君の名は。

ALLTIME BEST

劇場公開日

君の名は。
44%
38%
13%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」など、男女の心の機微を美しい風景描写とともに繊細に描き出すアニメーション作品を手がけ、国内外から注目を集める新海誠監督が、前作「言の葉の庭」から3年ぶりに送り出したオリジナル長編アニメ。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などで知られる田中将賀がキャラクターデザインを手がけ、「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などスタジオジブリ作品に数多く携わってきた安藤雅司が作画監督、主題歌を含む音楽を人気ロックバンドの「RADWIMPS」が担当した。国内興行ランキングでは公開から29週連続でトップ10入りを果たし、興行収入250億円を超える歴史的な大ヒットを記録。第40回日本アカデミー賞ではアニメーション作品として初の最優秀脚本賞を受賞した。1000年ぶりという彗星の接近が1カ月後に迫ったある日、山深い田舎町に暮らす女子高生の宮水三葉は、自分が東京の男子高校生になった夢を見る。日頃から田舎の小さな町に窮屈し、都会に憧れを抱いていた三葉は、夢の中で都会を満喫する。一方、東京で暮らす男子高校生の立花瀧も、行ったこともない山奥の町で自分が女子高生になっている夢を見ていた。心と身体が入れ替わる現象が続き、互いの存在を知った瀧と三葉だったが、やがて彼らは意外な真実を知ることになる。声の出演は瀧役に神木隆之介、三葉役に上白石萌音。その他、長澤まさみ、市原悦子らが出演。

2016年製作/107分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
新海誠
脚本
新海誠
製作
市川南
川口典孝
大田圭二
企画
川村元気
プロデュース
川村元気
エグゼクティブプロデューサー
古澤佳寛
プロデューサー
武井克弘
伊藤耕一郎
共同製作
井上伸一郎
弓矢政法
畠中達郎
善木準二
坂本健
キャラクターデザイン
田中将賀
安藤雅司
作画監督
安藤雅司
井上鋭
土屋堅一
廣田俊輔
黄瀬和哉
演出
居村健治
オープニング作画監督
田中将賀
回想シーン演出・原画・撮影
四宮義俊
脚本協力
加納新太
プロップ設定
岩崎たいすけ
巫女舞創作・振付
中村壱太郎
美術監督
丹治匠
馬島亮子
渡邉丞
美術設定
高橋武之
美術設定協力
滝口比呂志
色彩設計
三木陽子
色指定検査
仲條貴子
撮影チーフ
福澤瞳
撮影
三木陽子
李周美
藤田賢治
津田涼介
八木昌彦
岩井和也
新海誠
3DCGチーフ
竹内良貴
3DCG
宮原眞
河合完治
山元隼一
音響監督
山田陽
整音
山田陽
音響効果
森川永子
編集
新海誠
音楽
RADWIMPS
主題歌
RADWIMPS
音楽プロデューサー
成川沙世子
制作プロデューサー
酒井雄一
制作
コミックス・ウェーブ・フィルム
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第40回 日本アカデミー賞(2017年)

受賞

優秀脚本賞 新海誠

ノミネート

優秀アニメーション作品賞  
優秀監督賞 新海誠
話題賞
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26

(C)2016「君の名は。」製作委員会

映画レビュー

2.0期待しすぎた

さつきさん
2022年5月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さつき

4.0「まだ会ったことのない君を、探している・・・・・」 新海誠監督作品に脈々と繋がる再会の寓話!!!

2022年5月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

”世界が違う二人を運命が手繰り寄せる再会”と言ってしまえば、映画やドラマでも頻繁に使われる定番の手法であるが、圧倒的なスケール感と繊細な描写により普遍的なテーマであるはずの再会の寓話が、これまでの作品にはないような素晴らしいエンタテインメントとして昇華されている。
さすがは社会現象を巻き起こし、当時の日本歴代興行収入ランキング4位を記録したのも頷ける、また君の名は。の舞台を訪れる聖地巡礼が流行となったのもファンの動向としては至って普通の事なのであろう!
日本を代表するアニメクリエーター 新海誠の今年末作品「すずめの戸締まり」も今から楽しみだ!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ナオック

4.5Let It Be

2022年4月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

1回目は、ただのRADタイアップPVムービーだと侮っていた。2回目は、気になった色々な仕掛けを確認するために観た。3回目は、関連小説を読み込み伏線を理解して観賞した。4回目は、フラットな感覚で極上音響を楽しんだ。そして、5回目以降は…。

