ファイティング・ファミリー

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アメリカのプロレス団体WWEで一夜にしてスターの座を掴んだ女性ファイター、ペイジの実話をもとに、プロレスを通して固い絆で結ばれた家族を描いたヒューマンドラマ。ペイジとその家族を描いたドキュメンタリー「The Wrestlers:Fighting with My Family」に感銘したドウェイン・ジョンソンが、イギリスの映画製作会社Film4 Productionsとタッグを組んで映画化した。イギリス北部でレスリングジムを営むナイト一家。中学1年生の時からリングに立っている18歳のサラヤは、いつかWWEの試合に出て一家を盛り上げたいと願っていた。兄ザックもプロレス命だが、その一方で愛する彼女と結婚して普通の家庭を持ちたいとも考えている。そんなある日、WWEのトライアウトに参加した2人は、尊敬するスーパースター、ドウェイン・ジョンソンと対面を果たす。兄妹は大喜びでトレーニングに励むが、サラヤだけが次のステージに進み、フロリダへ行くことが決定し……。主人公ペイジを「トレイン・ミッション」「Midsommar」のフローレンス・ピュー、兄ザックを「ダンケルク」のジャック・ロウデン、父パトリックを「ショーン・オブ・ザ・デッド」のニック・フロストが演じる。ドウェイン・ジョンソンも本人役で出演。「蜘蛛の巣を払う女」などに俳優として出演したスティーブン・マーチャントが監督・脚本を手がけた。

2019年製作/108分/G/アメリカ
原題:Fighting with My Family
配給:パルコ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2019 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC., WWE STUDIOS FINANCE CORP. AND FILM4, A DIVISION OF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.0☆☆☆★★★ まさかの実話(´ω`) 〝 低所得者が楽しむエンター...

2019年12月14日
iPhoneアプリから投稿

☆☆☆★★★

まさかの実話(´ω`)

〝 低所得者が楽しむエンターテイメント 〟

アメリカでのプロレスに対する位置付けとはそんなところ。

更に言われるのが…。

〝世間から忘れさられた人間の拠り所〟

まあ!何しろアメリカンプロレスを象徴する存在なのが《 W W E 》だけに。そう言われてしまうのもしょうがないっちゃ〜しょうがないんですがね〜(-.-;)

そもそもWWEとは…と、説明したところで。「アレでしよ?プロレスなんだから!」って言われるのがオチだからな〜WWEだけに(¬_¬)

未だに世界で1番プロレスが進化している日本でさえ「プロレスってアレでしよ?アレ!」って言われ続けているくらいなんだからな〜ʅ(◞‿◟)ʃ

「あんたのオツムはいつの時代で止まってるんだよ!」

…と、言ってやりたい気持ちをグッと抑えるしか無いのがプロレスフアンの悲しいところ。
大体、そんな事を言う人はそもそもプロレスを見ないんだから!

そんな人を相手にして、《新日本》を脱退したレスラー達から《UWF》が生まれ。そこから《Uインター》《リングス》《藤原組》に分裂して、更に分裂して《パンクラス》や《キングダム》が生まれるんだよ…等と言ったところで、プロレスに興味が無い人には【プロレス】【格闘技】【セメントマッチ】【シュート】の違いは分かる筈も無く…。

………………はて?俺は一体何を言っているのだ?

実は今、宝島社から出版されている「完全版 証言 UWF 1984ー1996」を読んでいる真っ最中なんですわ(u_u)

《W W E》がプロレスと言えるのか?はとりあえず置いといて。

「プロレス最高〜!」 ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

とだけは、ハッキリと言っておきたいのである。
だからこの映画もプロレスフアンとしては見逃せないのであります。

〝 わたし、プロレスの味方です。〟

あ?これは村松だった!

〝 (プロレスに)選ばれし者の恍惚と不安、2つ我にあり 〟

ちよ!ちよ! これは前田だ!

………う〜ん! やっぱりこれが1番プロレスらしいな!

〝 何コラ!タココラ! 〟by 長州力

2019年12月8日 TOHOシネマズ日比谷/スクリーン3

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン

4.5笑いと涙のバランスが最高

みっくさん
2019年12月13日
Androidアプリから投稿

前半は微笑ましい(&ちょっと迷惑な)家族の姿が描かれる。
しかし、主人公がWWEトライアウトに合格すると、作品の空気は一変する。
主人公は辛いトレーニングで疲弊するし、
支えとなるべき兄貴は、成功した妹への嫉妬を抱く。
そして‥想像のとおりの展開。
家族の支えで立ち直った主人公は無事デビューし、初戦を勝利で飾る。
めでたしめでたし。
ってシンプルで分かりやすく、ありがちなストーリーではあるものの、
実話の重み、個性的な家族、プロレスという異世界、主人公の成長‥‥が笑いと涙がバランスよく配合され、良い作品に仕上がっている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みっく

4.5周りに翻弄されていませんか?

2019年12月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

自分の夢を実現するのは自分
自分に巡ってきたチャンスを活かすのも自分
自分が自分であり続けることの大切さ
自分ではそんなこと重々承知しているのに
自分を見失うこと多々ある自分には
ずしり重みのあるセリフが満載だった。

イギリスの底辺家族の暮らしぶりを
あっけらかんと笑い飛ばし
ラストには爽やかな涙まで流させてくれる
実は単なるおふざけ映画かと思ってたが
とてもとても心に残る大満足な一本でした。

後半どんどん輝きを取り戻すペイジ
そしていじけた生活の中でもがくザック
いずれも胸に沁みる演技だったが
なんといってもモーガン!
小出しにその真の人物像が明かされ
おいしいキャラこの上ないったら!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
しげぴい

3.5プロレスサクセスストーリー

2019年12月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

結末が分かっているだけに、安心して楽しめますね。
プロレス全く詳しくなくて、見終わってからグーグル先生ウィキ先生にいろいろ教わりました。
なんとなくストーリー自体は予想のつく内容ながら、トライアウトに選ばれなかったお兄さんとのコントラストが、ひとつの肝ですね。これが実話ベースで、お兄さんの気持ちが分かるだけに切ないなあ。
最後のハッピーエンドまでがお約束で。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ペットはマメルリハ
すべての映画レビューを見る(全37件)