機動戦士ガンダムUC episode1「ユニコーンの日」

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
機動戦士ガンダムUC episode1「ユニコーンの日」
33%
46%
17%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ローレライ」「亡国のイージス」の福井晴敏が手がけた小説を全7話のオリジナルビデオアニメとして映像化し、その第1話「ユニコーンの日」をDVD&ブルーレイの発売に先行して劇場で上映。シャアの反乱から3年後の宇宙世紀0096年、工業コロニー・インダストリアル7に暮らす少年バナージは、謎の少女オードリーと出会ったことから、歴史を覆す秘密が眠る“ラプラスの箱”を巡る争乱に巻き込まれ、父親のカーディアスから純白のMSユニコーンを託される。

2010年製作/58分/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
企画
サンライズ
製作
サンライズ
エグゼクティブプロデューサー
宮河恭夫
企画プロデューサー
佐々木新
プロデューサー
小形尚弘
桑園裕子
原作
矢立肇
富野由悠季
ストーリー
福井晴敏
オリジナルキャラクターデザイン
安彦良和
アニメーションキャラクターデザイン
高橋久美子
モビルスーツ原案
大河原邦男
メカニカルデザイン
カトキハジメ
石垣純哉
佐山善則
玄馬宣彦
脚本
むとうやすゆき
コンテ
古橋一浩
演出
古橋一浩
佐藤照雄
総作画監督
高橋久美子
玄馬宣彦
作画監督
千羽由利子
中田栄治
藤澤俊幸
茂木信二郎
色彩設計
すずきたかこ
美術監督
池田繁美
美術ボード
丸山由紀子
美術設定
池田繁美
大久保修一
撮影監督
葛山剛士
田中唯
設定考証
小倉信也
ゲストメカデザイン
寺岡賢司
明貴美加
ディスプレイデザイン
佐山善則
上村秀勝
モニターワーク
斎藤寛
荒木宏文
CGディレクター・モデルスパーバイザー
藤江智洋
編集
今井大介
小守真由美
タイトルデザイン
海野大輔
音楽
澤野弘之
音響監督
木村絵理子
テーマソング
CHiAKi KURiYAMA
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)創通・サンライズ

映画レビュー

5.01話目から泣かせる

2017年3月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

興奮

1stガンダム世代もハマる新世代ガンダム
荘厳なメインテーマもイイ
赤ちゃんだったミネバ様が17歳に
父子の別れで号泣からのしょっぱなからユニコーンGが覚醒

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
個人的下書き

5.0ガンダム史上最高傑作

2017年3月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジンクス

4.0作画が凄い

ガブさん
2015年2月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ガブ

4.0ガンダム初心者でもちょっとした知識で楽しめる

太郎さん
2014年5月24日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

興奮

 実は今作が初めてまともに観ようとした国産ロボットアニメ。
 エイジは絵で観るのを止めて(『明日へ』はそのバンドが好きなのでよく聴く)、ガンプラ云々も後半をチラッと観ただけで殆ど観ていない。
 先週、偶然地上波で放送するのを知り、興味半分で観た。僕の知識は1年戦争があって色々あって逆襲のシャアでアムロとシャアが行方不明に~という曖昧な解釈、ザビ家、ニュータイプ、それにガンダムが「RXなんたら」という型番で、ザクⅡスナイパーザクザクタンクゲルググジムジムⅡジムⅢボールゲルググズゴックキュベレイ百式ジ・Oジオング・・・・・・等のモビルスーツ。ファンから観れば「まだまだ青い」な知識しか持っていない。
 そんな感じの中途半端、曖昧な知識でも楽しめた。元からアイアンマンやトランスフォーマーなどのガシャガシャしたロボットの外見が好きで、ガンプラも少しかじっていた。

 つまりは「ロボットオタクはもちろん、カッコいいもの好き、人間成長ドラマ好きな人でも楽しめる作品」だと思う。
 ガンダムというだけでオタクっぽいという偏見もあるが、下手な青春ドラマや金儲けだけの映画や実写化と比べればうんとまともなストーリーだ。
 ロボットに興味が無くても、ロボットモノではなく、戦場にバナージという遺物な部外者が加入することによる連邦とネオジオンの変化やキャラの葛藤。そういうのを楽しめるのがガンダムシリーズなんだなぁ。と、初めて実感した。

 1本あたりの時間も短く、前7話で2話見ても2時間半もいらない。
 さらに、知識もガンダムにザクに百式にジオング、キュベレイという簡単なモビルスーツ、ザビ家がめっちゃ悪い一族だったとかコロニー落としで人がめっちゃ死んだとか、シャアは消息不明になっているとか。初代とZをちょっと勉強するだけで楽しめる。
 騙されたと思って一度目を通してみてください。

 あと最後に、00が個人的に「ん?」っとなる方の美形男子だった分、バナージは「うわー美形だー!」という感じになり、そういう面でも楽しんでた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
太郎
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ガンダム」シリーズ関連作品

「機動戦士ガンダムUC」シリーズ関連作品