エンタメにお金を落とすことは、ひとそれぞれに理由がある。本作は、あからさまに様々な方向にプロモの触手が伸びており、そのやり方に嫌悪感を抱く方も多いと思う。正直、私もそうだった。

だが、しかし。
結果的には、私は映画として愛した「この世界の片隅に」よりも、単なるエンタメでしかない、本作の方が数多く接することになった。

先入観で物事をはかっても何も変わらない。感じなければ何も。そうして、その結果、私は何度も本作をハコで感じることになった。私はよほどのことが無い限り映画はハコで観る。その場所に釘づけになって、人生の数時間を供する価値があるかが大切だからだ。時間は有限だ。死ぬまでに、やりたい事は多すぎる。複数回観賞したタイトルは、そのハードルを突破してくれた愛すべき作品たちだ。

本作には、よく比較にされる作品があげられるが、ネタ自体既に使いつくされたモノ。単なる入れ替わりタイムリープもので、そこにデッドリミットを絡めたオハナシに、美麗な背景とRADのおとを重ねたモノガタリ。ただそれだけ。時代劇や西部劇のようにジャンルとして使っただけ。

「枯れた技術の水平思考」
使い古された技術でも、やり方はいくらでもある。

でも、なぜだろう。ただそれだけのエンタメが、ひどくこころに突き刺さる。

前置きが長すぎた。

本作の最大の魅力は、若い二人のピュアなモノガタリだからだろう。これは若い二人の俳優がしっかり声優をこなし、性差を超えて演技を魅せたからこそ、効果をあげている。全てがどこかぎこちない瀧くんを演じる神木隆之介とこなれた演技を魅せつける三葉を演じた上白石萌音。この二人のこえが蒼いモノガタリを美しく彩る。このころの男の子女の子の違い。なかなか、うまく表現されている。二人の関係だけでなく、それぞれの友人、家族との絡みが、ひどく自然で、そうだよなあ、こんなこともあったよなあと、すっと飲み込める部分がきもちいい。

またバイキャラの完成度も高い。まず感心したのは、各キャラクターに対して、しっかりサイドストーリー、コアである本作につながるモノガタリが創られていることである。これは故野沢尚氏もホン創りの際に行っていた大切な設定。おざなりになりがちな世界をしっかり、もうひとつの現実として構築することで、本線の厚みが増し、ああ、そうだったのかと観客がほくそ笑む喜びを与えている。まあ、この方法は本来外に出すものではなく、全て商売に結び付けるやり方が、残念ながらアンチを生む原因にもなっている。もちろん、バイキャラと呼ぶには豪華な役者陣も機能している。長澤まさみ演ずる奥寺先輩も市原悦子演ずる三葉の祖母、一葉も声優としての出来は何の問題もない。

都会と田舎。今と過去。地球と宇宙。その全てを対比しながらモノガタリは加速していく。途中で謎がどんどんほどけてゆき、ラストに向かってひた走る疾走感は、ある種の爽快感すらともなう。

様々な困難を乗り越えて、黄昏時に出逢う二人の姿。
やっと持てたふたりの時間。
それなのに大切なことを忘れ去ってしまう、せつない運命。
きっと忘れない。忘れるわけがないとこころが泣き叫ぶ。

そうして。
タイトルに刻まれたことばをお互いが発したとき、
この作品はさわやかな結末を迎える-。

モノゴトを形で観ない、この若いふたりの様な
素直なハートの方々におススメしたい作品でした。

STAYGOLD@ぴあ映画生活

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
STAYGOLD@ぴあ映画生活

5.0いわゆる「男女入れ替わり」ものではあるが…

静葉さん
2022年3月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館、TV地上波、VOD

見ず知らずの男女の体が入れ替わって…という作品。

この手のプロットは「転校生」などをはじめとした映画やドラマに見られる設定なのだが、この作品はそれだけではなかったことが、映画視聴中にふと思った疑問を解決させることになった。
とはいえ、その内容であるため、タイムパラドックスが発生しているわけだが、まあそのあたりは娯楽作品なので。

この映画の内容としての特徴が、挿入歌がところどころに入っており、その歌にあわせて物語がどんどん進行していくというもの。RIP SLYMEだったかな?の、ある意味ミュージックビデオと言っても過言じゃないかもしれない。

映像も、そして音楽も、音響効果も非常に迫力があった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
静葉
すべての映画レビューを見る(全2088件)