君の名は。

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
君の名は。
君の名は。
45%
38%
12%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」など、男女の心の機微を美しい風景描写とともに繊細に描き出すアニメーション作品を手がけ、国内外から注目を集める新海誠監督が、前作「言の葉の庭」から3年ぶりに送り出したオリジナル長編アニメ。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などで知られる田中将賀がキャラクターデザインを手がけ、「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などスタジオジブリ作品に数多く携わってきた安藤雅司が作画監督、主題歌を含む音楽を人気ロックバンドの「RADWIMPS」が担当した。国内興行ランキングでは公開から29週連続でトップ10入りを果たし、興行収入250億円を超える歴史的な大ヒットを記録。第40回日本アカデミー賞ではアニメーション作品として初の最優秀脚本賞を受賞した。1000年ぶりという彗星の接近が1カ月後に迫ったある日、山深い田舎町に暮らす女子高生の宮水三葉は、自分が東京の男子高校生になった夢を見る。日頃から田舎の小さな町に窮屈し、都会に憧れを抱いていた三葉は、夢の中で都会を満喫する。一方、東京で暮らす男子高校生の立花瀧も、行ったこともない山奥の町で自分が女子高生になっている夢を見ていた。心と身体が入れ替わる現象が続き、互いの存在を知った瀧と三葉だったが、やがて彼らは意外な真実を知ることになる。声の出演は瀧役に神木隆之介、三葉役に上白石萌音。その他、長澤まさみ、市原悦子らが出演。

2016年製作/107分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
新海誠
脚本
新海誠
製作
市川南
川口典孝
大田圭二
企画
川村元気
プロデュース
川村元気
エグゼクティブプロデューサー
古澤佳寛
プロデューサー
武井克弘
伊藤耕一郎
共同製作
井上伸一郎
弓矢政法
畠中達郎
善木準二
坂本健
キャラクターデザイン
田中将賀
安藤雅司
作画監督
安藤雅司
井上鋭
土屋堅一
廣田俊輔
黄瀬和哉
演出
居村健治
オープニング作画監督
田中将賀
回想シーン演出・原画・撮影
四宮義俊
脚本協力
加納新太
プロップ設定
岩崎たいすけ
巫女舞創作・振付
中村壱太郎
美術監督
丹治匠
馬島亮子
渡邉丞
美術設定
高橋武之
美術設定協力
滝口比呂志
色彩設計
三木陽子
色指定検査
仲條貴子
撮影チーフ
福澤瞳
撮影
三木陽子
李周美
藤田賢治
津田涼介
八木昌彦
岩井和也
新海誠
3DCGチーフ
竹内良貴
3DCG
宮原眞
河合完治
山元隼一
音響監督
山田陽
整音
山田陽
音響効果
森川永子
編集
新海誠
音楽
RADWIMPS
主題歌
RADWIMPS
音楽プロデューサー
成川沙世子
制作プロデューサー
酒井雄一
制作
コミックス・ウェーブ・フィルム
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第40回 日本アカデミー賞(2017年)

受賞

優秀脚本賞 新海誠

ノミネート

優秀アニメーション作品賞  
優秀監督賞 新海誠
話題賞
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23
  • 画像24
  • 画像25
  • 画像26

(C)2016「君の名は。」製作委員会

映画レビュー

2.0尻を撫でまわし続けた男

2021年2月26日
iPhoneアプリから投稿

まさか新海誠が「尻を撫でまわし続けた男 痴漢日記」から引用するとは。
案の定、脚本散漫の凡作。
しかし本作に未来を見る劇場満員の若人男女は美しい。
若人よ、もっと映画を見たまえよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

5.0アニメ映画の傑作

なめこさん
2021年2月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

笑える

興奮

最初の方は少女漫画っぽいようなありきたりな感じで若いっていいな~ってときめきながら見てたけど、後半からミステリー色出てきて一気に世界観が壮大になり、感動の嵐でした。何にせよ絵が綺麗です!実在する場所を描いているのでリアリティーがありますね。アニメと思って舐めたらいけませんね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
なめこ

5.0ママ社長が10回観た作品。

2021年1月16日
PCから投稿

こんにちは。キム・マッスル尚美(なおみ)さんです。

この映画知り合いのママ社長にすすめてもらいました。

そのママ社長は10回見にいったと聞き、

「なぜそんなに観に行くんですか?」と聞いたところ

「1回目より2回目、2回目より3回目と見えかたが変わる、気づいたら10回観に行っていた」といっていて、何よりも、10回観に行っているという事実に驚き、いてもたってもいられず公開の終了間際に足を運んだのを今でも覚えています。

私も気づけばこの映画を見るために3回映画館に足を運んでおりました。

新海監督が描くすべての作品に通じる部分はあるかと思いますが、
とにかく絵が綺麗で、冒頭に映し出された新宿駅の線路の映像をみて、これが本当に人が描いたものなのかと思わされるくらい綺麗で、そして息をのみました。

あとはRADWIMPSが歌う主題歌やBGMもとにかく良いんです。

今でも音楽を聞くたびにそれぞれのシーンが蘇ります。

物語と音楽が紐づけられることで、更にストーリーに悲しさや、感動や、嬉しさや、様々な感情が素敵な思い出としてかたちになるのかとこの映画を通して感じました。

とにかく青春の甘酸っぱさと切ない気持ちなどとにかく最高の映画です。

ぜひ一度観て後悔しない作品なので観てみてください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キム・マッスル尚美(なおみ)さん

4.5瞬間を切り取っても美しい映像美

maronekoさん
2020年12月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

幸せ

とにかくどの場面を切り取っても、鮮明に残る記憶のように、緻密に描かれた作画は本当に素晴らしいと思います。
しばらく経って思い返してもひとつひとつのシーンが焼き付いて、新鮮な気持ちが蘇ってくるのは、作品として純粋に称えたくなります。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
maroneko
すべての映画レビューを見る(全2055件)