機動戦士ガンダムF91

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
機動戦士ガンダムF91
機動戦士ガンダムF91
15%
56%
21%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

富野由悠季監督ら「機動戦士ガンダム」のメインスタッフが再結集。新たな時代設定と登場人物により描かれた劇場オリジナル作品。宇宙世紀0123年、平和に慣れきり腐敗した地球連邦政府に対し、コスモ貴族主義を掲げるクロスボーン・バンガード(CV)が宣戦を布告。民間人の少年シーブック・アノーはその混乱のなか、連邦軍の最新鋭モビルスーツ、F91に乗り戦うことになる。しかし、アノーの前に幼なじみのセシリーがCVの女王ベラ・ロナとして現れ……。劇場公開版は115分。後に一部シーンやカットの修正や追加・削除などが行われた完全版(120分)が作られている。

1991年製作/115分/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
富野由悠季
原案
矢立肇
脚本
伊東恒久
富野由悠季
製作
山浦栄二
プロデューサー
中川宏徳
キャラクターデザイン
安彦良和
メカニカルデザイン
大河原邦男
作画監督
北原健雄
村瀬修功
小林利充
作監協力
川元利浩
佐野浩敏
南伸一郎
筱雅律
西村誠芳
佐久間信一
中西修史
デザイン協力
石垣純哉
演出
杉島邦久
美術
池田繁美
色指定
今西清子
特殊効果
干場豊
設定協力
西野公平
デザイン協力
石垣純哉
ディテールサポート
中沢数宣
撮影
奥井敦
音楽
門倉聡
音響
藤野貞義
主題歌
森口博子
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)創通・サンライズ

映画レビュー

4.0辻谷耕史さん、ありがとう。

akiraさん
2021年2月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

幸せ

他の方々のご指摘の通り中盤の作画の乱れと展開の早さは当時の制作側の大人の事情が透けて見えます。
がしかし、富野監督が仰る通り「アニメーターが物理的に無理な事をやってのけた」といわれるシーブックとセシリーの月をバックにクルクルまわるシーンはガンダムシリーズ屈指の名シーンだと思います。

シーブックも
今までのガンダム主人公とは違いフツーのこ。ニュータイプではあるんだけど最初から優等生。初陣でMSを撃ち落とした時の心の葛藤もしっかり表現していて辻谷耕史さんの声の演技も相まって素敵な主人公。
森口博子さんの歌手人生を決めたという主題歌も神がかり的な美しさ。
30年経った現在に
大画面でF91と辻谷耕史さんの声を堪能できることに感無量でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
akira

4.04DXを見て

2020年10月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

人生初の映画館で見た映画をこの年でもう一度映画館で見れるとは!

4DX自体はそれ程ではなく、風や水は温和しい。

振動と傾きはモビルスーツが動いている限り、絶えずありましたが

残念ながらそれ程 感動はありませんでした。

感動が無いのかというと、この作品を映画館の大画面で見れるのが素晴らしい。

当時やビデオ・4KULTRAHDBlu-rayでも見てきましたが映画館の大画面で見ることで

今更気付いた点を発見できるなど驚きもありました。

そして、Zガンダムではなく、この作品で素晴らしさを味わった

歌姫 森口博子様の歌唱力を味わっていきながらエピローグ。

感動できる本作のテレビ続編が作成されなかった事が改めて残念でならない。

閃光のハサウェイが時を超えて、映像化されるのだから、これを機に

テレビ続編の作成をして頂けないだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kurokurobuta

4.0ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜

2020年9月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

知的

難しい

私、ガンダム世代であります
食い入るように見てました
突然、「ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜」森口博子さんの歌声を聴きたくなりYouTubeで見つけて酔いしれたいたのですがふと
何の作品だったのだろうか?  どの疑問が!
この映画だったのですね
ゼータかな?、と思ったのですがF91だったとはね〜
でもね、この歌が1番心に残ってるんですよね
何十年ぶりかで見ましたよ
複雑な人間ドラマと絡めてのロボット達の戦闘
懐かしいね〜
でね、思うわけですよ私は
もうガンダムはアトムの上を行っちゃってるんじゃないかってね
ガンプラはあるけどアトプラは無いでしょ
歌も映画も書籍もね上なわけですよ、もう断トツに抜いちゃってるんです
それでもね、やっぱり『鉄腕アトム』にはどうしたって敵わないわけですよ
元祖であり祖先であり始まりの一歩目なんだからね
ビートルズが居なかったらって映画があるでしょ
だったらアトムが無かったら漫画やアニメの世界はどうなのかなーと思うわけですよ
ジャパニメーションとかそんな言葉も無かったかなってね
だからやっぱりガンダムはアトムには百年経っても勝てるわけがないのだなって
森口博子さんの歌声を聞きながら思っちゃたんだな〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カルヴェロ1952ll

3.5早く続きを。。

かつさん
2020年5月24日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かつ
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ガンダム」シリーズ関連作品