名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)

劇場公開日

名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)
15%
43%
34%
8%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版第17作。日本を揺るがす国家機密をめぐり、海上自衛隊のイージス艦に潜入したスパイとコナンが繰り広げる攻防を描く。京都・舞鶴港沖でイージス艦の貴重な体験航海に参加していたコナンや蘭、小五郎ら。しかし、突如として周囲にごう音が響き、ほどなくして左腕が失われた自衛隊員の死体が発見される。現場にいくつかの不審点を見出したコナンは早速捜査に乗り出し、艦内に某国のスパイが潜入していることが判明する。謎の女性自衛官・藤井七海役で女優の柴咲コウがゲスト声優出演。

2013年製作/110分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 特捜部Q 檻の中の女
  • 特捜部Q キジ殺し
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • アンチクライスト
  • ニンフォマニアック vol.1
  • ニンフォマニアック vol.2
  • ボーグマン
  • 46億年の恋
  • スガラムルディの魔女
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2013 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

映画レビュー

2.0亡国のイージス風

kossyさん
2020年5月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 豪華客船が舞台である『水平線上の陰謀』(2005)に続いて、ほぼ海上のイージス艦内で起こった事件。スパイ“X”以外に竹川という男を追うため平次の陸上シークエンスと交互に描かれている。携帯を回収され、通信手段が阿笠博士の開発した衛星電話のみのコナン。それでも留守番をしていた博士と哀のハイテク技術によって推理の手助けとなるし、平次のコナンを信頼しきった関係が心地よい。

 ストーリーそのものがコナンの好奇心から始まったもので、国際的なスパイにまで発展してしまうのがちょっと問題か。国防の隙を突いたスパイの存在もコナンが関わるべきじゃないのですが、七海が情報保全隊だと告白させるまで怪しい存在だったことも関わるべきじゃなかったのだと思う。本来は防諜活動を行ってるんだから、正体もばらしちゃいけないんだろうし・・・“あの国”という表現ももはや子供向きじゃなくなってる。

 映像はイージス艦がグレー中心であるためか、豪華客船の『水平線上の陰謀』よりも劣ってる気がしました。実写との組み合わせも感じられなかったし、ちょっと残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

4.5劇場版コナンでは一押しです。

よしさん
2020年4月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

コナンが、イージス艦に係る殺人事件と諜報事件に挑む物語。
随分前に鑑賞済みですが、録画していたものを再鑑賞。

私としては、コナン映画の中では一押しの映画です。
殺人事件の謎から、諜報員の疑惑、平次の活躍、そしてクライマックスの事故と救出。
映画開始から、ラストまで上手に繋がっていてあっと言う間の上映時間でした。
やや殺人事件が弱い印象があったのが残念ですが、全体の評価を下げる程ではなかったと思います。

ゲスト声優の柴崎コウさんも良かったですね。コナンに限らず、ゲスト声優のレベルに批判的な評価をすることが多いのですが、この映画の柴崎さんについては違和感を感じることはありませんでした。重要な役回りのキャラクターだっただけに、ほっとしてしまいました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

4.0イージス艦が舞台なのがいい

2020年1月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

単純

海上自衛隊がかっこいい。
警察だろうがFBIだろがなんでもずかずか入っていくコナンがさすがに入っていけないのはいい。
しかたがないとはわかりつつも、なんでもかんでも「僕も僕も~」はさすがに…。

事件は、なんとな~く感。
根掘り葉掘りすると、外国のスパイで~とかなってじゃあどこの外国なのかetc…に話が発展したらさすがにコナンの領域じゃなくなるからね。

平次がいい感じに出てくる。
和葉って出てくる度にキャラが変わってる気がする。どんなメンタルしてるんだか。

クライマックスは、かっこいいので好き。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゅーる

2.0柴咲コウが声優出演作品。

2019年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

柴咲コウが声優出演作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka
すべての映画レビューを見る(全40件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「名探偵コナン」シリーズ関連作品