スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

大ヒットSFシリーズ「スター・ウォーズ」新3部作の最終章。ジェダイの騎士アナキン・スカイウォーカーが暗黒卿ダース・ベイダーとなる過程をはじめ、1977年製作の旧シリーズ第1作「エピソード4 新たなる希望」につながる全ての謎が明かされる。クローン戦争の勃発から3年。パルパティーン最高議長がドロイド軍のグリーバス将軍に捕らえられて人質となり、オビ=ワンとアナキンが救出に向かう。パルパティーンの奪還に成功し、帰還したアナキンは、妻パドメが妊娠していることを知るが、やがてパドメが出産とともに死んでしまう夢にうなされるようになる。一方、パルパティーンとジェダイ評議会は次第に溝を深めていき、評議会はパルパティーンの信頼の厚いアナキンに、その動向を探るよう密命を下す。しかし、評議会の疑心を見抜いていたパルパティーンは、自分こそがフォースの全てを知り尽くしており、暗黒面の力を用いれば人を死からも救うことができるとアナキンに明かす。それを知ったアナキンはパドメを救いたいという思いから、次第に暗黒面へと傾いてく。

2005年製作/141分/アメリカ
原題:Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith
配給:20世紀フォックス映画
劇場公開日:2005年7月9日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第29回 日本アカデミー賞(2006年)

ノミネート

外国作品賞  

第78回 アカデミー賞(2006年)

ノミネート

メイクアップ賞  
詳細情報を表示

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2005 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.5正義の定義

2023年10月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

まず驚いたのは、アナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)が登場した瞬間、とても印象がよかったこと!全く個人的な感覚ですが、前作エピソードⅡ/クローンの攻撃(02)のヘイデンがあまりしっくりきてなかったのに、今作では見た瞬間に印象がよかったのは我ながら不思議でした(髪型のせいかな~苦笑)。前作から3年、生意気盛りだったアナキンも成長し、大人としての自覚をもつことで大きな葛藤を抱えることになっています(めでたしめでたし…?)。パドメ(ナタリー・ポートマン)への愛が深ければ深いほど苦悩し、その隙を逃さぬダース・シディアス(イアン・マクダーミド)の策に溺れそうになりながら、善の心を保つためにもがく姿に共感しました。冒頭の凄まじい戦闘シーンから圧倒されましたが、その後もドラマチックな展開でシリーズ随一とも思える濃厚な味わいでした。ジェダイもシスも自らが正義であり、宇宙の平和をもたらす者だと主張し、敵対していく様相は、今も過去も続く人類の戦乱そのものの普遍性が感じられ、強く揺さぶられました。クライマックス、師であるオビ=ワン・ケノービとアナキンとの死闘は凄まじく、自らが愛情深く育ててきたパダワンに対するオビ=ワンの台詞に涙を禁じ得ませんでした。ルーク、レイア、そしてダース・ベイダーが銀河系に誕生し、そして、懐かしいタトゥイーンに戻ってくると、脳内でエピソードⅣとつながって感無量でしたね!(涙)。とってもブラボーな作品でした!

コメントする (0件)
共感した! 1件)
赤ヒゲ

4.0暗黒面(ダークサイド)に魅せられて‼️

2023年9月21日
スマートフォンから投稿

泣ける

楽しい

単純

プリクエル三部作の完結編‼️いよいよダースベイダーの誕生です‼️オープニングは「戦争だ!!」CG大量投入による一大戦争絵巻‼️あまりにもリアルな細部の作り込み、ドロイド一体一体が戦闘機に変形して飛び立ったりして、とてもオリジナル三部作より前の時代とは思えない。ハイテクすぎますよ、ルーカス卿‼️でもその辺を無視して観てみると、プリクエルの中では最高の空中戦だと思う‼️戦闘機が不時着しながらジャンプ一番脱出、ライトセイバーを起動させながら見事に着地、ドロイドを斬りまくるオビワンがカッコいい‼️六刀流のグリーヴァス将軍との一騎打ちも見応えあったし、どうもルーカス卿はアナキンよりもオビワンに見せ場を余計に与えてますよね、三部作を通して‼️そしてやはり今作の一番の見所はいかにしてアナキンがダークサイドに堕ちるか❓前作でも母親の死やオビワンへの不満、ジェダイにとっては禁断の恋愛など、その片鱗は見受けられていたのですが。要約するとジェダイ評議会がなかなか自分を認めてくれない、パルパティーンは認めてくれる、パドメが死んでしまう悪夢を正夢と信じ込んでしまう、パルパティーンからパドメを救えるのはフォースの暗黒面の力だけだと信じ込まされる、そのパルパティーンを殺そうとしたメイスを殺し、ダークサイドに堕ちる‼️結局パドメは死んでしまうのですが、要はオビワンとの仲を勘違いしたアナキンがフォースで首を絞めたから‼️つまり自業自得⁉️なーんかなぁ、そんなもんかぁ。ファンが長年想像してたものとはだいぶ違うような気が・・・もっととてつもない救いようのない衝撃的な事件、ドラマがきっかけであって欲しかった・・・観ている我々も一緒にダークサイドに堕ちるような・・・まぁ創造主であるルーカス卿が考えたんだからしょうがない、これはスター・ウォーズなんだから‼️気を取り直してライトセイバーバトル‼️この作品にはファンが夢見た3つのライトセイバー・バトルがあります‼️まずメイスウィンドウVSダース・シディアス‼️サミュエル・L・ジャクソンとイアン・マクダーミドの顔芸が炸裂する強烈なシーンで、3人のジェダイをあっという間に斬り捨てたシディアスを、逆に圧倒するメイス‼️アナキンが来なかったらどうなっていたのか⁉️それも含めてシディアスの思惑通り❓次にヨーダVSダースシディアスの頂上対決‼️ライトセイバーバトルからフォースバトルへ‼️完全にシディアスを圧倒していたヨーダだったのに、イキナリ勝負を諦めて退場‼️もうちょっと頑張ってたらシディアスに勝てたんじゃないの❓どうなのマスターヨーダ❓そして伝説のアナキンVSオビワン‼️これはオリジナル三部作の頃からルーカス卿が2人は火山の火口で闘ったと語っておられた通り、惑星ムスタファーで闘うわけですが、目まぐるしく移動し、溶岩流の足場から足場へ飛び移ったりと、とーってもアクロバティック‼️これは運命の闘いなわけですから、もうちょっとカメラを据えてズッシリとした重みのある闘いを見せて欲しかった‼️そんなこんなでアナキンはオビワンに敗れ、大火傷‼️ダースベイダーとして復活した彼は、シディアスから「そなたの激しい怒りがパドメを殺した」と聞かされ、「そんなバカな‼️ノー‼️」と叫び、ダークサイドのパワーを覚醒させる‼️なんか間抜けですよね‼️やはり物語に深みが足りない感じがします‼️しかしアクション演出に関しては冴えを取り戻してきたルーカス卿ですので、プリクエル三部作の中では一番今作の完成度が高いと思います‼️最後に冒頭の戦闘機に乗ったオビワンのセリフ、「嫌な予感がする」‼️

コメントする (0件)
共感した! 8件)
活動写真愛好家

4.0無限のパワーを食らええぇぇ!!⚡👴️⚡️ 敬老の日に観たい映画No.1!

2023年9月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 5件)
たなかなかなか

5.0結末は分かってるんだけど、、

2023年2月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
ゆい
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「スター・ウォーズ」シリーズ関連作品

他のユーザーは「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」以外にこんな作品をCheck-inしています。