ファイティング・ファミリー

劇場公開日:

解説

アメリカのプロレス団体WWEで一夜にしてスターの座を掴んだ女性ファイター、ペイジの実話をもとに、プロレスを通して固い絆で結ばれた家族を描いたヒューマンドラマ。ペイジとその家族を描いたドキュメンタリー「The Wrestlers:Fighting with My Family」に感銘したドウェイン・ジョンソンが、イギリスの映画製作会社Film4 Productionsとタッグを組んで映画化した。イギリス北部でレスリングジムを営むナイト一家。中学1年生の時からリングに立っている18歳のサラヤは、いつかWWEの試合に出て一家を盛り上げたいと願っていた。兄ザックもプロレス命だが、その一方で愛する彼女と結婚して普通の家庭を持ちたいとも考えている。そんなある日、WWEのトライアウトに参加した2人は、尊敬するスーパースター、ドウェイン・ジョンソンと対面を果たす。兄妹は大喜びでトレーニングに励むが、サラヤだけが次のステージに進み、フロリダへ行くことが決定し……。主人公ペイジを「トレイン・ミッション」「ミッドサマー」のフローレンス・ピュー、兄ザックを「ダンケルク」のジャック・ロウデン、父パトリックを「ショーン・オブ・ザ・デッド」のニック・フロストが演じる。ドウェイン・ジョンソンも本人役で出演。「蜘蛛の巣を払う女」などに俳優として出演したスティーブン・マーチャントが監督・脚本を手がけた。

2019年製作/108分/G/アメリカ
原題:Fighting with My Family
配給:パルコ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2019 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC., WWE STUDIOS FINANCE CORP. AND FILM4, A DIVISION OF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0イギリス映画らしい渋いドラマ

2020年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

プロレスという題材に、メインビジュアルにドウェイン・ジョンソンがデカデカと載っているために、派手なハリウッド映画かと思ったが、1つの家族の絆と夢を追いかけた、泥臭さももじった渋めのドラマで、イギリス映画の十八番の階級社会の下の人々の悲哀をユーモア混じりに描いた人間ドラマだ。
一家でプロレス興行をする家族は、地元の悪ガキたちにプロレスを教えて、小さな興行で糊口をしのいでいる。放っておけばヤクの売人になってしまいそうな若者たちに生きる糧を提供しているのだ。そんな家族の長女と長男はともにWWEのテストを受けるが、長女だけ合格し、家族思いの長女は複雑な想いを抱えながら単身渡米する。
プロレスは虚構だが、本物じゃないと見てもらえないというドウェイン・ジョンソンの言葉が印象的だ。虚構のプロレスで本当の自分を見つけようとあがく彼女の姿は多くの人が応援するだろう。プロレスシーンも本格的で素晴らしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
杉本穂高

お宝映画に、勝手に認定します。

琥珀糖さん
2022年7月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

すごーく面白かったです。
実在の女子プロレスラー・サラヤ・ジェイド・ベヴィスの実話を元にしています。
プロレス一家に育ったイギリスの少女サラヤがトライアウトで見出され、
遂には夢のww eのチャンピオン、AJ・リーと戦うチャンスを掴むのだった。

ドウェイン・ジョンソンが本人役で出演しています。
出番はほんの2〜3シーン。10分未満なんですよ。
けど、その10分未満が最高の10分未満(笑)
お釣りがくるほど最高の働きをして、スターの輝きと、スターである事の
素晴らしさを教えてくれます。
まぁ、スポ根映画そのものですが、気持ちよさは抜群。
ペイジ(サラヤのリングネームね!!)の家族も凄いです。
お父さんは8年間服役。
お兄さんも服役中。
びっくりしますね。
主演のペイジ役のフローレンス・ピュー。
聞き覚えあるでしょ!!
「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」のエイミー。
「ミッドサマー」でも主役で印象的でしたね。
ぜんぜんフローレンス・ビューと気が付きませんでした。
どちらかと言うと「ヒール役」的なメイクで、身体を張ったプロレス技は
迫力たっぷりです。
見落としてた方は、どうぞ騙されたと思ってご覧ください。
きっと喜んでもらえると思います。
お勧めです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
琥珀糖

5.0こんなにいい映画だったんだね

肉球さん
2022年5月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

興奮

幸せ

プロレスは好きだけど、WWEのことはよく知らない。映画は好きだけど、この作品のことは知らなかった。こんなにプロレスがスクリーンにマッチするなんて。
それぞれのキャストは素晴らしいし、後半にかけての盛り上げ方も良かった。
クレジット時の実際の映像には泣けたよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
肉球

4.0家族の絆

miharyiさん
2022年4月17日
PCから投稿

スポーツを通して家族の悩みや硬い絆を描いたファミリー作品。
個性的なキャストたちに出会えたことも嬉しかったけれど、
実話と知って、プロレスの見方が変わりました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi
すべての映画レビューを見る(全64件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ファイティング・ファミリー」以外にこんな作品をCheck-inしています。