「劇場のノリがよければ、もっと笑えた気がする」ゲキ×シネ「蜉蝣峠」 septakaさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ゲキ×シネ「蜉蝣峠」

劇場公開日 2010年2月13日
全2件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

劇場のノリがよければ、もっと笑えた気がする

かなり笑った
最後は泣いた
でも『五右衛門ロック』が良すぎだったんだろうなぁ・・・

◇   ◇

一言、3行目の感想に尽きます。

劇中のセリフ
「バカをすると民衆は、更なるバカを求める」

ではありませんが、
「初めて観た作品が良いと、次はもっと良い作品を期待する」

と、いったところでしょう。

でも、
前作よりも
笑ったシーンは多かったです。

日頃、劇場全体が静かだと
笑い声を出すのを我慢するのですが、そんなの無理!!

顰蹙浴びてもイイや

吹っ切って、声高らかに笑ってしまいました。

身内ネタっていうんですか?
舞台ネタっていうんですか?
役者ネタっていうんですか?

ああいうセリフ、
物凄いツボなんです。

間やセリフのやり取りじゃないんです。
一文のセリフ、つまり役者1人&台本の力量で笑わせられてしまいました。

☆彡     ☆彡

舞台を走り回る躍動感
勢いのある歌とダンス

○○○fumeを意識した
シーンもあり、劇場の反応は
薄かったのですが、ここも笑っちゃいました。
劇場のノリがよければ、絶対に笑い転げていました(笑顔)

septaka
さん / 2010年3月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報