英国映画協会選出「映画史上最高のLGBT映画」1位に「キャロル」

2016年3月27日 12:00

1位は「キャロル」
1位は「キャロル」

[映画.com ニュース] BFIフレア・ロンドンLGBT映画祭が今年30周年を迎えたのを記念して、英国映画協会(BFI)が「映画史上最高のLGBT映画ベスト30」を発表した。LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの略称。

100名を超える評論家やフィルムメーカー、映画祭プログラマーによる投票の結果、第1位に選ばれたのはトッド・ヘインズ監督の「キャロル」(2015)。自身も同性愛者であるヘインズ監督が、「太陽がいっぱい」の原作者として知られるパトリシア・ハイスミスがクレア・モーガン名義で1952年に発表した長編小説を映画化。50年代のニューヨークを舞台に、フォトグラファーを夢見ながら百貨店のおもちゃ売り場で働くテレーズ(ルーニー・マーラ)と、客として訪れた人妻キャロル(ケイト・ブランシェット)の恋愛を描いた。ランキング中最も新しい作品が1位に選ばれる快挙となった。

28票を獲得した「キャロル」に続き、「さざなみ」のアンドリュー・ヘイ監督作「Weekend(原題)」が26票で2位、ウォン・カーウァイ監督作「ブエノスアイレス」が25票で3位にランクインした。最も古い作品は、14位タイの「制服の処女(1931)」。日本からは、松本俊夫監督の「薔薇の葬列」(1969)が8票を獲得して27位タイに入っている。

ベスト30は以下の通り(同票タイがあるため、実際には33作品)。

1.「キャロル」(2015/トッド・ヘインズ
2.「Weekend(原題)」(2011/アンドリュー・ヘイ
3.「ブエノスアイレス」(1997/ウォン・カーウァイ
4.「ブロークバック・マウンテン」(2005/アン・リー
5.「パリ、夜は眠らない」(1990/ジェニー・リビングストン
6.「トロピカル・マラディ」(2004/アピチャッポン・ウィーラセタクン
7.「マイ・ビューティフル・ランドレット」(1985/スティーブン・フリアーズ
8.「オール・アバウト・マイ・マザー」(1999/ペドロ・アルモドバル
9.「愛の唄」(1950/ジャン・ジュネ
10.「マイ・プライベート・アイダホ」(1991/ガス・バン・サント
11.「タンジェリン」(2015/ショーン・ベイカー
11.「ペトラ・フォン・カントの苦い涙」(1972/ライナー・ベルナー・ファスビンダー
11.「アデル、ブルーは熱い色」(2013/アブデラティフ・ケシシュ
14.「制服の処女(1931)」(レオンティーネ・サガン
14.「ショー・ミー・ラブ」(1998/ルーカス・ムーディソン
14.「オルランド」(1992/サリー・ポッター
17.「Victim(原題)」(1961/ベイジル・ディアデン
18.「私、あなた、彼、彼女」(1974/シャンタル・アケルマン
19.「ルッキング・フォー・ラングストン」(1989/アイザック・ジュリアン
20.「美しき仕事(Beau Travail)」(1999/クレール・ドニ
20.「とても素敵なこと/初恋のフェアリーテール(Beautiful Thing)」(1996/ヘッティ・マクドナルド)
22.「湖の見知らぬ男」(2013/アラン・ギロディ
22.「テオレマ」(1968/ピエル・パオロ・パゾリーニ
22.「ウォーターメロン・ウーマン」(1996/シェリル・デュニエ
22.「Pariah(原題)」(2011/ディー・リース)
22.「マルホランド・ドライブ」(2001/デビッド・リンチ
27.「Portrait of Jason」(1967/シャーリー・クラーク
27.「狼たちの午後」(1975/シドニー・ルメット
27.「ベニスに死す」(1971/ルキノ・ビスコンティ
27.「ピンクナルシス」(1971/ジェームズ・ビドグッド
27.「日曜日は別れの時」(1971/ジョン・シュレシンジャー
27.「トムボーイ」(2011/セリーヌ・シアマ)
27.「薔薇の葬列」(1969/松本俊夫

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com