美少年。
ただ美しいばかりではなく、気品がある美しさ。
世の中に美少年は数多といるが、彼ほど品位のある美しさを持つ少年はいないだろう
 タージオの美しさに惹き付けられていく
アッシェンバッハの気持ちもわかる。
ヴィスコンティもビョルン・アンドレセンの
美しさに魅了されながら撮影をしていたに
違いない。
 映像も音楽も美しい。
美しい絵画を観賞している気分を味わった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
モビ

4.5魂の芸術作品

みなさん
2020年7月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

知的

美しい~~愛しき芸術作品~~タージオの美は言うまでもなくなんだけど、ほんとみんな喋んないのね、なのに老作曲家役のダーク・ボガードの魂の表現がほんと凄い。病に蝕まれ、汗だっくだくの中で、自分の行動の愚かさを嘲笑するようにカラッカラの声で笑うの。心震えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みな

3.0間の使い方が優雅過ぎ、終始音楽が美しいので カフェとかバーで流れて...

こなさん
2020年5月12日
iPhoneアプリから投稿

間の使い方が優雅過ぎ、終始音楽が美しいので
カフェとかバーで流れてたら丁度ええな
なんで美少年は美少女より儚げで官能的で物憂げなんや…
最高〜 タジオのスタイリング決めた奴は金メダル
腕を後ろに持って歩くのも何からなにまで意味ありげに見え美しさとは罪
めちゃくちゃ影響うけてタジオがかぶってたような白い帽子を買うことを決断

主人公が友人と議論してる場面があるけど
まじで高尚すぎて意味分からず
芸術家とか作家とかそっちの創造者の人達って
身を削り地獄で踠いて傑作を出すみたいな作業あるよね
人生〜

終始 見る側に解釈を考えさせるような雰囲気だなと思う
セリフよりも表情の寄りや変化が多く感じ、
ちゃんと見てたら少し疲れるので
悪魔的美少年のPVだと思ってみると丁度良し

そして主人公にもタジオにもちゃんとモデルがいることがビックリ
そういうのを知っていくとより映画って楽しいね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
こな

5.0美に翻弄され醜態を晒し殉死する、老芸術家の最期

Gustavさん
2020年4月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD、映画館、TV地上波

トーマス・マンとマーラーとヴィスコンティによる美学と醜悪のデカダンス。原作の設定では小説家のアッシェンバッハを、モデルのマーラーに合わせて作曲家に変更して、全編に渡り交響曲第5番のアダージェットを使用しています。アッシェンバッハの葬送曲なら第9番のアダージョが合理的ではと思うも、水の都ベニスの映像と調和するアダージェットが素晴らしい効果を生んでいます。例えば、ベニスを離れようとして駅に向かう時の重く沈み込んだ表情と、荷物の不備に託けて再びタジオに会える喜びに浸る対照的な両面でアダージェットは、アッシェンバッハに寄り添い同調し、且つ悪魔的な誘惑としての曲のイメージもあります。
映画は原作のベニスを訪れる動機の導入部を省略し、アッシェンバッハを乗せた蒸気船が海を進むシーンをタイトルバックにしました。空と海の境界のない灰色の世界からゆったりと現れる蒸気船と遠浅の海岸線のカットバックが素晴らしいです。音楽と映像の融合はラストショットまで完璧です。砂時計の逸話で語るアッシェンバッハの最期は、すべてが落ち切ってから、つまり誰にも見送られることなく現生を去る事になりました。死と恍惚のなかタジオに手を差し伸べ息絶えるアッシェンバッハの、美に捧げた生涯といえる最期が唯一の救いです。

ヴィスコンティは後期ロマン派音楽のブルックナーを何度か使用しています。「ベニスに死す」から5年後の亡くなった時の記事に、最後はブラームスの交響曲第2番を聴いて静かに眠りについたとありました。マーラーやブルックナーではなくブラームスと知って意外な印象を持ちました。それでも充実した巨匠の生涯を想像させます。

クラシック音楽では制作当時マーラーブームが始まろうとしていた時代でした。私自身もこの映画の関心から、マーラーを知り、ワルターやバーンスタインそしてテンシュテットが指揮するマーラーの音楽の虜になっていきました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav
すべての映画レビューを見る(全35件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る