ナショナル・シアター・ライヴ 2020 「リーマン・トリロジー」

劇場公開日

  • 予告編を見る
ナショナル・シアター・ライヴ 2020 「リーマン・トリロジー」
41%
59%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化してスクリーン上映するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。ステファノ・マッシーニの戯曲を「1917 命をかけた伝令」「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」の名匠サム・メンデスによる演出で描く「リーマン・トリロジー」を収録。世界的な投資家リーマン一家がアメリカに移住した1844年から、2008年にリーマン・ショックが起こるまで、3世代にわたるリーマン家の栄光と衰退を描く。主演は「チャーリーとチョコレート工場」のアダム・ゴドリー、「スターリンの葬送狂騒曲」のサイモン・ラッセル・ビール、TVドラマ「ザ・クラウン」のベン・マイルズ。

2019年製作/210分/G/イギリス
原題:National Theatre Live: The Lehman Trilogy
配給:カルチャヴィル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

Photo by Mark Douet.

映画レビュー

5.0良かった

さん
2020年4月6日
iPhoneアプリから投稿

長いので大丈夫かなと思ったけど、
良かった。
アメリカの歴史と経済と財閥の成り立ち
今に通じる事良くわかり、
俳優3人の演技うまくて、
あっという間に
休憩時間。たのしい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
花

4.0リーマン・ブラザースの栄枯盛衰を描いた舞台劇

2020年3月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

舞台のライブ映像を映画館で観るの初めてだが、想像していた以上の迫力。
良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
のりあき

4.0アメリカンドリーム

Imperatorさん
2020年2月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

図書館で予習でもしようかと、「リーマン・ブラザーズ」に関する和書を探したが、「サブプライム住宅ローン危機」の話ばかりで見当たらなかった。
だからこの演劇は、自分には「へぇ~そうだったのか」という発見に満ちていた。

この作品には、3人の俳優しか出てこない。
たった一つのガラス張りの回り舞台の上で、3人が代わる代わる、いろんな役を演じて話を進めていく。
彼らはユダヤ人だ。ところどころで、ヘブライ語らしき台詞がカッコ付きで語られる。

話は、長男の“ヘンリー”(いきなりここで、笑わせてくれる)が、移民としてアメリカに上陸するところから始まる。
ほどなく次男も三男もやってきて、3人のそれぞれの個性を生かして、アラバマの土地で何もないところから、次第に事業を拡大させていく。
その間には、大火事や南北戦争の危機があるが、それすらバネにして飛躍する逞しさ。
そして、彼らの子供たちの世代へと受け継がれていく・・・。
まさに、「アメリカンドリーム」を体現しているかのようだ。

「トリロジー」の意味は自分には分からなかったが、3部構成である。
第2部が終わったところで、まだ大恐慌時代なので「おやっ?」と思ったが、案の定、第3部は超速の駆け足で進み、「サブプライム危機」の話も無い。
あくまで中心は、第1部と第2部における3人兄弟であり、“家族経営”だった時代の物語だ。
第3部は付け足しに過ぎないと考えた方が良いと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Imperator
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ナショナル・シアター・ライヴ 2020 「リーマン・トリロジー」」以外にこんな作品をCheck-inしています。