ゲキ×シネ「蜉蝣峠」

劇場公開日

ゲキ×シネ「蜉蝣峠」
ゲキ×シネ「蜉蝣峠」
27%
66%
7%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「劇団☆新感線」による演劇を映画館で上映する「ゲキ×シネ」の7作目。演出をいのうえひでのり、脚本を宮藤官九郎が担当。主演は古田新太、共演に堤真一、高岡早紀、勝地涼、木村了、梶原善ほか。自分の名前以外覚えていない男・闇太郎は、元旅役者の銀之助に誘われて蜉蝣峠を下っていた。やがて、極道者たちが勢力争いを繰り広げる荒廃した宿場町にたどり着き、闇太郎は自らの過去と対峙する。

2010年製作/167分/日本
配給:ヴィレッヂ、ティ・ジョイ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2010 ヴィレッヂ 劇団☆新感線

映画レビュー

3.0ちょっと導入部分がなぁ

2017年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

興奮

堤さんの色気がダダ漏れ。お話も面白かった。それだけに導入部分のエグくてしつこいほどの下ネタがねぇ…。クドカンだから絶対にそういう要素があるのは分かってるし、別に嫌いな訳じゃないけど、蜉蝣峠に関してはちょっとくどかったかな。

そういえば、別日に友達が観にったらしいんだけど、老夫婦が上映始まって5分で出て行ったって。そりゃあの下ネタだらけの序盤は居たたまれないよなぁ^^; 当初母親も連れて行こうかと思っていたけど、「やめといてよかった…」と私も思ったくらいだ。

ストーリー自体は最後まで飽きること無く面白いと思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
くりわんこ

4.0劇場のノリがよければ、もっと笑えた気がする

septakaさん
2010年3月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

かなり笑った
最後は泣いた
でも『五右衛門ロック』が良すぎだったんだろうなぁ・・・

◇   ◇

一言、3行目の感想に尽きます。

劇中のセリフ
「バカをすると民衆は、更なるバカを求める」

ではありませんが、
「初めて観た作品が良いと、次はもっと良い作品を期待する」

と、いったところでしょう。

でも、
前作よりも
笑ったシーンは多かったです。

日頃、劇場全体が静かだと
笑い声を出すのを我慢するのですが、そんなの無理!!

顰蹙浴びてもイイや

吹っ切って、声高らかに笑ってしまいました。

身内ネタっていうんですか?
舞台ネタっていうんですか?
役者ネタっていうんですか?

ああいうセリフ、
物凄いツボなんです。

間やセリフのやり取りじゃないんです。
一文のセリフ、つまり役者1人&台本の力量で笑わせられてしまいました。

☆彡     ☆彡

舞台を走り回る躍動感
勢いのある歌とダンス

○○○fumeを意識した
シーンもあり、劇場の反応は
薄かったのですが、ここも笑っちゃいました。
劇場のノリがよければ、絶対に笑い転げていました(笑顔)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
septaka
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ゲキ×シネ」シリーズ関連作品