機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦
13%
46%
27%
9%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人気アニメ「機動戦士ガンダム」の原点を描く「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」シリーズの第5話。「機動戦士ガンダム」でキャラクターデザインやアニメーションディレクターを務めた安彦良和が、同作を自らコミカライズした同名漫画のアニメ化で、「機動戦士ガンダム」で描かれた一年戦争の幕開けとなるルウム戦役の真実が明らかにされる。宇宙世紀0079年、世界の人口の半数を死に至らしめたコロニー落としを敢行したジオン公国軍と、劣勢を挽回しようと圧倒的な戦力で挑む地球連邦軍という情勢を背景に、ザビ家の陰謀や、運命に翻弄されるセイラ・マス、平和な生活に暗い影が忍び寄るアムロ・レイら様々な登場人物の行く末を描き、ジオン軍のエースパイロットとなったシャア・アズナブルの「赤い彗星」としての伝説も生まれる。

2017年製作/84分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

総監督
企画
サンライズ
製作
サンライズ
原作
矢立肇
富野由悠季
漫画原作
安彦良和
アニメーションキャラクターデザイン
安彦良和
ことぶきつかさ
オリジナルメカニカルデザイン
大河原邦男
メカニカルデザイン
カトキハジメ
山根公利
明貴美加
アストレイズ
脚本
隅沢克之
エグゼクティブプロデューサー
富岡秀行
企画プロデューサー
佐々木新
上山公一
プロデューサー
谷口理
杉本紳朗
絵コンテ
安彦良和
カトキハジメ
江上潔
演出
江上潔
カトキハジメ
総作画監督
西村博之
メカニカル総作画監督
鈴木卓也
作画監督
田村篤
茂木信二郎
ことぶきつかさ
伊藤裕次
美術監督
東潤一
美術設定
兒玉陽平
軍装装備デザイン
草なぎ琢仁
ディスプレイデザイン
佐山善則
タイトルデザイン
海野大輔
SF考証
鹿野司
色彩設計
安部なぎさ
色指定・検査
手嶋明美
岡本ひろみ
高橋友子
岡宮志帆
古河寿子
撮影監督
葛山剛士
特殊効果
村上宜隆
CGディレクター
井上喜一郎
編集
吉武将人
音響監督
藤野貞義
音響効果
西村睦弘
音楽
服部隆之
主題歌
AYA
ナレーション
大塚明夫
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

2.0可もなく不可もない

cure0101さん
2019年2月15日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

つまらないわけじゃないけど特に面白くもなかった。
全体的にこれといった見どころがない。
強いて言えばコロニー落としのくだりくらいかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cure0101

1.0観る価値なし

2018年7月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

ただただ退屈な作品。20分ぐらいの内容を、84分かけて描いているんだから、間延びしまくり、不要なシーン多数の最悪な内容になっている。

だらだらと見せられた後だから、ラストの盛り上がりに期待していたんだけど、「そんな所で切るの?」と最悪のラスト。無茶苦茶ガッカリした。

こんな内容なら、Ⅴは観なくてもⅥは楽しめると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
サケビオース

2.0脚本がひどいなあ

Takeshiさん
2018年5月20日
スマートフォンから投稿

なんだろ、
ドズルのキャラはどうしたかったんだろ。
ハモンの歌、いらん
コロニー落としで、もっと物語描けるだろ。
コロニー落としで出てきたカップル、突然なに?キスシーンまで
暴れる暴徒、時間稼ぎかい(笑)
アムロとカイ、隼人って、むりに繋げる必要案のかい
黒い三連星、こっちもお笑い路線にしたかったんかい。

内容が薄すぎる。
これが良かったっていう方は、どういう思考回路してんだろ
あれから35年以上、もう立派な大人だよねえ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Takeshi

2.0安彦さんを擁護したいけど…

2018年5月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

リアルタイムでファーストを見ていたのは小5の時でした。ミハルの回はとにかく悲しくて泣きました(今でも泣いちゃいます)。
そのあと、TV シリーズを見直す度に新しい発見があって、のべで言えば、20回は見ていると思います。

私が1stに惹かれたのは、「大人の話だな~」って感じさせる、リアルな人間ドラマが描かれていたからです。

ソロモン戦で、ダミーの多さを理由にティアンム艦隊を発見できないとする部下に、ドズルは「それが戦争というものだろうが…」と返しています(苛立ちの感情からではないように感じます)。その一方で、グラナダ(キシリア)への援軍要請を下士官が進言した際はこれを明確に拒んでおり、状況とキャラクターを上手く描いているな…と思いました。

で、今回の作品ですが、今作品への強い違和感は、コロニー落としを巡るドズルらの言動にあります。

実行部隊の「悪く思うなよ…」(予告編にもあったのでネタバレご容赦ください)も軽いし、作戦を正当化する「ドズルの弁明」も軽いです。っていうか、喋りすぎなんです。

多分、作戦の「非人道性」を描こうとしているのだと思いますが、あんな三文芝居では、人間的呻吟は微塵も感じ取れません。

正直なところ、セリフが軽い、キャラクターが軽い、場面が軽い…という違和感は、映画オリジンの一作目から感じてはいましたが、今作品で決定的になりました。

ファースト大好きな私ですし、どちらかと言えば「安彦擁護派(=保守派?)」な私ですが、もし、「ファースト」全体が今後リメイクされるのであれば、ファーストが持っていたセリフ▪場面そしてキャラクターの「重さ」をしっかり再現して欲しい…って思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たけろく
すべての映画レビューを見る(全51件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ガンダム」シリーズ関連作品

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」シリーズ関連作品