スター・ウォーズ フォースの覚醒

劇場公開日

スター・ウォーズ フォースの覚醒
36%
45%
13%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2005年の「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」で新3部作が完結してから10年ぶりに製作・公開されたSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」のシリーズ7作目。オリジナル3部作の最終章「ジェダイの帰還」から約30年後を舞台に描かれる、新たな3部作の第1章。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーがいずこかへと姿を消し、帝国軍の残党「ファースト・オーダー」が台頭。レイア・オーガナ率いるレジスタンスが抵抗運動を続けているが、銀河には再び暗雲が立ち込めていた。砂漠の惑星ジャクーで廃品回収をしながらひとり暮らしていたレイは、ある日、砂漠をさまよっていたドロイドのBB-8と出会う。BB-8は、レジスタンスがようやくつかんだルーク・スカイウォーカーの手がかりを託されており、ファースト・オーダーに狙われていた。レイは、ファースト・オーダーを脱走してきたストームトルーパーのフィンと協力しながら、BB-8を連れて逃走し、その過程でかつてルークとともに戦ったハン・ソロと出会うが……。テレビシリーズ「LOST」や「スター・トレック」シリーズなどで知られるヒットメーカーのJ・J・エイブラムス監督がメガホンをとり、脚本にはオリジナル3部作の「ジェダイの帰還」「帝国の逆襲」も手がけたローレンス・カスダンが参加。音楽はおなじみのジョン・ウィリアムズ。無名から大抜てきされた主人公レイ役のデイジー・リドリーのほか、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、ドーナル・グリーソンといった新キャストに加え、マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャーらオリジナル3部作のメインキャストも復帰した。

2015年製作/136分/G/アメリカ
原題:Star Wars: The Force Awakens
配給:ディズニー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第40回 日本アカデミー賞(2017年)

ノミネート

優秀外国作品賞  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

映画レビュー

3.5過不足なくシリーズの魅力を詰め込んだ

2017年12月27日
PCから投稿

楽しい

待望の新章の幕開けとしては十分よい出来だと思う。驚きはないが本シリーズの魅力が過不足なく詰まっており、昔からのファンは懐かしい要素満載で楽しめ、新しい世代にもスターウォーズとはこういうもの、と紹介するのに丁度いい。シスの復讐が2005年公開、改めてスターウォーズがどんなものかを振り返りつつ、新しい扉を開けるにふさわしい内容ではないか。

女性が主人公となり、相棒のポジションに黒人という配役にディズニーらしい配慮が伺えるが、それはそれで新しい可能性を作り出せると思う。ダース・ベイダーのポジションとなるカイロレンが、(この時点では)いささか魅力に欠けるのは心配だが、主人公サイドだけでなく、悪の側も物語を通じて成長していくのかも、と思えばなかなかこれも面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
杉本穂高

5.0とにかく良かった!個人的に大満足です。 どんどん場面が展開していく...

2022年6月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

興奮

とにかく良かった!個人的に大満足です。
どんどん場面が展開していくので最後まで飽きない。
新鮮さもあり、笑えるシーンもあったりして楽しい。BB-8が可愛いかった!表情がよかったなぁ。
エピソード4からの3部作のつくりに似せている部分もあったりして、ファンの人達にとってはたまらないのではないだろうか。そういうところも面白く観れて楽しかった。
ファルコン号やハン・ソロ、レイア姫が出てきた時には何か感慨深いものがあって感動した。
久しぶりに映画館でリピートして観たいと思った。続編に期待。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

