ベニスに死す

ALLTIME BEST

劇場公開日

ベニスに死す
19%
42%
27%
5%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

巨匠ルキノ・ビスコンティの「山猫」と並ぶ代表作で、ノーベル賞作家トーマス・マンの同名小説を原作に、作曲家グスタフの美少年への心酔と老いの苦しみを描いた。「地獄に堕ちた勇者ども」に続いて撮られた、ドイツ3部作の2作目にあたる。療養のためベネチアにやってきたドイツの老作曲家アシェンバッハは、ホテルで少年タジオを見かける。一目で少年の美しさの虜になり、彼の姿を見つけるだけで喜びを感じ始める。全編に流れるのは、アッシェンバッハのモデルになったマーラーの「交響曲第3、5番」。2011年には製作40周年を記念し、ニュープリント版でリバイバル上映された。

1971年製作/131分/G/イタリア・フランス合作
原題:Morte a Venezia
配給:クレストインターナショナル
日本初公開:1971年10月2日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第44回 アカデミー賞(1972年)

ノミネート

衣装デザイン賞 ピエロ・トージ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

DEATH IN VENICE (C) 1971 Alfa Cinematografica S.r.l. Renewed 1999 Warner Bros., a division of Time Warner Entertainment Company, L.P. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0監督の罪は消えないが、アッシェンバッハの恋とビョルン君の美貌もまた永久に不滅です。

Jolandaさん
2021年5月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

2月か3月?に、原作を読みました。
(長い上に抽象的だから好みは分かれそうだが、読んでから映画観た方がいいかも)

実は学生の頃に借りて、画像不良かな?冒頭でストップしてずっとそのままだったのを、約15年越しでようやく最後まで鑑賞。

マーラーのアダージェット(シンフォニー5番4楽章)が素晴らしい、、この映画の魅力は、ビョルン・アンドレセンの美貌とアダージェット、そしてダーク・ボガートの好演に尽きると思う。それから、対象をパッと映すのではなく、ゆっくりズームアップしていくクラシカルで貴族的(?)なカメラワーク。

映画でアッシェンバッハは作曲家というテイになっていたが、原作では作家。色んなバリエーションのケンタウロス風のクリーチャーが狂乱の宴といった感じで押し寄せてくる、かなり不気味な悪夢を終盤で(アッシェンバッハが)見るのだが、映画ではお上品に脚色してあった。(原作のヤツはCG使わなかったら相当チャチなものになるし、、ヴィスコンティの美意識に合わなそう)

夕方、空きっ腹にアルコールを流し込んで物語の続きを読み、めくるめく退廃と蠱惑の世界に浸るという愉しみを原作に与えてもらいました。

ただ、いかんせん山場に乏しいというか、、雰囲気を楽しむ作品だから、、正直アダージェットがなかったらこの映画もだいぶ地味だったろうなと。
(映画『さくらん』が、なまじストーリーが平板なだけに、ほぼ椎名林檎のPVと化してしまった事と似ている)

当時まだティーネイジャーだったビョルン君が、修業と称するヴィスコンティの手でパリのゲイコミュニティに放り込まれ、玩具として消費されていたことが最近のドキュメンタリーで明かされたそうな。
世界的な監督&名門貴族だからと誰も逆らえなかったらしい、と。
当時はたぶん今以上に、同性からの性被害は真面目に取り扱ってもらえなかったろうな、、美少年の宿命かミソギぐらいに捉えて黙殺したんだろうな、、
うちの親とほぼ同年だけど、だいぶ年上に見えてしまう現在のビョルンさん。過酷な半生は深い皺として刻まれてるけど、告発は勇気ある行動だし、この映画はビョルン・アンドレセンの美貌なしには有り得なかった。そう思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Jolanda

1.0ビョルン・アンドレセンの衝撃

2020年12月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

難解であればあるほど傑作感が増した時代の産物。エンターテイメント性はない。但し、このコロナ禍で見る意味に於いては高い評価がされて良いかも。裏読み深読みすればするほど傑作感は増す。それ以上に何よりもこの映画の再会の国府関はビョルン・アンドレセンの発掘であろうことは紛れもない。手塚真の『ばるぼら』と併せて見ることをお勧めする❗

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mark108hello

3.5美しい……

UNEmiさん
2020年11月29日
PCから投稿

美しすぎる少年に溺れていく初老音楽家のストーカー物語。

タージオが怖いくらいに綺麗。
映画スタッフ全員が彼に惚れ込み、彼を綺麗に撮ることに全身全霊をかけたとしか思えない…。

映画ってこんなにセリフがなくても成り立つものだったか、という驚きはあったものの、ストーカーオヤジの苦悩は美しくはないな。
が、この醜さがあるからこそ、タージオの美しさがより際立つのか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UNEmi

3.0少年の美しさと人生の終わりと

SpicaMさん
2020年10月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

生老病死を目の当たりにした老いた作曲家の様子が身につまされる。原作小説はトーマスマンが30才の頃に執筆されたそうだが、既に心の中は老境にあったのだろうか。
主人公のモノローグの代わりに多くがクラッシック曲で語られているのが叙情性を高めている気がした。そして、ビスコンティ監督特有の豪華なエキストラシーン、主人公の心の慰めとなる美少年とその家族の様子がひたすらに眼福な作品だった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
SpicaM
すべての映画レビューを見る(全39件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る