ジェームズ・アール・ジョーンズ

ジェームズ・アール・ジョーンズ
英語表記
James Earl Jones
誕生日
1931年1月17日
出身
アメリカ/ミシシッピ州
Twitter

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

米ミシシッピ州出身。ミシガン州立大学で演劇を専攻し、21歳のときにニューヨークでリー・ストラスバーグに師事する。オフブロードウェイで俳優としてのキャリアをスタートさせ、スタンリー・キューブリック監督の「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」(64)で映画に初出演。ブロードウェイ劇「The Great White Hope」(69)でトニー賞主演男優賞に輝き、同作を映画化した「ボクサー」(70)でアカデミー男優賞の候補となった。「スター・ウォーズ」のオリジナル・トリロジー(77~83)でダース・ベイダーの声を担当し、「スター・ウォーズ エピソード3 シスの逆襲」(05)や、「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」(16)でも同役を担当。ディズニーの「ライオン・キング」では、94年の長編アニメ版、19年のCG映画版の両方で主人公シンバの父ムファサ役の声を務めた。その他の出演映画に、「フィールド・オブ・ドリームス」(89)、「レッド・オクトーバーを追え!」(90)にはじまる“ジャック・ライアン”シリーズなどがある。

関連作品(映画)

ジェームズ・アール・ジョーンズの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

ジェームズ・アール・ジョーンズの受賞歴の詳細を見る

関連動画・予告編

ジェームズ・アール・ジョーンズの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

ジェームズ・アール・ジョーンズの関連記事をもっと見る