3.5見直している

2022年2月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

劇場でみたときは可もなく不可もなくでしたが
やはり今夜も変わらないでした
エピソード456には勝てない9

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
れこほた

2.0追悼、レイア姫。

2022年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

ブロンドじゃない姫君。守られ、助けられるんじゃなくて、自ら行動して解決していく姫君。
 今では、ディズニー映画他でおなじみのヒロイン。
 けれど、この『SW』が初めて公開された頃は、斬新で、それが話題を呼んでいたような。女の子はおとなしいだけじゃなくていいんだと、その後のキャリアウーマンを彷彿とさせる新時代をイメージさせたキャラクターだった。
 ルークじゃなく、ハンソロとの恋模様も、当時としてはビックリ。ハンソロの方が大人の男の魅力満載とは言え、ヒロインは主人公と恋仲になるものだと決まっていたから。最初の公開当時はル―クとレイア姫が…なんてことは明かされていなかったからね。

ある記事で、キャリーさんがレイア姫にキャスティングされた理由を読んで笑った。大スターの娘で周りに命令する姿が板についていたからだって。いじめっ子役のお姫様やお妃は尊大で傲慢だけど、ヒロインのお姫様は周りに優しくかわいらしいという刷り込みがあったけれど、その既成概念も木っ端みじんにしてくれたキャラクター。

『SW』が最初に公開された時、それまでのいろいろな映画の良いところを押さえた上で、さらに、その映像・規模・音楽・世界観、キャラクター設定、USAが日本ぽいものを取り入れている、と何もかもそれまでの既成概念を覆す観たこともないもので、ひたすら驚愕・興奮した。新世界の始まりを予感した。
 冷静に考えれば、ストーリーはB級大娯楽作品。でもそこに、当時ささやかれ出した環境問題・資源枯渇がらみの終末思想を背景に、”フォース”という、日本の”道(どう)”や中国の”道(タオ)”のような哲学的な内容が加味されて、とても深遠な、生き方に関わる物語だった。

 その後、自分自身が生活が忙しくなり、話も途中参加では理解しづらくなり、いつの間にか離れてしまった。
 そして久々に参戦…。

続編を作る意義はあったのか?
 そこそこ面白いんだけど、最初に『SW』を観た時の、既成概念をぶち壊されるような衝撃がない。ワクワク感がない。

 他のレビューを拝見していると、好評価な方は、内容云々ではなく、新作が出たことで満足している。失われたと思っていた作品が甦ったのだから、四の五の言うなと。
 久しぶりに昔のアルバムを観たような。
 奥にしまっていた箱を開けて、幼いころに夢中になった絵本に再開したような。
 そんな大事にしていた世界がまた動き出す。
 愛おしい、大切な世界観を大事にすれば、『SW』の世界観を丁寧になぞっていくしかなく、その点では及第点以上の出来上がりになっている。

けどね… 狐につままれたような展開もあり。
 ”フォース”って遺伝? 血統主義?
 日本の”道(どう)”や中国の”道(タオ)”の世界観は?
 魔法や超能力とは違うと思っていたけれど、私の認識が間違っていたのか。

 脱走兵。親子の確執。悪の中の善。善の中の悪。

 『ハリポタ』と混同しそうだ。

そして衝撃な展開もあり。

う~ん…

そんな中で、その後のレイア姫だけが光っている。現実世界とは違って、男の司令官の下でシンボルになっているのではなく、女司令官というところに祝杯をあげたくなった。
 しかも、冷静沈着に判断を下しながらも、周りへの温かいまなざし。若いころの傲慢さは感じさせずに、良い感じに円熟さを増したトップ。

やるじゃん。
 と、思っていたら、まさかの演者キャリーさんの死。
 これからどう展開していくんだ。他にもたくさん紡ぎだされてきた宇宙戦争物の焼き直しで終わるのか?
 筋は似たようでも、描き方によって面白くなる作品はたくさんある。最初の『SW ep.4』だって、日本のあの作品に影響を受けていることは有名。
 さあ、どうなる。

とはいえ、せめて、オビワンやヨ―ダの”フォース”が復活することを祈りたい。
だって『SW』なのだから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
とみいじょん
すべての映画レビューを見る(全877件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「スター・ウォーズ」シリーズ関連作品